台北在住ライター 近藤 弥生子


January 09, 2023 もっちり&プチプチ感が楽しい、黒米おにぎり。&Taipei 台北の朝ごはん

『員林商店(ユエンリンサンディエン)』の
「飯團(ファントゥァン)」。

飯35元。黒豆で作られたピーナッ ツ入り豆花35元とともに。もっちり&プチプチ感が楽しい、黒米おにぎり。<i>&Taipei 台北の朝ごはん </i>
飯35元。黒豆で作られたピーナッツ入り豆花35元とともに。

 朝食の定番、台湾式おにぎり「飯團(ファントゥァン)」。一般的にはもち米やうるち米、紫米が使われるが、こちらでは珍しく混じりっ気なしの黒米おにぎりがいただける。注文が入るたび、ビニールがけしたふきんの上に黒米をたっぷりのせ、黒ゴマ、沢庵漬け、油麩、肉そぼろを加えて優しく握ってくれる。黒米は水分が少なく崩れやすいので、袋に入れたままかぶりつくのが正解。黒米と黒ゴマの香ばしくプチプチした食感、油麩のパリパリ感、沢庵漬けの塩気、肉そぼろの甘じょっぱさが口の中で混じり合い、一度食べ始めたら止まらない。かなりのボリュームがあり、腹持ちもいいので「たくさん歩くぞ!」という日の朝食に最適だ。ベジタリアン向けに肉そぼろを使わないタイプも。

 

336 員林商店 ユエンリンサンディエン

台北市大安區金山南路二段129號 ☎02‒2391‒2226 6:10~16:30(日~12:00) 無休 現在はコロナ禍のためテイクアウトのみ。

※この記事は、No. 110 2023年2月号「&Taipei」に掲載されたものです。


December 05, 2022 麺が選べる、ジューシーな鴨肉がのった「鴨肉麺 (ヤーロウミエン) 」。&Taipei 台北の朝ごはん

『336 鴨肉麵(336 ヤーロウミエン)』の
「鴨肉麺(ヤーロウミエン)」。

鴨肉麺65元。ゆで野菜などのサイドメニューとともにいただこう。
鴨肉麺65元。ゆで野菜などのサイドメニューとともにいただこう。

「トントントントン」と、燻製した鴨肉を骨ごと断ち切る包丁の小気味いい音が響く店内。聞いているだけでお腹がすいてくる。看板メニューの鴨肉麺は、麺の種類を「油麵(ヨウミエン)」(中華麺)、「米粉(ミーフェン)」(ビーフン)、「冬粉(ドンフェン)」(春雨)、「粿條(グウォティアオ)」(米粉で作ったモチモチの太麺)から選ぶことができ、特に指定しなければ、写真の黄色い中華麺が出てくるが、それぞれスープの絡み具合、舌触りや食感、喉ごしなどが異なるので、お好みで試してほしい。歯ごたえ抜群の鴨から脂が溶け出すスープは、あっさりめの味付けながらも、寒い季節の胃袋にしみる。辛いものが苦手でなければ、途中で唐辛子だれを加えて味の変化を楽しもう。食べ終わる頃には体がポカポカになっているはずだ。

 

336 鴨肉麵 336 ヤーロウミエン

台北市中山區長安東路二段33號 ☎非公開 10:30~19:00 土日休 オフィス街で昼時は混み合うため、開店と同時に訪れるのがおすすめ。

※この記事は、No. 109 2023年1月号「&Taipei」に掲載されたものです。


November 07, 2022 朝食やおやつに大活躍。みんな大好き「水煎包 (スェイチエンパオ) 」。&Taipei 台北の朝ごはん

『小玉水煎包(シャオユィスェイチエンパオ)』の
「水煎包 (スェイチエンパオ) 」。

「水煎包」 (鮮肉) 1個13元。気軽に買える価格も人気の秘訣。
「水煎包」(鮮肉)1個13元。気軽に買える価格も人気の秘訣。

 小ぶりの肉まんを鉄板の上で蒸し焼きにした「水煎包」は、朝ごはんやおやつに欠かせない「小吃(シャオツー/軽食)」の一つ。テイクアウトしてビニール袋に入れたまま頬張る台湾人の姿をオフィスや公園でよく見かける。食いしん坊の友人にすすめられたのが、台湾人に嫁いだベトナム人女性が切り盛りするこちらの一軒。朝5時頃の開店に合わせて3時に起床し、4時から仕込みを始めるという彼女は、皮や餡など、その日に使う分だけを手作りするという働き者。餡は豚モモ肉のうち、脂身の少ない部位を仕入れ、自家製だれに一日漬け込んでから包む。冷めてからでもしっとりしていてほのかに甘く、自家製豆漿(トウチアン/豆乳)や店主こだわりの甘さ控えめベトナムコーヒーによく合う。

 

小玉水煎包 シャオユィスェイチエンパオ

台北市大同區民族西路70號 ☎02‒2595‒0195 5:15~17:30 日休
HP: 小玉水煎包

※この記事は、No. 108 2022年12月号「&Taipei」に掲載されたものです。


October 10, 2022 千切り大根がたっぷり入った、揚げ焼きおやき「蘿蔔絲餅 (ローボースービン) 」。&Taipei 台北の朝ごはん

『溫州街蘿蔔絲餅達人(ウェンツォウジエローボースービンダーレン)』の
「蘿蔔絲餅(ローボースービン)」。

蘿蔔絲餅は1個35元。出来たては持つのもやっとなほどアツアツ!
蘿蔔絲餅は1個35元。出来たては持つのもやっとなほどアツアツ!

 国立台湾師範大学のすぐ近くでいつも行列ができているのは、千切り大根がたっぷり入ったおやきを揚げ焼きした「蘿蔔絲餅(ローボースービン)」の老舗専門店。店先のこんもり盛られた千切り大根が目印だ。たっぷりの大根を分厚い皮で包んだらお行儀よく並べ、一つずつ油のたっぷり入った鉄板に置いていく。きつね色になるまでこんがりと揚げ焼きしたら出来上がり。飛ぶように売れる。1個でお腹いっぱいになるほどの大ボリュームなのだが、中身が大根なので、そこまで罪悪感はない。「蘿蔔絲餅」は決して珍しい食べ物ではないものの、この店の外がパリッとしていて中はふっくらした皮と、ふんだんに入ったシャキシャキの大根の組み合わせは別格だ。たまに無性に食べたくなる。

 

溫州街蘿蔔絲餅達人 ウェンツォウジエローボースービンダーレン

台北市大安區和平東路一段186‒1號 ☎02‒2369‒5649 7:00~20:00 日休
Facebook: 溫州街蘿蔔絲餅達人

※この記事は、No. 107 2022年11月号「&Taipei」に掲載されたものです。


September 12, 2022 カラフルで栄養もたっぷり、手作り「蛋餅 (タンピン) 」。&Taipei 台北の朝ごはん

『大樹下健康餐飲(ダーシューシア ジエンカンツァンイン)』の
「蛋餅」。

鶏胸肉を包んだカボチャ蛋餅、シイラを包んだ紅麴蛋餅。各90元。
鶏胸肉を包んだカボチャ蛋餅、シイラを包んだ紅麴蛋餅。各90元。

 クレープ生地で具材を包む朝ごはんの定番メニュー「蛋餅(タンビン)」。20年以上朝食店を営む林さんが開発したのは、生地に発酵食品の紅麴(べにこうじ)や、種や皮ごとすり潰したカボチャ、台湾バジルやオーツ麦を練り込んだ各種蛋餅。具には台湾産のシイラ(マヒマヒ)や鶏胸肉など、栄養価が高いものをセレクト。生地と具を、それぞれ好きな組み合わせで注文できる。大病を患ったことで食生活の大切さを実感し、栄養学を学び直したという林さん。安心・安全を重視したいと、材料は主婦たちが始めた歴史ある協同組合『主婦連盟』から買い付けている。注文が入ってから一つひとつ作ってくれるから、まるで台湾の友人に朝ごはんをお呼ばれしたかのような体験ができるはず。

 

大樹下健康餐飲 ダーシューシア ジエンカンツァンイン

台北市中正區三元街69號 ☎0928‒973‒769 7:00~13:00 土8:00~12:00 日休 台北植物園まで徒歩約3分。
Facebook: 大樹下健康餐飲

※この記事は、No. 106 2022年10月号「&Taipei」に掲載されたものです。


August 08, 2022 野菜たっぷり、お惣菜クレープ「潤餅 (ルンビン) 」。&Taipei 台北の朝ごはん

『大肥媽 現做潤餅(ダーフェイマー シエンツオルンピン)』の
「お惣菜クレープ」。

1個40元。カレー味の干し大根は、キムチ味のものに変更も可能。
1個40元。カレー味の干し大根は、キムチ味のものに変更も可能。

 薄く焼かれた皮に、手際よくたっぷりの具を包んで提供されるお惣菜クレープ「潤餅」。雙連(スワンリエン)市場内で2代続く「潤餅」専門の屋台では、茹でたキャベツやもやし、ピーナッツ粉、チャーシュー、「豆干」(水分の少ない硬めの豆腐)といった定番の具材のほか、「蛋酥」(卵液をカリカリに揚げたもの)、カレー味の干し大根が味や食感のアクセントになっている。ピーナッツ粉は砂糖入りが一般的だが、「砂糖半分」または「無糖」も選択可能。苦手な具材は抜いてもらえるので、口頭や筆談、ジェスチャーで伝えて。時間が経つにつれて具材から水分が出てくるので、できるだけ作りたてをいただくのがおすすめ。すぐそばの遊歩道にある日陰のベンチに腰かけてかぶりつこう。

 

大肥媽 現做潤餅 ダーフェイマー シエンツオルンピン

台北市中山區民生西路45巷9弄6號 ☎0918‒322‒770 火木金のみ営業 7:00~13:00(完売次第閉店) 「文昌宮」という立派な廟の脇道にある屋台。

※この記事は、No. 104 2022年9月号「&Taipei」に掲載されたものです。


July 11, 2022 世代を超えて愛される、国民的サンドイッチ。&Taipei 台北の朝ごはん

『洪瑞珍(ホンルイツェン)』の
「サンドイッチ」。

サンドイッチ2点とドリンク、菓子が付くイートインセットは150元~。
サンドイッチ2点とドリンク、菓子が付くイートインセットは150元~。

 1947年に彰化県の北斗という河川港エリアで創業した菓子店が、フランスのサンドイッチを模したことから始まり、今や「国民的サンドイッチ」のフレーズで親しまれている『洪瑞珍』のサンドイッチ。きめ細かくしっとりした自家製パン、まるでホイップクリームのような甘めのマヨネーズ、自家製の薄焼き卵など、細部に至るまでこだわって作られている。毎日セントラルキッチンで作られ各店に届けられるサンドイッチは、台湾北部の十数店舗だけでもその日のうちに1~2万個ほどを売り切ってしまうという人気ぶり。一度に6個や12個をまとめてテイクアウトし、自宅や職場で毎日朝ごはんにする人が多いのだそう。最近ではイートイン対応店舗も登場している。

 

洪瑞珍 ホンルイツェン

光復店(イートイン可):台北市松山區八德路三段251號 ☎02‒2579‒0183 8:30~20:00 無休 Facebook:洪瑞珍

※この記事は、No. 103 2022年8月号「&Taipei」に掲載されたものです。


June 13, 2022 甘さと旨味がじゅわっと広がる、野菜まん。&Taipei 台北の朝ごはん

『極品光復素食包子店(チーピングワンフースーシーパオツディエン)』の
「野菜まん」。

雪裡紅まん30元。具がぎっしりで、一個でもすごいボリューム。
雪裡紅まん30元。具がぎっしりで、一個でもすごいボリューム。

 店名にある「素食(スーシー)」はベジタリアン食、「包子(パオツ)」は中華まんの意。店先で包まれ、蒸し上がったばかりの包子は絶品で、ベジタリアンに限らず、台北中の食いしん坊たちにその名を知られる、野菜まんの専門店だ。看板メニューは、カラシナの一種「雪裡紅(シュエリーホン)」がたっぷり入ったもの。独特の辛味が癖になる。日本人の口に合うのは「キャベツまん」や「大根まん」かもしれない。10種類以上ある野菜まんはどれもさっぱりした味付けで、千切りやみじん切りにされた野菜がこれでもかというくらいふんだんに入っている。店内にイートインスペースはないが、徒歩10分ほどの場所にある「国父紀念館」のベンチに腰をおろし、台北101を眺めながら頬張ってみてはいかがだろうか。

 

極品光復素食包子店 チーピングワンフースーシーパオツディエン

台北市信義區光復南路419巷95號 ☎02‒8780‒1949 6:30~13:00 月休 Facebook: 極品光復素食包子店

※この記事は、No. 102 2022年7月号「&Taipei」に掲載されたものです。


May 09, 2022 台湾式ブランチは、小ぶりの麺とスープにかき氷!?&Taipei 台北の朝ごはん

『意麵王(イーミエンワン)』の
「小ぶりの麺とスープにかき氷」。

スープなし意麵 (小) 30元、ワンタンスープ (小) 35元、かき氷70元。
スープなし意麵(小)30元、ワンタンスープ(小)35元、かき氷70元。

「麺とかき氷が一度に食べられるから、ブランチにしている」と台湾人の友人から聞いたときには、とても驚いた。もしかしたらその友人が特別なのかもしれないけれど、試してみたらすごく良かった。スープなしの意麵(イーミエン、縮れた卵麺)には、多くの台湾人を魅了する自家製の甘辛ソース「甜辣醬」と、香ばしい豚ラードがかかっている。麺が固まらないよう、提供されたらすぐにかき混ぜよう。ツルッとコシのある麺は、日本人にもきっと好まれるはずだ。作りたての自家製ワンタンが入ったスープは、豚ガラを8時間煮込んで作られ、雑味のない澄み切った味わい。食後には、かき氷で涼を取ろう。写真は小豆とピーナッツ、無糖練乳をかけたもの。数人で分け合ってもいい。

 

意麵王 イーミエンワン

台北市大同區歸綏街202號 ☎02‒2553‒0538 10:30~20:00 水休 1928年に屋台から始まり、現在は兄弟で3代目を継いでいる老舗。

※この記事は、No. 101 2022年6月号「&Taipei」に掲載されたものです。


April 11, 2022 滋味深くやさしい味わいの、排骨湯 (パイグータン) とキャベツご飯。&Taipei 台北の朝ごはん

『灶頂 高麗菜飯・原汁排骨湯(ザオディン ガオリーツァイファン・ユエンズーパイグータン)』の
「排骨湯とキャベツご飯」。

高麗菜飯20元、原汁排骨湯80元。スープは無料で足してくれる。
高麗菜飯20元、原汁排骨湯80元。スープは無料で足してくれる。

 美食夜市として知られる延三夜市の入り口に、「原汁排骨湯」の提灯を下げた、趣のある小さな食堂がある。「原汁(ユエンズー)」とは、中国語で「混じりっ気なし」といった意味で、化学調味料などを使わず、素材そのものの味で勝負しているというアピールに使われる。メニューは大きな排骨としみしみの大根が入ったスープと、軟らかめに炊かれたキャベツご飯、それにいくつかの小菜のみ。どれも塩分控えめで油っこさもなく、滋味深くてやさしい味わい。店内を切り盛りするおじいさん、おばあさんたちは、まるで小学校のクラスメイトたちがそのまま大きくなったかのように和気あいあい。そう思わせるのは、もしかしたら店内で小学校の椅子や机が使われているからかもしれない。

 

灶頂 高麗菜飯・原汁排骨湯 ザオディン ガオリーツァイファン・ユエンズーパイグータン

台北市大同區延平北路三段17巷2號 ☎なし 10:00~20:00(土日9:30頃~)不定休 MRT大橋頭駅から徒歩すぐ。

※この記事は、No. 100 2022年5月号「&Taipei」に掲載されたものです。


March 14, 2022 朝食やおやつに大人気、台湾風の煮卵・茶葉蛋 (チャーイエダン) 。&Taipei 台北の朝ごはん

『吉利豆干(ジーリードウガン)』の
「茶葉蛋」。

じっくり味が染みた茶葉蛋は1個10元。冷蔵庫で4~5日は持つ。
じっくり味が染みた茶葉蛋は1個10元。冷蔵庫で4~5日は持つ。

 朝食やおやつにと、幅広い世代に親しまれている茶葉蛋は、醤油ベースで甘めの煮汁に烏龍茶や紅茶などの茶葉で香りを加え、八角などの香辛料とともに卵を煮込んだもの。台湾のコンビニでは、最も目立つ位置で販売されているほどの国民食だ。ビニール袋に入れて持ち運べるので、会社のデスクでさっと食べたり、ジムやハイキングなど運動後のタンパク質摂取に食べるという人も多い。伝統市場の東門市場で1日に500~600個売れるという人気の茶葉蛋は、阿里山紅茶の良質な茶葉やこだわりの卵を使用し、3日がかりで3段階に分けて煮込んで作られる。殻にヒビを入れてあるおかげで、黄身までしっとり、味がよく染みている。ほんのり甘く、醤油と紅茶の香りが食欲をそそる。

 

吉利豆干 ジーリードウガン

台北市中正區臨沂街81號 ☎0928‒838‒524 7:30~13:00 火土日のみ営業。東門市場内の屋台。すぐそばにある信愛公園で食べるのもおすすめ。

※この記事は、No. 100 2022年4月号「&Taipei」に掲載されたものです。


February 14, 2022 全部入りの「蔥抓餅(ツォンズワピン)」は、台湾を感じる味。&Taipei 台北の朝ごはん

『天津蔥抓餅(ティエンジンツォンズワピン)』の
「ミックス」。

ミックス(55元)は、「No.6」と伝えるだけでも注文できる。
ミックス(55元)は、「No.6」と伝えるだけでも注文できる。

 朝ごはんからおやつまで幅広く親しまれる「蔥抓餅(ツォンズワピン)」は、ネギが入った生地を焼いて具を挟み、醤油だれを塗って食べる軽食だ。似たものに「蔥油餅(ツォンヨウピン)」があるけれど、こちらのほうが油っぽさがなく、外側はクリスピー、中側は幾重にもできた層があるのが特徴。学生街であり、観光地でもある永康街のメイン通りに店を構えるこの専門店は、地元民や観光客で行列が絶えない人気店で、おすすめは卵、台湾バジル、チーズ、ハムなどの具がたっぷりと入ったミックス。注文してから鉄板の上で作ってくれ、お好みで辛くするかを聞いてくれるが、ピリ辛程度でほぼ辛さはない。パンチあるハムの味わいをさわやかな台湾バジルがすっきりとまとめてくれる、台湾らしい味わいをぜひ。

 

天津蔥抓餅 ティエンジンツォンズワピン

台北市大安區永康街6巷1號 ☎02‒2321‒3768 8:00~22:30 無休 店舗には座席がないので、すぐ近くの永康公園で食べるのが地元流。

※この記事は、No. 99 2022年3月号「&Taipei」に掲載されたものです。


January 10, 2022 無添加&手作りがうれしい、ヘルシーブランチ。&Taipei 台北の朝ごはん

『Overeasy Coffee(オーバーイージー コーヒー)』の
「アボカドサーモントースト」と「自家製ヨーグルト」。

アボカドサーモントースト(295元)、 自家製ヨーグルト(250元)
アボカドサーモントースト(295元)、自家製ヨーグルト(250元)

「カフェなのに、食事を楽しみに訪れるお客さんが多いんです」と笑うのは、ニューヨークやLAのファインダイニングなどで修業した経験を持つ、ペイストリーシェフの李さん。コンパクトなキッチンながらも本格的なメニューを提供しており、人気は見た目にも美しいアボカドサーモンのオープンサンド。サクッと香ばしく焼き上げたブリオッシュに、ベリーなどで色鮮やかに漬けたサーモン、たっぷりのアボカドをのせ、軽く炙ってある。ソースとして添えられるのは、低温で茹でた滑らかな黄身とリコッタチーズ。フードサイエンスに興味があるという李さんが無添加・手作りを追求しているためか、食後も胃にもたれない気がして、何度もリピートしている貴重な一軒。

 

Overeasy Coffee オーバーイージー コーヒー

台北市大安區仁愛路四段345巷15弄2 號1 樓 ☎0937‒404‒594 10:00~18:00 無休 www.instagram.com/overeasycoffee

※この記事は、No. 98 2022年2月号「&Taipei」に掲載されたものです。


December 13, 2021 行列も名物のひとつ!? 台湾を代表する朝食店。&Taipei 台北の朝ごはん

『阜杭豆漿(フーハントウチアン)』の「豆漿(トウチアン)」と
「厚蛋夾油條(ホウダンジャーヨウティアオ)」。

窓際のカウンターは、MRT善導寺駅が眺められる特等席。
窓際のカウンターは、MRT善導寺駅が眺められる特等席。

華山市場の2階にある『阜杭豆漿』は、訪れる客の行列が1階の市場の外まで続くほどの人気朝食店。東京オリンピックに出場してから台湾に戻り、隔離生活を送る選手らに向けて台湾の総統が差し入れしたことでも話題になった。店名にもある通り、台湾の豆乳「豆漿(トウチアン)」と、それによく合う定番の朝食メニューを提供している。日本ではなかなか見かけない揚げパン「油條(ヨウティアオ)」を、卵とともに窯で香ばしく焼きあげた中華パン「燒餅(サオピン)」で挟んだ「厚蛋夾油條(ホウダンジャーヨウティアオ)」(65元)がおすすめ。「豆漿」(30元)はホットとアイスから選べ、ホットを頼むと写真のような碗に入れてくれる。湯葉の膜ができるほど濃厚で、これにサクサクの「油條」をちぎって浸すのも台湾でよくある食べ方だ。

 

阜杭豆漿 フーハントウチアン

台北市中正區忠孝東路一段108號2F−28 ☎02−2392−2175 5:30〜12:30(売り切れ次第終了) 月休

※この記事は、No. 97 2022年1月号「&Taipei」に掲載されたものです。


台北在住ライター 近藤 弥生子

台北在住の編集・ライター。カルチャー界隈からオードリー・タンまで、生活者目線で取材し続ける。著書に『オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと』(ブックマン社)、『オードリー・タン母の手記「成長戦争」自分、そして世界との和解』(KADOKAWA)がある。

yaephone.com

Latest Issue楽しく部屋を、整える。2023.01.20 — 920円