& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

菓子研究家 長田佳子


May 24, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/長田佳子 vol.4

May.24 – May.30, 2019

Saturday Morning

MI0003522566
Title.
Orange Crate Art
Artist.
Brian Wilson and Van Dyke Parks
音楽に励まされるとしたらこんな曲かもしれない。人の声の温かさを肌で感じられるハーモニーとロマンティックな展開に悪い予感はひとつもなくて、ただ、そこに身を置いているだけで、「いいんだよ」と言われているような気さえしてくる。夢の中やもしも次の人生で逢えることができるなら、勇気を出してこう尋ねてみたい。ヴァン・ダイク・パークスさん、「“オレンジの木枠の箱”とは、なんですか」。
アルバム『Orange Crate Art』収録。

Sunday Night

70d0f7f521d154e043c94b2572f783ba
Title.
You are my waltz
Artist.
Kazunori Sugama, Mayu Gonto
「グラス一杯のワインで地球が変わります。そう、食べ方や飲み方で地球は変わるのです。そんなの夢みたいとあなたは思うかもしれません。でもいつかあなたも私たちと一緒に歩き出してくれるのを願っています」。山梨県北杜市で、できるだけ自然にブドウを育て、手仕込みでワインを造る『ボーペイサージュ』の20周年の記念に作られたアルバムから。ワインのボトルの裏に記載されているようにCDにも、造り手の岡本英史さんの願いが書かれています。音楽もワインも、自然と対話しながら生まれるいきもの。「あなたは私のワルツ」。この曲を聴いたとき、ひとりの願いの尊さが人の心を動かすことを知った。
V.A. 『Waltz for BEAU PAYSAGE』収録。

May 17, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/長田佳子 vol.3

May.17 – May.23, 2019

Saturday Morning

600x600bf
Title.
Golden Lady
Artist.
Stevie Wonder
5月はスティーヴィー・ワンダーの誕生月なので敬意を表して。ゴスペルやソウルやジャズを聴くようになったのは、彼の存在があったからのように思います。そして、ジャケットをまじまじと見てみると、第三の目が開いているではないか! いつでも素直に、喜びや怒りや悲しみや優しさを表せたらどんなにいいだろう。 第三の目とは心の目かな。自分には人と分かり合えるためにどんな方法があるのだろう、と思う。歌詞の二番目にとても好きな言葉がある。
アルバム『Innervisions』収録。

Sunday Night

600x600bf-2
Title.
Return To Forever
Artist.
Chick Corea
20代の初めに働いていたレコードショップのオーナーに、初めてレコードで聴かせてもらった。これまで音楽に対して、メロディーや歌に情緒的なものを感じ、気持ち良さを感じていたけれど、この曲には1曲の中にいろいろな物語が描かれているようで、理解するには一度の人生では済まない気がして、なぜだかとても大人びた気分になった記憶がある。夢中になることと無心とは何かが似ているよう……。時間にさらわれるような感覚になるのだ。夜の深みを楽しみながらたまにはゆっくりとお酒を呑むのもいい。
アルバム『Return to Forever』収録。

May 10, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/長田佳子 vol.2

May.10 – May.16, 2019

Saturday Morning

530
Title.
Iglesias
Artist.
Sílvia Pérez Cruz
スペイン・カタルーニャ出身のシンガーソングライター・女優のシルビア・ペレス・クルス。彼女の作品の中でもこの曲が収録されているアルバムはお菓子の仕込みをするときによくかけています。無音の状態から切り替えるのにちょうど良いテンポなのかもしれません。語りかけるように、祈るように唄う様には心が解放されていく。昔から変わらないのは、歌の中に魂がある音楽が好きなんだと感じます。
アルバム『11 De Novembre』収録。

Sunday Night

Title.
Canción Mixteca
Artist.
Ry Cooder
天気の良い日には、夏の日差しを思い出してきてちょっぴり肌を出したくなる。夕方に近づくにつれて、木漏れ日が水面のようにキラキラと涼しげで永遠に5月であれば良いのに……、と思ってしまうような気分の時に聴くと救われる。映画の印象も強いけれど、そんなことは置いておいても素晴らしい曲。歳をとった時、どんな気持ちで聴いているのかと想像することもまた楽しい。
アルバム『PARIS,TEXAS Original Motion Picture SoundTrack』収録。

May 03, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/長田佳子 vol.1

May.03 – May.09, 2019

Saturday Morning

R-858706-1457737506-6931.jpeg
Title.
Prelude to 110 or 220/Women of the World
Artist.
Jim O’Rourke
都会のゆっくり訪れる春というのではなくて、例えば、北海道の雪が溶けて、動物たちも目を覚まし始め、新緑が一斉にわぁ〜〜と芽吹くような一曲だなと感じます。懐かしくもあり、ワクワクする気持ちでいっぱいに。曲の世界に身を任せて素直に生きて行きたくなる(笑)。そんな静かにキラキラした曲を5月の始まりに聴きたい。
アルバム『Eureka』収録。

Sunday Night

tocj-90012_NHb_extralarge.jpg
Title.
My Ideal
Artist.
Chet Baker
携帯が何度壊れても「iTunes」に必ず入れるのはチェット・ベイカーでした。失ってもまた取り戻して、「そうこれこれ」と幾度となくやってきたことか……。料理を作る時もお菓子を作るときも読書をするときも寝る前にも、どんなシチュエーションにも寄り添ってくれる感じは、まるでゴーストのように優しい。彼の繊細であたたかい包容力は永遠の憧れです。
アルバム『Chet Baker Sings』収録。

菓子研究家 長田佳子

レストラン、パティスリーなどでの修業を経て、ファッションブランド〈YAECA〉の〈PLAIN BAKERY〉にてスイーツの開発・製造を担当。現在は「foodremedies」(「レメディ」とは癒しや治療するという意味)という屋号で活動。ハーブやスパイスなどを使ったまるでアロマが広がるような、体に素直に響くお菓子を研究している。著書に『foodremediesのお菓子』(地球丸)、『全粒粉が香る軽やかなお菓子』(文化出版局)などがある。