Music

土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/長田佳子 vol.1May 03, 2019

May.03 – May.09, 2019

Saturday Morning

R-858706-1457737506-6931.jpeg
Title.
Prelude to 110 or 220/Women of the World
Artist.
Jim O’Rourke
都会のゆっくり訪れる春というのではなくて、例えば、北海道の雪が溶けて、動物たちも目を覚まし始め、新緑が一斉にわぁ〜〜と芽吹くような一曲だなと感じます。懐かしくもあり、ワクワクする気持ちでいっぱいに。曲の世界に身を任せて素直に生きて行きたくなる(笑)。そんな静かにキラキラした曲を5月の始まりに聴きたい。
アルバム『Eureka』収録。

Sunday Night

tocj-90012_NHb_extralarge.jpg
Title.
My Ideal
Artist.
Chet Baker
携帯が何度壊れても「iTunes」に必ず入れるのはチェット・ベイカーでした。失ってもまた取り戻して、「そうこれこれ」と幾度となくやってきたことか……。料理を作る時もお菓子を作るときも読書をするときも寝る前にも、どんなシチュエーションにも寄り添ってくれる感じは、まるでゴーストのように優しい。彼の繊細であたたかい包容力は永遠の憧れです。
アルバム『Chet Baker Sings』収録。
&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。

もっと読む


菓子研究家 長田 佳子

レストラン、パティスリーなどでの修業を経て、YAECAフード部門「PLAIN BAKERY」でメニュー開発、お菓子の製造を担う。2015年に独立。〈foodremedies〉という屋号でハーブやスパイスなどを使ったまるでアロマが広がるような、体に素直に響くお菓子を研究している。著書に『季節を味わう癒しのお菓子』(扶桑社)、『全粒粉が香る軽やかなお菓子』(文化出版局)などがある。2021年7月より登録制による動画配信のお菓子教室を開催。

foodremedies.jp

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円