& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

ミュージシャン 曽我部 恵一


December 25, 2015 今月の選曲家 曽我部恵一

Dec.25 – Dec.31, 2015

Saturday Morning

&Premium the smith
Title.
Hand in Glove
Artist.
THE SMITHS
中学の終わりか高校のはじめの頃だったと思う。ザ・スミスしか聴かない日々があった。どのくらいの期間だったろうか、学校から帰るとすぐステレオの前に座り、レコードに針を落とす。なかでもシングルやラジオセッションなどを集めた編集盤『Hatful Of Hollow』が好きだった(帽子いっぱいの空虚、とはなんて素敵なタイトル!)。スミスは歌詞がすごいと当時は言われていたが、正直その文学性についてはぜんぜんよくわからなかった。硬質にビートを刻むドラムとピックで複雑なメロディを弾くベース、ジョニー・マーのキラキラした雨だれのようなエレキギターのアルペジオ、そこにモリッシーの深い声が重なるとき、ぼくはなんとも言えない解放感を感じた。
アルバム『Hatful of Hollow』収録

Sunday Night

&Premium
Title.
酔いどれ東京ダンスミュージック
Artist.
真黒毛ぼっくす
どっかで聞いたことある曲タイトルと曲調。数秒聴いて、例えばビートルズにあるような既聴感なのだと理解した。シンガー大槻泰永さんの羽ばたけなかった夜の想いが綴られる。語るうちに酒は進み、フォークロックのつもりがダンスミュージック。こんな年の瀬にはそれもいい。大槻さんが歌えば、どんな店でも瞳には最っ高のシャンデリアが映る。飲まなくなって約十年。酒の効き目も忘れてしまった。ぼくのライブを見に来てくれた大槻さんは、3曲目以降、客席でずっと熟睡してた。この人、モテるだろうなと思った。そのとき(寝る前)かけてくれた「ヒュイーッ!!」というかけ声が最高にロックだったね。ノンアルビールで酔いどれ東京ダンスミュージック。年末だしね。
アルバム『酔いどれ東京ダンスミュジック』
収録

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら

December 18, 2015 今月の選曲家 曽我部恵一

Dec.18 – Dec.24, 2015

Saturday Morning

M_05New
Title.
Santa Claus Is Definitely Here
To Stay

Artist.
James Brown
1970年のアメリカ。人種のるつぼにサンタは降り立つ。JBは人類を救うために現れた。貧困や争いから。あらゆる人々に、ひとりの例外もなく幸せというものが訪れるようにと歌い叫び踊り怒り笑いそして死んでいった。そのすべてをファンクと呼ぼう。そのすべてをソウルと呼ぼう。ファンクは音楽の形態ではなく、ひとつの生命体のようなもの。消滅することなく、地球を覆う日が来ることを。明るい祈りのようなナンバー。このシングルが出た年にアメリカ人であるということは素晴らしいことだったんじゃないかと妄想する。B面にはジェームスといっしょに歌えるように、とカラオケを収録。声がなくたってJBのやさしさは隅々まで染み渡っていて、泣ける。
シングル『Santa Claus Is Definitely Here To Stay』収録

Sunday Night

N_05
Title.
White Christmas

Artist.
Darlene Love
フィル・スペクターはエコーの向こうに神を見た男と言われることもある。ちゃんとした大人ならそんなところに神はいないと知っています。音を重ねていくことでポップスが生まれたりする。迫力や高揚が巻き起こったりする。ギターとドラムとベースとピアノで足りなければ、何回でも重ねてみる。徹底した足し算主義のもと“音の壁”というモノを作り出した。決して引くことのない余裕のなさは、孤独を埋める無為な作業とも重なる。しかしここにあるのは最高の歓喜の極み。最高がずっと続くようにとレコードにプレスした。クリスマスの夜。街にあふれる無数の想い。小さきひとつひとつは重なり混ざり溶け合い澄んだ夜空へと昇っていく。その先に神さまがいます。
アルバム『Christmas Gift For You From Phil Spector』収録

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら

December 11, 2015 今月の選曲家 曽我部 恵一

Dec.11 – Dec.17, 2015

Saturday Morning

M_04
Title.
Frownland
Artist.
Captain Beefheart
師走の週末の朝、元気が出る歌を。4人ほどいる楽器演奏者がてんでバラバラに演奏(のようなこと)を始めます。自分が歌うときにバックミュージシャンがこの演奏を始めたら、まず止めるわな。ぼくだったら。「どうした??」と。でもここでは歌い手さんはノリノリです。なんでも、この出鱈目に聴こえる演奏は用意周到にアレンジされたものという話も。まあそれはおいといて、この音楽は、孤高を目指そうという一生懸命さとも、「めちゃくちゃやってますよ!」という自己顕示欲とも無縁です。なんというか、爽やかで。こんな感じの音楽(のようなもの)がLP2枚分繰り広げられるのですが、ぼくも来年はこんなふうに爽やかになりたいです。
アルバム『Trout Mask Replica』収録

Sunday Night

N_04
Title.
Everything in its right place
Artist.
Radiohead
日曜の夜だよね? 土曜の夜だといろいろあるのですがね。でも日曜の夜ってとこが重要なわけでしょう。ただものごとってたいてい土曜の夜と日曜の朝って決まってね? ああわかんなくなってきた~。『サザエさん』、じゃダメですよねえ? このように自問自答は繰り返され、できたのが『KID A』というアルバムでありました。もはや、これを作りたい、こんな気持ちですといった自分探し要素はとうに消え去り、排除し忘れたものだけが残っているような、なんというか崇高な燃えカスのようなレコード。意味も目的もないものだから、聴くとブラックホールを前に佇んでいるような妙~な気持ちになってしまい、思い出すのは『2001年宇宙の旅』や『地獄の黙示録』といった妙~な映画。
アルバム『KID A』収録

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら

December 08, 2015 今月の選曲家 曽我部 恵一

Dec.4 – Dec.10, 2015

Saturday Morning

&Premium agua viva gal costa
Title.
Mãe
Artist.
Gal Costa
12月の土曜日の朝に聴くにはちょっとセンチメンタルすぎるだろうか。カエターノ・ヴェローゾがガルのために書いた曲。題名は「お母さん」。歌の主人公は母親を亡くしたばかりのようだ。海にもリオにも人にもなんにも今は関心がない、と歌う。ぼくはまだ両親を亡くしたことがないから解らないが、この歌はからっぽな心だけが持つ明るさのようなものを伝えてくる。なんだかとてものんびりしている。失うということは、安堵に似ているのかな。サウダージというよくわからない感覚。この曲を聴くとぼくは疑似体験できる。後期ビートルズ、ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンの中間のようなミディアムロック。ガルの言葉にならぬスキャットは、どこか遠い場所への呼びかけのようで。
アルバム『Agua Viva』収録

Sunday Night

&Premium 曽我部恵一 hall oates
Title.
Method of Modern Love
Artist.
Hall&Oates
日曜日の夜は憂鬱だ。そうにちがいない。明日はまた仕事。最悪だ。あんなに煌めいていた週末はあっというまに終わってしまった。週末の素敵さにかまけて、今週中にやるべきことには手を付けていない。悪夢だ。チープでロマンティックなSFを思う。ふと目覚めると過去にタイムスリップしていて、美しいヒロインと手を取り冒険が始まる。なんてな。夢想に浸るうちに時は過ぎゆく。そんな都会の哀しき労働者の心に響くサウンドトラックナンバー今週の第1位はこの曲。近代的恋の方式。なんて素晴らしいタイトルだろう。どこかエキゾチックなシンセの旋律。やわらかで無機質なスイートソウルミュージック。「ブルーアイドソウル」とだれかが呼んだ。
『Big Bam Boom』収録

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら

November 27, 2015 今月の選曲家 曽我部 恵一

Nov. 27 – Dec. 3, 2015

Saturday Morning

CORR-10886
Title.
Once In A While In Nishiogi
Artist.
古澤良治郎
「たまには西荻に遊びにきませんか」という日本語タイトルがついている。知り合いはたくさん住んでいるものの、ぼくにそう言ってくれる人はいなかったので、西荻についてあまりよく知らないままだ。ぼくの好きな人たちが住んでいるから、いい街なのだろうし、ぼくも好きになるはずだ。晴れた土曜日にだったらフラリと、ねえ? 今は亡き名ドラマーによるこの曲は彼の“うたっている”ドラミングが最高に軽やかな大名曲。街歩き、リゾート、どちらにも対応できるトロピカルなシティポップ。吉田美奈子のコーラスに誘われるままに歩き始めたら、どこまでも歩いて行けそうな気分になってしまう。「下北から西荻まで歩いて行ってもいいですか?」
アルバム『たまには。』収録

Sunday Night

じゃがたら
Title.
タンゴ
Artist.
暗黒大陸じゃがたら
作られた曲という感じがしないのだ。ずっと前からそこにあったけど、だれも気にせずそのまま放っておかれてるような歌。いま、この曲を選んだことをすこし後悔している。コメントすべきことは特にないし、聴いたそのまんまがこの曲のすべてだ。そういえば昔こんなことがあった。深夜、ひとりで下北沢の街を歩いていると、古い小さなビルの二階にある、とある酒場の窓からアケミの「ワンツースリーフォウ」というこの曲のカウントが突然聴こえて来た。ぼくはふらりとその店に飛び込み、適当な酒を注文し座って「タンゴ」を聴いた。歌が終わるとすぐ席を立ったので、店の人はちょっと面食らっていた。ひとの夜を変えてしまう力をこの音楽は持っている。
アルバム『南蛮渡来』収録

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら

November 19, 2015 今月の選曲家 曽我部 恵一

Nov. 20 – Nov.26, 2015

Saturday Morning

Just Another Diamond Day
Title.
Diamond Day
Artist.
Vashti Bunyan
ミック・ジャガーやキース・リチャーズに見いだされて華やかな60年代ポップのステージにいったんは上がった彼女。1970年にはこの曲の入ったデビューアルバムを出したが、しばらくして引退してしまった。いろいろと疲れちゃったのだと思う。農家の小屋に佇むジャケットそのままの、田園風景に降るやわらかな日差しの音楽。しあわせでやさしい。そんなシンプルな表現を許してくれそうなレコード。でも、相当売れなかったみたい。eベイで3千ドルだと? オリジナル盤なんて見た事ないよ。そんなことも当時の彼女を疲れさせたのかもしれない。でも今日はこの音楽に閉じ込められた彼女に耳をすます。空からきらきらと光の粉が舞う、そこに佇むひとりの女の姿が見えた。
アルバム『Just Another Diamond Day』収録

Sunday Night

That’s Entertainment!
Title.
That’s Entertainment!
Artist.
The Jam
ポール・ウェラーが描く都会の夜は透明で産まれたばかりの風景のよう。今も昔もかっこいい男。リッケンバッカーをかきむしるいつものスタイルとは少し違う、アコースティック・ギターに太いベースがからむメロウなアレンジ。フォークでソウルでネオアコの原型でもある。モッズだけどパンクを通過したちょっとだけナイーブな肌触り。感情過多ではないところがかっこいい男。今も昔も男の子のハートを掴む。ジャムはギターとベースとドラムというシンプルなロックバンド編成をとことん極めた。バンドを組むとコピーしたくなる曲多数。実際ぼくも中学の時コピった。限りなくシンプルなコード進行の上にあるソングライティングの魔法。さあ街へ出よう。
アルバム『Sound Affects』収録

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら

ミュージシャン 曽我部 恵一

1971年8月26日生まれ。香川県出身。1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト/ギタリストとしてデビュー。2001年よりソロでの活動をスタート。インディペンデントレーベル<ROSE RECORDS>主宰。現在サニーデイ・サービスのホールツアー中。→ sokabekeiichi.com