& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

作曲家、ピアニスト 中島ノブユキ


December 30, 2016 今月の選曲家 中島ノブユキ

December.30 – January.05, 2016

Saturday Morning

41IizSnduJL
Title.
Fantaisie & fugue en sol mineur, BWV 542: Fugue
Artist.
Yvonne Lefébure
一年の終わりの足音が聞こえてくるときにバッハの音楽、特にフーガを聴き返す事が多い。フーガという形式が技法の限りを尽くした高度な構築性を必須とした音楽であるのにもかかわらず、そこに溢れるほどの感情と官能があるからだ。フーガの大家であったバッハの曲の中から僕はこの曲を選びたい。最初に提示される主題(フーガではこの最初に提示される主題を軸に展開される)が一聴簡素な物に聞こえる。しかしその後少しずつ声部が重なるにつれ、響きを纏いその装いを変えながら展開してゆく。そこに身をゆだねていると体や精神のネジをグイッと巻き直すような気持ちになるのだ。
アルバム『Bach/Mozart/Beethoven』収録。

Sunday Night

CS1881483-02A-BIG
Title.
Wastin’ Time
Artist.
The Shoes
人によってはこの曲を「まぁ単なるポップでハッピーな曲」と思うかもしれない。でも「単なるポップでハッピーな曲」の大ファンの自分にとっても、この曲は特別な魅力があるように思えて一年を通して何度も聴いた。「曲の魅力、音楽の魅力」というのは本当に説明できない。一瞬聞こえてくる音の何気ない組み合わせや、ほんのわずかな言葉とメロディーの絡み方が気になると言うだけでその曲を好きになっていて、それは人と共有できるような物語以前の何か煌めきのようなものだ。一年の最後の日、もし晴れていたら(あ、いや曇っていても……)朝からこの曲聴こうと思う。
アルバム『Crack My Bones』収録。

December 24, 2016 今月の選曲家 中島ノブユキ

December.24 – December.30, 2016

Saturday Morning

Title.
Devil Or Angel
Artist.
Lou Doillon
このアルバムには密やかでいながら感情の奥深くに突き刺さる曲が多い。そしてルー独特のその声質。このアルバムは全曲シンプルな楽器編成と奇をてらわない編曲で見事に彼女の声の魅力を引き出していて飽きることが無い。先日フランス中部のある街で(母である)ジェーン・バーキンの公演があり、その晩ジェーンのシークレット誕生会が行われた。夜中過ぎ、人もひけて十数名くらいが残っていただろうか、そこに置かれていた小さなピアノでルーがマイクも使わずにひっそりと歌った。その声はこのアルバムで聴かれる親密で飾りの無い声(=歌)と一緒だった。ふと何も無い土曜の朝にルーの声が聴きたくなる。
アルバム『Places』収録。

Sunday Night

28489
Title.
Merry Christmas Mr. Lawrence
Artist.
坂本龍一
1983公開の大島渚作品「戦場のメリークリスマス」のオープニングそしてエンディングで流れるこの象徴的な音楽は日本軍俘虜収容所(ジャワ島)を舞台にした儚くも美しい男達の湿度高めの物語に対置する。シンセサイザーで作り上げられ磨き上げられたガラス細工のような音楽。実際このメロディを奏でる音色はワイングラスを叩いた音をサンプリング(音をシンセサイザーに取り込んで音程を付けること)して作られているとのこと。これから処刑されるハラ(ビートたけし)をロレンス(トム・コンティ)が訪ね、ふとしたことから四年前の楽しかったクリスマスの記憶が二人の中に交差する。お互い言葉にしない感情を内に秘め……。そして別れの時が来る。
アルバム『戦場のメリークリスマス OST』収録。

December 16, 2016 今月の選曲家 中島ノブユキ

December.16 – December.22, 2016

Saturday Morning

Title.
Snow Fall
Artist.
Claude Thornhill
そういえば今年は11月の東京に雪が降った。ならばまだまだ雪の気配のない12月の中旬にクロード・ソーンヒルのこんな曲を聴いてみたくなる。甘くそして捕捉しがたい響きを纏ったこの小曲に思いがけない新鮮なサウンドを随所に聴くことが出来る。芳醇な響き。暖かな真綿に包まるような……。この曲を聴くと不思議と静かな気持ちになる。窓の外で子供たちの雪にはしゃぐ風景。新たな冬の到来とともに一年という緩やかな周期を思う静かな感情。
『Claude Thornhill & His Orchestra 1942-1953』収録。

Sunday Night

Title.
Mondsee Variations I
Artist.
Paul Bley
その美しい白黒のジャケットのひんやりとした空気の感触からか、何故かこのアルバムが冬にちなんだアルバムのような気がしていた。ポール・ブレイ、彼は今年の初めに死んだのだが、生前一度だけ会った事がある。それはボストンで、しかもそれは小さなピアノのレッスン室でのこと。二十歳代前半の私は彼のもとでピアノを習いたくて直接会いに行ったのだ。彼は窓辺に座って煙草をふかし「何か弾いてよ」と言った。私は何か稚拙なものを即興と称して弾いた。終わると「じゃあ僕も何か弾くよ」と言って真の即興と言える何かを弾いた。この曲を聴き返すとその時の耳の記憶がよみがえる。
『Solo In Mondsee』収録。

December 09, 2016 今月の選曲家 中島ノブユキ

December.09 – December.15, 2016

Saturday Morning

Title.
Old Friends
Artist.
Simon & Garfunkel
一年の終わりを人生の終わりに例えるのが浅はかなのは分かっているけど、ふと一年の終わりを意識する頃にこの曲を聴きたくなる。この曲と対に置かれる”ブックエンドのテーマ”と共にポール・サイモンの人生観が滲みでているように思う。冬の公園のベンチの両端にブックエンドの様に座る二人の老人の姿に作者は自分達(サイモン&ガーファンクル)を重ねているのだろう。もちろんこの曲を聴く自分も重ねずにはいられない。
アルバム『Bookends』収録。

Sunday Night

Title.
Afline December Gift
Artist.
Metric Jazz National
季節感からすこし乖離した曲を聴くのも好きだ。アフリカの音楽で何か12月にちなんだ曲はと思って探していて出合った曲。アフリカの言語なのでどんな歌詞の内容なのか分からないけれども、イントロの音の動きに何だか雪降るイメージが重なるような、というかなり無理矢理な解釈をしてみたくなる。大体、12月に雪が降るのかな……。ちょっと独特の気合いの入っていない声がいい。
アルバム『Seven 7″FROM KENYA VARIOUS ARTISTS』収録。

December 02, 2016 今月の選曲家 中島ノブユキ

December.01 – December.08, 2016

Saturday Morning

radka-toneff
Title.
Moon’s a Harsh Mistress
Artist.
Radka Toneff
30歳で自らの命を絶ったノルウェーのボーカリスト、ラドカ・トネフ。ラストアルバムとなったこの『FAIRYTALES』はラドカ・トネフの歌とスティーブ・ドブロゴスのピアノだけによるデュオアルバム。ドブロゴスのピアノは音数を極限まで削ぎ落とし、真に必要な音だけを柔らかく、時には深い音で奏でる。そこで歌われるトネフのどこかに光を求めるような、でもその光に手の届くことも叶わないような脆くも儚い歌声。不思議なことのこういう静かな曲を夜に聴くと気持ちが高ぶってしまうことがある。ぜひ朝に聴きたい。最後の月、静かな週末の予感。
アルバム『FAIRYTALES』収録。

Sunday Night

%e5%a4%a7%e6%b2%a2%e8%aa%89%e5%bf%97%e5%b9%b8
Title.
そして僕は途方に暮れる
Artist.
大沢誉志幸
メロディ、サウンド、そして歌。日本のポップス史上最高の曲の一つ。不思議なことにこの曲を聴くとなぜか冬、特に師走の気分になるのだが、しかし歌詞を読んでも冬をイメージさせるキーワードも無い。きっとこの曲が80年代に某カップヌードルのCMに使われていて息をフーフーさせながら女の子が食べている印象が強いからか…と思って調べてみたらどうもそんな食べているシーンは無い。イントロからずっと刻み続けるシンセサイザーの音色感、その少しほろ苦いフレーズ感……。そこに何か一年の終わりをかけ抜けてゆく疾走感があるからだろうか。
アルバム『CONFUSION』収録。

作曲家、ピアニスト 中島ノブユキ

ソロアルバム『エテパルマ』『メランコリア』『クレール・オブスキュア』『散りゆく花』等発表。各地でピアノソロや室内楽編成で公演を行う。NHK大河ドラマ「八重の桜」や「神様のボート」等のドラマ、映画『人間失格』『悼む人』の音楽を担当。菊地成孔・ペペトルメントアスカラール、畠山美由紀らのアルバムやコンサートで楽曲提供及び編曲を担当。リミックスワークとして中島自身のリミックスによる「Thinking of You」がホセ・パディーヤのコンピレーションに収録、全世界発売された。また2011年よりジェーン・バーキン ワールドツアー「Via Japan」(27ヵ国 約70数公演)の音楽監督を務めた。2016年より再びジェーン・バーキン ワールドツアー「GAINSBOURG SYMPHONIQUE」の音楽監督/オーケストラ編曲/ピアニストを務め世界各地で公演。またそのアルバムは2017年初春、世界発売される。自身の音楽レーベル SOTTO を2015年設立。