小池アミイゴ — イラストレーター | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

イラストレーター 小池アミイゴ


March 27, 2020 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/小池アミイゴ vol.4

March.27 – April.02, 2020

Saturday Morning

Title.
Barrilete
Artist.
Cribas
土曜日は自分にまとわりついたキャラを削ぎ落とす必要がある。人から言われる「あなたらしいわね」も、自分で語る「わたしはこういう人だから、」も、土曜日は必要としていない。ただキャラは無理やり剥がすと痛々しい傷を残すので、ジワリ自分を温めることで、キャラが勝手に剥がれ落ちるような曲が必要なのだ。沖縄の古い唄、アイルランドの生活のリズム、台湾の若き客家人の音楽。今はアルゼンチンの若者が今を唄い奏でるフォルクローレが流れている。「癒し」ではなく「なぐさめ」、「施す」ものではなく「与える」もの。生きるに余分なキャラの剥がれた私は、薄手のコート羽織り、なぐさめを必要とするあなたに会うため家を出た。
アルバム『La Hora Diminuta』収録。

Sunday Night

Title.
Stardust
Artist.
Rene Paulo
ホテルのロビーに足を踏み入れる手前で、ボクは彼女と腕を組み姿勢を正した。3つ星ホテルでボクたちは若く見すぼらしい。「だいじょぶなの?」彼女が囁く。「わからない」とボク。宿泊客を装いロビーを横断してゆくと、ラウンジのピアニストと目が合った気がした。曲が変わる。ヒラヒラヒラと音の粒が流れ落ちるようなイントロ。自分の足取りが優雅なものに変わる。日曜の夜の花見の馬鹿騒ぎにうんざりし、逃げ出した知り合ったばかりの2人は、トイレに困り、場違いな場所で「星くず」と名付けられた曲に守られ、ささやかな目的を達成する。「今夜が土曜の夜だったら?」心に灯る仮説もただヒラヒラと星屑のごとく、日曜の夜に軽く会釈した2人は、それぞれ帰るべき方に消えていった。
アルバム『Sweet Melody For Hawaii』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら


March 20, 2020 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/小池アミイゴ vol.3

March.20 – March.26, 2020

Saturday Morning

Title.
Corbett 1954
Artist.
松任谷由実
輝かしきものは無責任から生まれる。世界にはびこる痛みや苦しみ、悲しみなんてものには目もくれず、前時代のスポーツクーペの尻がセクシーだと思ったり、その辺に咲いている名も無き花に心奪われたり、この人となら今すぐ世界が消えても後悔しないと信じたり、誰にどう評価されるなんてことは一切眼中に無く、ただ目の前を通り過ぎるこの世のスベテが美しく見える。そんな無責任において最強の状態を「恋」と呼ぶのだろう。そしてそれは愛を背負う直前でマックスのキラキラを発するんだ。そんなキラキラがギラギラになってしまわぬよう、ボクたちは徹底的に無責任を磨き上げた歌を見つけ、土曜の朝から海にたどり着くまで、2人の無責任をこすりつけ続けるのだ。
アルバム『流線型’80』。

Sunday Night

SMAP_25_YEARS
Title.
夜空ノムコウ
Artist.
SMAP
冬の匂いが消えてしまいそうな夜の公園で、ボクは焦っていた。春は残酷だ。結局ボクたちは何も始まらぬまま、日曜の夜の公園で別れの瞬間を迎える。なにか上手いことを言ってしまうと、これまでのこと全てがウソになってしまうんだと、自分にウソをついてきた心が助けを求めるように、今まで出会ってきた曲を片っぱしから再生している。しかし選んだのは他愛もない言葉だった。「ありがとう」と言った瞬間、ボクの世界はパラパラと崩れ落ち、夜風に飛ばされどこかに消えてしまった。日曜の夜の公園に立ち尽くしたまま10年ちょっと、ボクは自分と似たヤツらがいることを、夜空のコチラ側で知り、冬の匂いのする冷たい空気でひとつ、息をした。
アルバム『SMAP 25 YEARS』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら


March 13, 2020 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/小池アミイゴ vol.2

March.13 – March.19, 2020

Saturday Morning

Title.
夜明け
Artist.
baobab
障子に揺れる光で目が覚めた。再会の喜び酒の残る体に冷たい水を放り込み、築150年と言われる森の中の一軒家を出る。木々のサワサワが朝日をかき混ぜ、森のあちらこちらを輝かせている。「あら早いわね」背中で家主の声を聞く。振り返ると鍬を手渡された。「朝ごはんが美味しくなるわよ」。そう言われたボクは畑に出て、1時間ほど新鮮な土の匂いにまみれる。森に暮らし中世の古楽器を作り、生きるのに必要なだけの食べ物と歌を作り生きる家族との、今やボクの当たり前になった土曜日の朝。ボクたちは明日、生まれてから今に至る時間だけを鳴らす音楽会を、この森の中で創るのだ。
アルバム『folk』収録。

Sunday Night

ルビンシュタイン
Title.
Andante Spianato And Grand Polonaise In E-Flat, Op.22

Artist.
Artur Rubinstein
日曜の夜まで絡まった1週間のモヤモヤをほぐさなくちゃと、8分の6拍子のショパンのピアノ曲と共にベッドに入った。研ぎ澄まされた技術で鳴らされる輪郭の確かな音は、思いがけぬ揺れの中で連なり、それはそよ風や小川のせせらぎ、小鳥のさえずりと同じく、無音であること以上の静けさを感じさせてくれる。そのメロディを追いかける意識は、揺れとモヤモヤの接点で2度と出会うことのない風景に出会い、心地良い疲労感を得て、明日生きるのに足るものだけを残し、日曜の夜に吸い込まれてゆくのだ。
アルバム『Arthur Rubinstein Classic Apremidi Pour Soiree』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら


March 06, 2020 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/小池アミイゴ vol.1

March.06 – March.12, 2020

Saturday Morning

Title.
I Loves You, Porgy
Artist.
Keith Jarrett
時間は朝の6時半だ。いつもより2時間早く起きて家を出る。いつの間にか初めて向かう土地には白いシャツを着てゆくようになった。いつの間にか土曜の朝から始まる旅の心にガーシュウィンの曲がループするようになった。その静けさがボクに美しきものを見る目を与えてくれるのだ。まもなく3月11日。あの日から何十何回目の東北を目指す旅が始まる。

アルバム『The Melody At Night, With You』収録。

Sunday Night

Title.
Deep Fall

Artist.
Eri Liao Trio
今年もまた1月も2月も無かったかのように3月最初の日曜の深夜なのだ。やれたことの数倍の「やれなかったこと」を数えているとメールが届く。彼女は「秋」の唄が出来たから聞いてくれと言っている。ボクはそれが「過ぎた日の秋」なのか「これから迎える秋」なのかを想像する。心に浮かぶ木々の葉の紅は、まばたき幾つかで桜色へと褪せ、夜と朝を隔てるベールとなり、忌々しい月曜の朝がやってくるのを少しだけ遅らせてくれた。
アルバム『紅い木のうた』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽』 好評発売中。

andmusic-h1-img
ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする連載が、初めて一冊にまとまりました。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全204曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。 詳しくはこちら


イラストレーター 小池アミイゴ

群馬県生まれ。長澤節主催のセツモードセミナーで絵と生き方を学ぶ。フリーのイラストレーターとして1988年から活動スタート。 書籍や雑誌、広告等の仕事に加え、音楽家のアートワークも手がける。1990年代はいくつかのバンドの鍵盤奏者として活動する傍、CLUB DJとしてイベントを主催、clammbonやハナレグミなど多くのアーティストの実験現場として機能させる。2000年代はローカルをテーマに日本各地で暮らす人とライブイベントやワークショップ、展覧会を開催。2011年3月11日以降「東日本」をテーマに絵を描くことをライフワークにしている。
http://www.yakuin-records.com/amigos/