Music

土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/猪野秀史 (INO hidefumi) vol.4February 24, 2023

February.24 – March.02, 2023

Saturday Morning

swingle_singers
Title.
Bach Orchestral Suite No.3 in D Major, BWV 1068: Ⅱ. Air
Artist.
J.S. Back, The Swingle Singers
5歳からクラシック・ピアノを習い始めました。チェルニー、ソナチネ、ソナタ集など運指の教則が終わるとバッハを練習させられます。地獄のようなレッスンでしたが、音楽の「旧約聖書」とも言われているバッハの『平均律クラヴィーア曲集』はとても楽しく、特に左手が鍛えられました。クラシックは練習を怠ってしまうとすっかり弾けなくなるもので、僕のピアノの技術的ピークは18歳くらいだと思います。高校の頃に声楽のレッスンというのがあって、その頃からクラシックが嫌いになっていきました。そもそも「人の曲を猛練習して何になる!?」という思いがふつふつと湧き上がってきて。ただ、大人になるにつれて曲に潜む和声や調性など色々と役立つことばかりで、音楽の父バッハのイメージも最初は伝統主義者のように感じていましたが、知れば知るほど今日的で革新的。懐古的ではなく、新しい音楽をつくる意欲に満ちた開拓者だと認識するようになりました。ポップスはバロックの時代から始まっているんです。バロックとは「かたちの悪い真珠」という意味があるそうで、ルネッサンス芸術の形式から抜け出した自由な表現。話は大きく変わりますが、この原稿を(前週の土曜の朝にバッハを聴きながら書いてます)そろそろ着地しようと思いながらも、気がつけばバッハと自分のどうでもいい話ばかりで既に文字数オーバー…。すみません。
そんな土曜の朝に、平均律と浮遊感に身を委ねる心地良さを堪能してみて下さい。
アルバム『Bach Hits Back A New A Cappella Tribute』収録。

Sunday Night

600x600bf-60
Title.
Eating Noddemix
Artist.
Young Marble Giants
音楽に限らず従来の枠からはみ出したものが好きです。人は批判されたり拒絶されたりすることを恐れがちですが、芯を持って恐れない姿勢が、自分の中での“Punkの定義”です。ヤング・マーブル・ジャイアンツはまさにそんなサウンド。このレコードの帯には「遠く置き去りにしてきた郷愁は現代の混沌にのまれた我々の子守唄だ」と書いてありますが、この曲も子守唄のような歌いまわしの曲。対極的に過激な描写の歌詞も面白いです。上手で流暢な歌は聴き流してしまいますが、引っ掛かりのある素朴な歌は好きです。リリース当時はザ・レインコーツにも通じる独創的でPunkなエネルギーが圧縮されたようなミニマルな音で、手のひらにすくいたくなるような愛おしさを感じます。
日曜の夜は、カルトな映画や本でも読みながら、郷愁と清廉さに身を委ねる心地良さを堪能してみて下さい。
アルバム『Colossal Youth』収録。



&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。

もっと読む


ミュージシャン 猪野 秀史 (INO hidefumi)

宮崎県延岡市生まれ。自身の作品を発信するインディペンデントレーベル〈INNOCENT RECORD〉主宰。 フェンダーローズをメインに据えたエレガントかつ攻撃的な楽曲で10数枚の7inchレコードをリリース。 ノンプロモーションにもかかわらず、口コミで国内外からも支持を獲得し数々のクラブヒットを生み出す。 1st.アルバム『SATISFACTION』(2006年)はインディペンデントレーベルの可能性を引き出した鮮烈なデビュー作となった。また全作品のアートワーク制作や他ミュージシャンの楽曲提供、編曲など活動は多岐に渡る。自身による初のボーカルアルバム『SONG ALBUM』(2018年)は細野晴臣、林立夫、鈴木茂、 小西康陽、常磐響、沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、馬場正道らが推薦コメントを寄稿。その世界観は幅広い層の心を揺さぶりながら浸透中。2021年には新作『IN DREAMS』を発表。

innocentrecord.net

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 126窓辺に、花と緑を。2024.04.19 — 930円