平松麻 – 画家 | & Premium (アンド プレミアム)

画家 平松麻


July 30, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/平松麻 vol.5

July.30 – August.05, 2021

Saturday Morning

1200x1200bf-60
Title.
Marie
Artist.
Leon Redbone
レオン・レッドボーンのことをどう表現したらいいだろう? 人間蓄音機? 歌うアメリカ音楽百科事典? ちょびヒゲ+パナマ帽+サングラス+ボウタイ+スーツが定番で、ステージでも冗談ばかり言う、経歴不明の謎のおじさん…。アメリカの戦前懐メロのみを歌う徹底ぶりで、なんだかタモリ倶楽部にキャスティングしてほしくなる。
声帯そのものがアンティークみたいで、古き良き時代の裂け目からのんびり聴こえてくるような不思議な声。タイムスリップしているのはレッドボーンなのかわたしなのか。
ゆる〜いたる~い弾き語りは、2度寝にぴったり。夏休みだもの、とりあえず冷凍庫にアイスを取りに行って、ベッドで食べて、また寝ちゃっても、まいっか。そんな気分を誘う旧い味わいの歌声。
アルバム『On The Track』収録。

Sunday Night

714q0lJVSRL._SS500_
Title.
In The Shade Of The Old Apple Tree

Artist.
Duke Ellington And His Orchestra
周防正行監督の『シコふんじゃった。』のエンディングに流れるおおたか静流の「林檎の木の下で」に、10歳ながらなぜか希望を覚えたことがある。
30歳になって、荒木町の隅にある渋いスナックのご主人とディック・ミネバージョンをデュエットしたことなんかもある。蝶ネクタイを締めた上背がある老紳士は静かな笑顔で「この曲ならば」とマイクをとってくださった。デュエットなんて後にも先にもこのときだけ。
100年以上も前のこの曲を世界中さまざまなミュージシャンがカバーするなか、39歳になった今はデューク・エリントンを楽しんでいる。スカッとする。ビアガーデンに流れていたら最高だなあ。九段会館屋上のバニーガールにジョッキを運んできてもらった光景がなつかしい。
2021年の夏、色んな思いをかみしめます。周知の1曲を聴きながら、林檎の木の下でまた会いましょう——。
アルバム『Drop Me Off At Harlem』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


July 23, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/平松麻 vol.4

July.23 – July.29, 2021

Saturday Morning

R-3379062-1328068044.jpeg
Title.
Reason To Believe
Artist.
Karen Dalton
カレン・ダルトンの歌声を初めて聴いたとき、身体が「わ、これ知ってる」と直覚した。「好き」とかの感情を超える直観の出合い、きっと誰にでもあると思う。
だから、大好きなジャケットの「1966」は、レコードプレーヤーの横にしまわず作業場に置いている。絵を描きながら、チラと視線をやっては「ともだち」みたく思っている。
アルバムを2枚だけ出して消息を絶った彼女は、ステージで歌うというより、歌いたいときに歌いたい歌を歌いたい分だけ歌う、そんなミュージシャンだったんじゃないだろうか?
アメリカン・インディアンの血をひく彼女の根源から聴こえるのは、ひとりの域を漂わせる歌声。平日はたくさんの人に会う。
だからこそ、ひとりの時間をゆったり味わいたい土曜の朝に、素朴で飾らない孤高の歌声を。
アルバム『1966』収録。

Sunday Night

1200x1200bf-60
Title.
I Remember
Artist.
Molly Drake
「I Remember」を聴いていると、モリー・ドレイクの心象風景にワープする心地になる。綴られた光景と時間とナイーブな感情が、次々立ち上がってくるよう。
例えば「私が覚えているのはオレンジで、あなたが覚えているのは埃」という詩なんてとても綺麗で、この2行だけで私は絵が描きたくなる。
いつまでも続くと思っていた夏、一緒の景色を歩いていても、それぞれに見ていることも覚えていることも違う。
「we」だった私達は「you and me」だった——。
もともと家族に聴かせるのみだった彼女の歌は、ご主人が自宅で録音したらしく、各曲歌い終えたとき彼の声もかすかに聞こえる。
とある回想にしばし耳を傾けた気分になる1曲。そして自分の思い出もほんの少しだけ振り返る。
『The Tide’s Magnificence: Songs And Poems Of Molly Drake』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


July 16, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/平松麻 vol.3

July.16 – July.22, 2021

Saturday Morning

71ZwelKcr4L._SS500_
Title.
Waltz No.4 in F major, Op.34 No.3
Artist.
Dinu Lipatti
原稿を書くときはいつも「名曲喫茶ライオン」の2階窓辺に居座る。この文章も今そこで。
オレンジジュースを注文するついでに、若い店員さんに、どの曲でもいいので「ディヌ・リパッティかけてください」とリクエストメモを渡した。リパッティの顔は私にとって「描きたくなる顔」。この目には何かがある…この目が追うことは何なんだろう? そう思うとドキドキしてきて、描きたい衝動がざわつく。
ルーマニアまで出向いて、あなたがピアノを弾いている間近くに絵をかけさせてもらえませんか…なんてお願いできたらどんなに恍惚気分か…夢想してしまう。
自分の寿命を悟っていたリパッティのラストリサイタルが収録されたこのアルバムは、彼が最後の力を振り絞った演奏の記録。このリサイタル3カ月後に夭折したピアニストが弾く、ショパンのたった1分57秒(とは思えない凝縮)を聴きながら、強いきもちの1日をはじめる。
アルバム『The Last Recital』収録。

Sunday Night

694
Title.
C’est toujours la même chanson
Artist.
Lucienne Boyer
パトリス・ルコントの恋愛映画『橋の上の娘』を観ているあいだ、この数年なんだかんだフランスには毎年行っていたなと思い返した。
フランス語の発音が好きだから、フランスの詩もよく読む。旅の道中、道端でスケッチしていて子供に囲まれたときは、フランス詩を皆に読んだりもした。もちろんへたくそだし「何言ってるかわかんない!」と多分子供たちは言ったから「だよね」と私も言って、一緒にみんなで大笑いした。映画を観始めたのは0時過ぎで、すっかり夜も深いけれど、旅の記憶の熱が冷めず、イヤホンでシャンソンを聴いた。追いフランスする。
「あなたとわたしが愛の言葉をどんなに新しい曲にしてみも、それはいつも同じ歌になるんだわ」そんなかんじかなぁと歌詞を思い浮かべる。
リュシエンヌ・ボワイエのシルクの毛布のようなこの1曲で瞼がきもちよく重たくなってきます。
アルバム『Parlez–Moi D’Amour』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


July 09, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/平松麻 vol.2

July.09 – July.15, 2021

Saturday Morning

R-8733947-1468155377-6811
Title.
Laugh Laugh Laugh
Artist.
Big Mama Thornton
「ハッハッハッハッハアーハッハッハッハッハ」ビッグ・ママ・ソーントンの気っ風のいい笑いにつられる1曲。
元気が湧いて、朝からトンカツでもコロッケでも揚げたい気分に。そういえば学生の頃実家で、朝にランプステーキを焼くのが流行ったいっときがありました。
威風堂々の巨体がドカンと放つパンチ効いた唸り声は「ビッグママ」という愛称ぴったりで、でっかいハグをしてもらいに駆け寄りたくなる。
それに、ジェンダーを軽くフッ飛ばす存在感で、ときにスラックスを履いてステージに立ち「これがわたしの音楽だ」と、自分の魂を歌でさらに迫力づけるのが素敵。
エルヴィス・プレスリーの代表曲「ハウンド・ドッグ」(1956)は、ビッグ・ママ・ソーントンのオリジナル曲(1953)だし(正直エルヴィス・プレスリーよりカッコイイ)、なんだか土壌のようなアーティストだと思うのです。
アルバム『Blues』収録。

Sunday Night

51iUAGvLstL._AC_SX466_
Title.
Hope I Don’t Fall In Love You
Artist.
Tom Waits
朝日新聞「ガリバー旅行記」(柴田元幸さん新訳)の挿絵仕事は週1連載で、たいへんでしょう、とよく声をかけていただくけれど、この仕事がとにかく奥深く愉しくしあわせ。
ひとつの文学作品をじっくり1年半抱えて生きる時間なんて経験したことがなかった。
ゲラと資料を頭に入れて、描きたいことを決めさえすれば、頭脳はもうほっぽって、音楽かけて手を動かすのみ。
トム・ウェイツを選んだら仕方ない、呑みたい。
キッチンに行って、「ラガヴーリン」をトポトポ3cmくらい注ぐ。
私も煙草くわえながら絵描いてみたいな〜 生まれ変わってシンガーになってみたいな〜 とかどうでもいいことを思いつつグングン描く。
この曲の歌詞の日本語訳をいつもかんがえる。
オジサンの素朴で孤独で可愛い隠った気持ち。
私ごとき者の解釈がグッとくる邦訳を生めるわけもなく。夜に、ほんと、いい歌。
アルバム『The Early Years Vol.2』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


July 02, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/平松麻 vol.1

July.02 – July.08, 2021

Saturday Morning

71AWYKMGpPL._AC_SY355_
Title.
レイジー・ボーンズ
Artist.
吉田日出子
オンシアター自由劇場の『上海バンスキング』をシアターコクーンで観たのは、1991年9歳のときだった。昭和10年代から日本の敗戦までの上海を舞台にして、時代に翻弄されるジャズマンたちの青春を描いた伝説的な音楽劇。
舞台空間の艶やかな危うさに、大人の高揚と寂しさが混ざっていくようすは、例えばサーカスよりも刺激的で、私は夢とうつつの境にスコンと落っこちました。
終演後のロビーでも大拍手が続き、役を終えた主演女優の吉田日出子さんに「デコ、おーいデコ、久しぶりだね、よかったよ」と声かける親がキランキランに見えたものです。わたしおとなにいつなれるの? 待てない!と思いながら。
劇中歌の「レイジー・ボーンズ」に、たまらない日本語訳をあてた大人のニクイ感性も憧れてやみません。
アルバム『上海バンスキング』収録。

Sunday Night

R-8156781-1621164758-9581
Title.
Steady Grind
Artist.
Victoria Spivey
1920年代を代表する女性ブルースシンガーのひとりヴィクトリア・スピヴィのヤンチャな歌いっぷりに痺れるのが好きだ。
YouTubeで見かけたヴィクトリアはベリーショートで、毛皮のコートを羽織って大玉のイヤリングをつけてピアノを弾き、聴衆をいちいち振り返りながら、眉毛をピクピクいたずらに動かしてウィンク。黒眼をグリンと剝きだすユーモアたっぷりの表情で「TB blues」を歌う。それを見て吹き出す愛らしい顔つきのルイ・アームストロングも映っているし、愉快にかっこいいのでぜひ検索を。
私は24時間365日自由な時間に仕事できるので、日曜といえども夜中からイヤホンでヴィクトリア・スピヴィを聴いて、よし今日は朝5時まで描くかなと決める。「Steady Grind」は、仕事場に積み重なった古本の隙間からあくびみたいな歌が聴こえるような一曲。夜の制作をあくびしながら楽しめるのです。なかなか終わらない日曜の夜。
アルバム『Complete Recorded Works In Chronological Order Volume 1 11 May 1926 To 31 October 1927』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


画家 平松麻

1982年生まれ、東京都出身。油彩画を主として展覧会での作品発表を軸に活動する。2020年6月~2021年末まで、朝日新聞夕刊連載小説、柴田元幸新訳「ガリバー旅行記」の挿絵を担当中。森岡督行『本と店主』(誠文堂新光社)、村上春樹・アンデルセン文学賞受賞の講演テキスト『MONKEY vol.11』(SWITCH PUBLISHING)、穂村弘『きっとあの人は眠っているんだよ 穂村弘の読書日記』(河出書房新社)、三品輝起『雑貨の終わり』(新潮社)など挿画も手掛ける。マッチ箱に絵を描くシリーズ「Things Once Mine かつてここにいたもの」も発表中。

Latest Issue暮らしの中の、大人のスタンダード。2021.09.18 — 880円