猪野 秀史 (INO hidefumi)ミュージシャン

宮崎県延岡市生まれ。自身の作品を発信するインディペンデントレーベル〈INNOCENT RECORD〉主宰。 フェンダーローズをメインに据えたエレガントかつ攻撃的な楽曲で10数枚の7inchレコードをリリース。 ノンプロモーションにもかかわらず、口コミで国内外からも支持を獲得し数々のクラブヒットを生み出す。 1st.アルバム『SATISFACTION』(2006年)はインディペンデントレーベルの可能性を引き出した鮮烈なデビュー作となった。また全作品のアートワーク制作や他ミュージシャンの楽曲提供、編曲など活動は多岐に渡る。自身による初のボーカルアルバム『SONG ALBUM』(2018年)は細野晴臣、林立夫、鈴木茂、 小西康陽、常磐響、沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、馬場正道らが推薦コメントを寄稿。その世界観は幅広い層の心を揺さぶりながら浸透中。2021年には新作『IN DREAMS』を発表。

innocentrecord.net

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円