「しまわない家」と「しまいたい家」、それぞれの整理整頓術。

February 26, 2022 ものをしまわずに整えるために②「DIYを趣味にする」「しまわない家」と「しまいたい家」、それぞれの整理整頓術。

整えたいのに収納が無い家と、整えるためにあらゆる収納を作った家、それぞれに収納術を学ぶこのシリーズ。今回は「しまわない家」に暮らすアートディレクターの稲数麻子さんと、会社員の髙橋智也さんの”DIY術”を紹介。条件どおりの家具は見つけにくいものだが、DIYならばイメージに近いものを手に入れられる。つまり備え付け収納がなくフリースペースが多い=好きな場所に好きな家具を作って置ける自由さがあるということ。

 

Tips 05 空きスペースには即、棚板。

2階の天井高が3mであることから、「縦には壁づけの棚を増設し放題」という発想で。無駄に作ることはないが、デッドスペースを無駄にすることもない。なんとなく壁を眺めるクセをつけて、次なる棚の位置を模索する。

階段の頭上に板を渡した棚は、唯一の壁から出っ張ったのではないスタイル。
階段の頭上に板を渡した棚は、唯一の壁から出っ張ったのではないスタイル。

Tips 06 本や雑貨が増えるたびに造作。

好きなもの、特に本、衣類、アクセサリーにスペースを惜しまない二人。それぞれが増えるごとに棚も作って増やしを繰り返し、暮らしを上手に回している。上下左右に継ぎ足すばかりか、棚の中に入れ子の棚を作ることも。

書棚の上に書棚が、書棚の中にも小さな書棚がある。継ぎはぎは丁寧に暮らしていることの証し。
書棚の上に書棚が、書棚の中にも小さな書棚がある。継ぎはぎは丁寧に暮らしていることの証し。
 

To Display しまわない家

アートディレクターの稲数麻子さんと会社員の髙橋智也さんが暮らすのは備え付けの収納がない家。壁面を活用しながら、飾ることを楽しんでいる。
To Display
アートディレクターの稲数麻子さんと会社員の髙橋智也さんが暮らすのは備え付けの収納がない家。壁面を活用しながら、飾ることを楽しんでいる。
 
収納”ゼロ”、出しておくという整え方。

コンクリート打ちっぱなしの壁に囲まれたモダンなこの家には、キッチン台の下以外に収納がない。「棚を自作、あとは出しておき、四方の壁も“収納場所”にする」という稲数麻子(いなかずあさこ)さんと髙橋智也(たかはしともや)さんの整理整頓術を習う。

 

稲数麻子 アートディレクター
髙橋智也 会社員

〈KOTO art&creative works〉を主宰、店舗ディスプレイや空間デザインを手がける稲数さんとフードテック企業に勤務する髙橋さん、愛犬Wooの2人と1匹暮らし。二人ともDIYが得意。

41.72㎡、間仕切りのないメゾネットタイプの賃貸。1階の7.5畳を寝室、2階12畳をLDKに。
41.72㎡、間仕切りのないメゾネットタイプの賃貸。1階の7.5畳を寝室、2階12畳をLDKに。

photo : Yuya Shimahara illustration : Shinji Abe (karera) edit & text : Koba.A

【他の記事はこちら】

Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円