「しまわない家」と「しまいたい家」、それぞれの整理整頓術。

March 05, 2022 徹底的に収納して整えるために①「DKでは好きなものと必要な量を見極める」「しまわない家」と「しまいたい家」、それぞれの整理整頓術。

整えたいのに収納が無い家と、整えるためにあらゆる収納を作った家、それぞれに収納術を学ぶこのシリーズ。今回はブランドディレクターの山内朋子さんと山内達詞さんの暮らす「しまいたい家」の、”持ち物と収納の見直し方”を紹介。仕事柄、いいものをよく知る二人。これまでも安易にモノを増やすことはなかったが、あらためて「必要かどうか」の視点で持ち物を見直し、断捨離を敢行してから入居した。だから家の中心、DKにはスタメンしかない。

 

Tips 21 モノを起点に造作をオーダー。

家電はメーカーと型番まで決めてしまったくらい、徹底して「必要なもの」「使い勝手がいいもの」と、「好きなもの」を絞り込んだ。あとはそれらをしまう場所だけ。「それですべてサイズを測り、専用棚をしつらえました」
 

棚の中の仕分けには〈無印良品〉の収納ボックスを使って。白で揃えてすっきり仕分けている。
棚の中の仕分けには〈無印良品〉の収納ボックスを使って。白で揃えてすっきり仕分けている。
オーブン、トースター、炊飯器の居場所は黒。機能重視のこのチームをすっきりまとめる。
オーブン、トースター、炊飯器の居場所は黒。機能重視のこのチームをすっきりまとめる。
「2階DKの中央、柱のような見た目の収納棚です。開いた扉を両サイドにしまえるんですよ」
「2階DKの中央、柱のような見た目の収納棚です。開いた扉を両サイドにしまえるんですよ」

Tips 22 空き箱を上手に活用。

頂き物などをしたときのきれいな空き箱はリサイクル。「使い道がないのに取っておくことはしませんが、捨ててしまう前に一考」。棚や引き出しの空きスペースに入り、収めたいものとサイズが合うようなら、活用。
 

キャビネットの引き出しの上から3段目は左に長めの、右に丸いもの。箱を使えば散らばらない。
キャビネットの引き出しの上から3段目は左に長めの、右に丸いもの。箱を使えば散らばらない。
割れ物は各々専用の箱にしまうと場所を取るが、布を纏わせてひと箱にまとめてしまうのも一案。
割れ物は各々専用の箱にしまうと場所を取るが、布を纏わせてひと箱にまとめてしまうのも一案。

Tips 23 日用品はキャビネットに入る分。

DKはついモノで溢れさせてしまいがち。それを避けたくて収納場所を限定した。「日々使うものを、当座使う分だけしまうキャビネットをオーダーしました」。そこに入らないモノは不要という決意で、日々モノを厳選。
 

唯一の外置き収納は、入れるものと量を決めて〈木工ふくなり〉にオーダーしたキャビネット。
唯一の外置き収納は、入れるものと量を決めて〈木工ふくなり〉にオーダーしたキャビネット。
唯一の外置き収納は、入れるものと量を決めて〈木工ふくなり〉にオーダーしたキャビネット。

Tips 24 あえて余白をもつ。

すべてしまうからといって、ぎゅうぎゅうにつめ込むことも、ぴったり並べることもしない。自然とできた余白も埋めようとは思わない。「余白はモノを余らせていない証しです。いずれ別のことに活用もできますし」

冷蔵庫を置くのに必要なわずかなすき間は、エプロンやタイマーの収納場所に。
冷蔵庫を置くのに必要なわずかなすき間は、エプロンやタイマーの収納場所に。

Tips 25 使うとき以外は棚の中。

きっとふつうなら出しておく、あるいは出しっぱなしのほうが便利というものも、「使い終わったらしまう」を面倒くさがらない二人。愛犬2匹のための食事セットも食べるとき以外はキャビネットの中に。

エサも毎朝その日に食べる分だけを保存容器に入れてストック。大袋は、別の棚の決まった場所に。
エサも毎朝その日に食べる分だけを保存容器に入れてストック。大袋は、別の棚の決まった場所に。

Tips 26 強すぎる光はしまう。

集光効率を考え、天井の中ほどの窓から光を取り込むことが多いトップライト。この家では天井の両端をガラス面にした仕様で、光はその細窓からふんわり差す分だけ。「私たちには控えめな明るさがちょうどいいんです」

「トップライトならたとえ雲が多い日でも、光の移ろいをじゅうぶんに感じられます」
「トップライトならたとえ雲が多い日でも、光の移ろいをじゅうぶんに感じられます」

Tips 27 ストックはしない派。

「いまどきの考え方に反しているかもしれませんが……、予備のものを置いておくことはしません。なくなりそうになって初めて買いに行く。食品でも調味料でもトイレットペーパーでもシャンプーでも同様です」

流行りの”真ん中冷凍室”でもない。下段のコンパクトな冷凍室には作り置きもなし。
流行りの”真ん中冷凍室”でもない。下段のコンパクトな冷凍室には作り置きもなし。
 

To Hide しまいたい家

設計段階で「しまう」ことを前提としていたというブランドディレクターの山内朋子さんと山内達詞さんの家。出ていていいのはとっておきだけ。
To Hide
設計段階で「しまう」ことを前提としていたというブランドディレクターの山内朋子さんと山内達詞さんの家。出ていていいのはとっておきだけ。
 
しまえるように建てた家での整え方。

山内朋子(やまうちともこ)さんと山内達詞(やまうちたつし)さん夫婦の家はごく限られたもの以外、すべてしまわれている。なぜなら収納するためのスペースを確保するよう設計して建てた家だから。徹底して出さないでおく、整理整頓術を聞く。

 

山内朋子 ブランドディレクター
山内達詞 ブランドディレクター

ともにアパレルメーカーに勤務後、二人で国産の上質な生地を使用したストールブランド〈THROW〉をスタートさせる。2月1日にパリ発のペット用品ブランド〈SO CHIC〉をローンチ予定。

バスルームを1.5階に配した3層構造。衣類も器も家電も階段すらも専用の収納場所を持つ。
バスルームを1.5階に配した3層構造。衣類も器も家電も階段すらも専用の収納場所を持つ。

photo : Yuya Shimahara illustration : Shinji Abe (karera) edit & text : Koba.A

【他の記事はこちら】

Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円