「しまわない家」と「しまいたい家」、それぞれの整理整頓術。

March 03, 2022 ものをしまわずに整えるために⑦「日差しを愛でる」「しまわない家」と「しまいたい家」、それぞれの整理整頓術。

整えたいのに収納が無い家と、整えるためにあらゆる収納を作った家、それぞれに収納術を学ぶこのシリーズ。今回はアートディレクターの稲数麻子さんと、会社員の髙橋智也さんが暮らす「しまわない家」の、”日当たりとの付き合い方”を紹介。窓は南側にしかないが、さいわいその窓は大きく、日当たりも良好。陽光を受けて室内の植物はずいぶんと高くなった。心が落ち着かないときには、窓向きに置いたデスクについて。光は暮らしの循環を促してくれる。

 

Tips 17 光を遮らないレイアウト。

本棚も作る段階で窓を覆わない算段をつけた。日中差し込む光が窓とは反対側のキッチンや1階まで届くよう、光の通り道にじゃまになるものも置いていない。「場の持つ”気”に敏感な夫が窓辺でお香をたくことも」

 
午前中の光には透明感があって、その時間帯は室内のトーンがほんの少しだけ白に転ぶ。
午前中の光には透明感があって、その時間帯は室内のトーンがほんの少しだけ白に転ぶ。

Tips 18 窓辺のバスルームは白。

「シンプルなところはシンプルに、装飾的なところは装飾的に。しまわない家だからこそ、緩急をつけています」。それで1階のバスルームはシンプルに。モノを増やさず、白さと窓からの光を損なわないようにして整える。

 
バスルームの白には、心置きなくリラックスして過ごせるやわらかさがある。
バスルームの白には、心置きなくリラックスして過ごせるやわらかさがある。
 

To Display しまわない家

アートディレクターの稲数麻子さんと会社員の髙橋智也さんが暮らすのは備え付けの収納がない家。壁面を活用しながら、飾ることを楽しんでいる。
To Display
アートディレクターの稲数麻子さんと会社員の髙橋智也さんが暮らすのは備え付けの収納がない家。壁面を活用しながら、飾ることを楽しんでいる。
 
収納”ゼロ”、出しておくという整え方。

コンクリート打ちっぱなしの壁に囲まれたモダンなこの家には、キッチン台の下以外に収納がない。「棚を自作、あとは出しておき、四方の壁も“収納場所”にする」という稲数麻子(いなかずあさこ)さんと髙橋智也(たかはしともや)さんの整理整頓術を習う。

 

稲数麻子 アートディレクター
髙橋智也 会社員

〈KOTO art&creative works〉を主宰、店舗ディスプレイや空間デザインを手がける稲数さんとフードテック企業に勤務する髙橋さん、愛犬Wooの2人と1匹暮らし。二人ともDIYが得意。

41.72㎡、間仕切りのないメゾネットタイプの賃貸。1階の7.5畳を寝室、2階12畳をLDKに。
41.72㎡、間仕切りのないメゾネットタイプの賃貸。1階の7.5畳を寝室、2階12畳をLDKに。

photo : Yuya Shimahara illustration : Shinji Abe (karera) edit & text : Koba.A

【他の記事はこちら】

Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円