あの人が大切にしている、暮らしの本。

詩人・菅原 敏さんが大切にしている、料理の本。『酒味酒菜』August 11, 2023

菅原敏_酒味酒菜_野バラの花はヤマアヤメの紫などと一緒にサンドウィッチにしてたべたし、クチナシはウイスキーのつまみにした。

まるで実験のように、色を添えてみる楽しさ。

居酒屋やバーを経営し、自作の酒の肴を出していた詩人・草野心平が1977年に記した食随筆。彼はかなり冒険心溢れる料理を作っていて、詩のタイトルを決めるように、メニューを名付けているのも面白い。ペンを取るように包丁を握る人なんでしょうね。庭に咲いている花びらをむしって味を確かめてみたり、オオサンショウウオの子を捕まえて口に入れてみたり、まずは自らの舌で確かめるという、飽くなき食への探求心。初めて「花びらの味」の一節を読んだとき、目の前に鮮やかな色彩が浮かび、ふわっとページの上が香るような気がしたんです。他にも、たらこのディップに抹茶をのせてみたりと、色彩豊かな食卓の印象が強く残っていて、料理の仕上げに色を添える楽しみを教えてもらいました。

Sugawara-books

『酒味酒菜』 著 草野心平 (中公文庫)

Bin Sugawara

菅原 敏 Bin Sugawara
詩人。近著に『季節を脱いで ふたりは潜る』(雷鳥社)。菅原敏×IBEによる詩の展示『頁の海に潜る』を9月に尾道のホテル『LOG』で、10月に西麻布『GALLERYMERROW』にて開催予定。東京藝術大学ゲスト講師。

illustration : Shapre

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円