土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/角銅真実 vol.4 | Article | & Premium (アンド プレミアム)

Music

November 26, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/角銅真実 vol.4

November.26 – December.02, 2021

Saturday Morning

ab67616d0000b273952e03315a6530b0030de545
Title.
Todo O Sentimento
Artist.
Virginia Rodrigues
11月最後の週の朝は、静かに自分との時間をすごす朝 ヴィルジニア・ホドリゲスの「Todo O Sentimento」を選びました。
彼女の歌声はまるで人ではないみたい。どこから鳴っているのかすぐには想像できないなんとも不思議な響きがします。お祈りをするための大きな空洞、私にとってはそんなスペースを与えてくれる声です。
ブラジル・バイーア州の州都、サルヴァドールに生まれ、教会で歌っていたところを偶然カエターノ・ヴェローゾに見いだされたという彼女。祈りと歌と共に生きる生活が歌声を形作っていったのでしょうか。
歌とピアノだけで紡がれてゆくこのアルバムを聴くと、彼女の心が形や温度を持ちふるふると震えているのを感じます。それは同時に、私自身の心のありかを感じる時間でもあります。
アルバム『Recomeço』収録。

Sunday Night

164294895
Title.
Night Cultivation
Artist.
yatchi
yatchiのピアノの柔らかくて繊細なタッチに耳を傾けていると、聴覚と触覚の垣根が溶けてなくなっていくような感じがして、生まれたての赤ちゃんみたいな気持ちになります。
いつも自然に目を瞑って聴いてしまうこのアルバムは、たまにやってくる眠れない夜の日の相棒でもあります。
寝るのを諦めて温かい飲み物と共にこの曲と過ごす時間は、安心なシェルターの中にいるよう。心をゆるめ、今ここに居ることをただ受け入れてくれる時間の膜になって私を包んでくれます。

アルバム『Night Cultivation』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


音楽家、打楽器奏者 角銅真実

長崎県生まれ。マリンバをはじめとする様々な打楽器、自身の声、言葉、身の回りのものを用いて、自由な表現活動を展開している。自身のソロ以外にバンドceroをはじめ様々なアーティストのライブサポート、レコーディングに携わるほか、映画、舞台、ダンスやインスタレーション作品への楽曲提供、音楽制作を行っている。2020年1月、初めて「うた」にフォーカスしたアルバム『oar』(ユニバーサルミュージック)を発表。 Profile photo : Tatsuya Hirota
Latest Issue静かに過ごす時間が、必要です。2021.11.19 — 880円