& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

ミュージシャン cero


July 28, 2017 今月の選曲家 cero

July.28 – August.03, 2017

Saturday Morning

41E6F0YEW1L
Title.
シルヴィアを聴きながら
Artist.
Ahh! Folly Jet
土曜の朝とは金曜の夜の続きである。は? 何? とんち? と言うなかれ。週末のパーティーのことです、オール明けの。もう何年前だろう、江ノ島の海沿い、ビル4階にある『オッパーラ』というクラブ(兼カフェ兼ライブハウス)でVIDEOTAPEMUSICの企画があった。覚えているのは、音楽ライターであり、ワルい先輩であり、友達でもある磯部涼がDJでいた。その日彼はテキーラのショットをバーカウンターの周辺にいる人にやたら奢ってくれた。朝になってソファで寝落ちした客が日に照らされる頃、磯部さんのDJが始まる。1曲目。あ、「シルヴィアを聴きながら」だ、と思う間もなくイントロのドラムブレイクがループされる。泥酔した磯部さんはなぜかターンテーブルを見て不思議そうな、赤ん坊のような顔をしている。やがてループが解かれ、シンセベースのベンドダウンを合図に、ホーンが入る。そしてテキーラでグワングワンになった頭がハイになる。フロアで踊っているのは数人。忘れがたい瞬間。これを聞かずにネオシティポップとか渋谷系リヴァイバルとか言って喜んでるヤツは、優しく言ってあげるが、まあ残念過ぎるね。(荒内佑)
アルバム『Abandoned Songs From The Limbo』収録。

Sunday Night

a3187358036_5
Title.
Rooftop
Artist.
Jordan Rakei
30歳を過ぎて変わったこと。例えば①ある日突然フェルメールが好きになった。日当りの悪い我が家に射し込む光はフェルメールの“あの画面”をたまに思い出させる。②10年以上なんとも思ってなかった曲に感動した。テレビを見ていたら復帰した絢香さんが「三日月」を歌っていて、曲のテーマである遠距離恋愛と楽曲構造が似ていることに気付いたのだ。③苦手だった魚介類がだいたい食えるようになった。そして④こういう渋くて美しいソウルナンバーが骨身に沁みるようになった。総括すると⑤「淡いもの」の良さが分かるようになった。結論→窓から射し込むフェルメールの光、月と魚、をこの曲は強く想起させる。つまり三十路以降の趣味が全てある。そしてこれらの要素がハマるのは日曜の夜しかないと言えるだろう。理由は聞かないで欲しい。(荒内佑)
アルバム『Cloak』収録。

July 21, 2017 今月の選曲家 cero

July.21 – July.27, 2017

Saturday Morning

a1774367281_10
Title.
White Gloves
Artist.
Khruangbin
何年か前、鍼治療を受けていた時のこと。数本の針が僕の頭部に突き立てられ、それらを通してこれから頭皮に電流が流されるという。恐ろしかったが、ひとたび電流が流されると、その快楽に一気に酔いしれてしまった。身体から力が抜けていく反面、意識はどんどん拡張していく感じ。「メロウ・ハイ」という言葉が突然浮かんできて、なるほどこれが今の自分の状態を形容する言葉なんだ、と独りごちた。それからというもの、アノ感覚が蘇るとやたらと「メロウ・ハイだね」と口にするようになってしまった。クルアンビンの音楽を聴くときはいつも心のなかで「メロウ・ハイだな〜」と呟いちゃってる自分がいる。(髙城晶平)
アルバム『The Universe Smiles Upon You』収録。

Sunday Night

MI0004102204
Title.
Snare, Girl
Artist.
Nels Cline
ウィルコのメンバーとしても活動するギタリスト、ネルス・クラインによるムードミュージックプロジェクト。管弦楽の大編成ではあるけど、派手さはなく粋です。ツアーで車移動の時によく聴いていたからか、風景との親和性が高い音楽という印象もある。このあいだムードマンが、ダンスミュージック / ムードミュージックは、判断基準が聴く側の能動性に委ねられてる音楽、というようなことを話していた。この作品を聴いていると、ムードマンの言っていたことがよくわかるような気がする。僕も頭や身体を動かす余地のある音楽をやりたいものです。(髙城晶平)
アルバム『Lovers』収録。

July 14, 2017 今月の選曲家 cero

July.14 – July.20, 2017

Saturday Morning

512gh4bDE8L._SS500
Title.
I Do Like To Be Beside The Seaside
Artist.
Reginald Dixon
小学生の頃、馬が好きで休みの日は朝から一人で府中の競馬場に出かけていた。馬券も買えないので、ひたすら馬の写真を撮り、後日その写真を見本にして馬の絵を描くことにハマっていた。競馬場のフードが遊園地以上に充実していることとか、コースの真ん中にある公園や芝生の広場がけっこうくつろげることとか色々知ったけれども、思い出すのはレース前のファンファーレが流れる時間がドキドキするものだったなということ。音楽というよりはこういった状況が僕は好きなようで、高校野球のブラスバンドの応援とかも、その光景にグッときてしまう。“ある瞬間”のために寄せられた祈りのようなものとして。沢山の楽器で奏でられるファンファーレ音楽(勝手に命名)を、レジナルド・ ディクソンはオルガン一台で奏でる。ファンファーレ音楽の生み出すワクワク感、そしてオルガンの音色が奏でる爽快感は土曜の朝にわりと合うのではないでしょうか。(橋本翼)
アルバム『I Do Like To Be Beside The Seaside』収録。

Sunday Night

MI0002425415
Title.
Alicate
Artist.
Hermeto Pascoal
ここ数年、まとまった時間を見つけてはアジアを中心に海外旅行に出かけるようになった。アジアの混沌とした街並みにブラジルのエルメート・パスコアールの音楽がよく合うのを発見したのも最近のことだった。ある旅行の帰り道、トランジットのために降りた中国の空港で濃霧のためフライトがキャンセルとなり、足止めを食らったことがあった。数時間待ってもフライトの目処が立たないため、航空会社が用意してくれたホテルで連絡を待つことになった。滞在した街は土地勘もなく、濃霧で50m先の景色も見えない、出会う人には片言の英語も通じない。ホテルでじっとフライトの連絡を待つのみだった(中国はSNSも一切つながらない)。フライトの可能性が生まれるたびに昼夜問わず部屋のベルが鳴り、ロビーに集合して空港に向かう。そこから数時間待つも、やはり悪天候のためフライト中止となりホテルに帰る、そんな状態が2〜3日続いた。そろそろ日本に帰らないと仕事に間に合わなくなる。追い込まれてきた日曜の夕方、ふたたび空港内で数時間待つもまた中止になりそうな雰囲気の中、何がどうなったのかわからないけど急遽フライトが可能になった。外はまだ霧が凄いんだけど、とにもかくにも日本に帰れる。不安感や安堵感に包まれながらの数時間のフライトを経て、窓から見えた日本の夜に灯る明かりはこの曲の0:31〜のようだった。日曜の夜はどこか憂うつな時間だと思っていたけれど、幸せな時間でもあるんだなと思った。心持ちが変わったとき、エルメートはまた新たな景色を見せてくれる。(橋本翼)
アルバム『Blazilian Adventure』収録。

July 07, 2017 今月の選曲家 cero

July.07 – July.13, 2017

Saturday Morning

82978570
Title.
Floja Memoria
Artist.
Aca Seca Trio + Diego Schissi Quinteto
昔テレビで「おすぎとピーコ」のおすぎが「雨が降っている休みの日は朝からシャンソンを聴くの。シャンパンを飲みながら」と言っていた。繊細な中学生だった僕が何故かそこに感じ取ったのは胡散臭さやミーハー心ではなくて、マジもんのデカダンスだった。休みの日、朝起きて雨が降っているといつもおすぎの青い憂鬱を思い出す。しかし、その話とは別に関係なく、こないだ雨が降る土曜の朝に聴いたこの曲は本当に素晴らしかった。アルゼンチンのフォルクローレの代表格と、ポスト・タンゴの奇才によるジョイントライヴ盤。ブエノスアイレスにも梅雨ってあるんだろうか。街に降る雨の匂いはどんなだろう。台風は来るのだろうか。暴風雨の中でこんな音楽を聴いたらどんなに素敵だろう。(荒内佑)
アルバム『hermanos』収録。

Sunday Night

Theres-No-Place
Title.
So In Love
Artist.
Curtis Mayfield
世の通説でイマイチ理解できないのが「街でイチャつくカップルがウザい」ってやつで、まぁ嫌がる人に無理に好きになれとは言わないけれど、僕は好きです。キスしたりハグしたりってライトなのも、おっ始まるんじゃねぇのコレ、ってディープなのも。そんな週末を一緒に過ごしたカップルが日曜の夜にですね、駅のホームかなんかで名残惜しそうに手指を絡ませたりしてるのを見ると、こう、純粋に、良いわ~と思う。そんで別々の家に帰り、恋人にメールをする前にこの曲を聴いたら良い。その方がずっと愛に燃えるだろう。(荒内佑)
アルバム『There’s No Place Like America Today』収録。

ミュージシャン cero

髙城晶平(Vo、Gu、Flu)、荒内佑(Key)、橋本翼(Gu)。Contemporary Exotica Rock Orchestra 略して「cero」(セロ)として、2010年にデビューを果たす。全員が楽曲を制作するオルタナティブなスタイルと楽曲の嗜好性の幅広さ、ライブ活動が多くのリスナーに支持されている。
http://cero-web.jp/