堀内隆志 – 「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」マスター、ロースター | & Premium (アンド プレミアム)

「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」マスター、ロースター 堀内隆志


August 27, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/堀内隆志 vol.4

August.27 – September.02, 2021

Saturday Morning

500x500bb
Title.
Fazenda Cena
Artist.
Marisa Monte
去年に引き続き、今年も自由に外出をして夏を満喫することはできませんでしたが、その代わり自宅で音楽を聴く時間が増えました。この夏に一番聴いていたのがマリーザ・モンチの『ポルタス』。約10年ぶりのスタジオ録音作品ということで今か今かと配信日を楽しみにいました。まず目に飛び込んできたのが圧倒的なジャケット。鮮やかな色彩で描かれたブラジルの歌う女神。これはリオを拠点にしている現代画家マルセラ・カントゥアリアによるもの。アルバムはこれまでのマリーザの歩みを回顧できるような雰囲気がある曲がずらりと並び想像以上の傑作でした。その中で土曜の朝に聴くなら「ファゼンダ・セーナ」を選曲します。流れるような3拍子の美しいメロディと歌声。この曲を聴く度に2021年の夏を思い出すことでしょう。
アルバム『Portas』収録。

Sunday Night

486x486bb
Title.
With No One Else Around
Artist.
Silvia Machete
これまであまり意識してこなかったことで最近気付いたのですが、日曜の夜に聴きたくなる音楽がベッドルーム・ポップというジャンルに位置付けされている曲が多かったのです。このリオデジャネイロ出身のシルヴィア・マシェッチも、その一人でした。元々サーカスやストリート・パフォーマーとしてフランスでキャリアをスタートして、アメリカに渡り芸を磨き、ブラジルに戻ってから音楽活動を始めたというユニークな経歴を持つアーティスト。この「ウィズ・ノー・ワン・エルス・アラウンド」はブラジリアンソウルの父チン・マイアが70年代に歌った曲で、イントロのリズムの拍から見事に世界観に持っていかれます。どこか懐かしくもあり心地良いドリーミーなところが気に入ってます。
アルバム『Rhonda』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


August 20, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/堀内隆志 vol.3

August.20 – August.26, 2021

Saturday Morning

486x486bb
Title.
Sunrise
Artist.
Debi Nova
コーヒー豆の買い付けのために生産国に出かけるようになってから、現地の音楽に興味を持つようになりました。音楽に触れるチャンスは農園と農園を巡る移動中の車内で流れるFMかレストランのBGM。スマホのアプリを駆使して気になった音楽をチェックするのは、コーヒーとの出合いと同じくらいワクワクします。嫌気性発酵というここ数年で注目を集めている精製方法の豆を求めコスタリカへ行ったのは2年前の春。首都のサンホセからタラスへ向かう車中で耳にしたのが、コスタリカ出身のデビ・ノヴァの歌声でした。その翌年にリリースしたアルバムに収録されている「サンライズ」は、キラキラした太陽の光とそこら中から聞こえてくるさまざまな種類の鳥の鳴き声が響くコスタリカの朝を思い出させてくれます。
アルバム『3:33』収録。

Sunday Night

120_SMEIG0100041747931
Title.
Cucurrucucú Paloma
Artist.
Gaby Moreno
年間通して温暖な常春の国グアテマラは人気の高いコーヒー生産国です。3年前に訪れた時に、もっとも印象深かったのがコロニアル様式の街並みが残るアンティグア。郷土料理を出すレストランで流れていたのがグアテマラを代表する歌手ギャビー・モレーノのヒット曲でした。最近ではヴァン・ダイク・パークスとのコラボも話題となりましたが、日曜の夜にしみじみ味わいたいのは、この曲です。カエターノ・ヴェローゾが映画『トーク・トゥ・ハー』の中で歌ったことでも知られる「ククルクク・パロマ」。元々は1954年にメキシコで作られた曲でした。ギャビーの歌うこのヴァージョンは、グアテマラのコーヒーのような花の香りと上品な味わい、長く続く余韻が特徴です。
シングル「Cucurrucucú Paloma」収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


August 13, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/堀内隆志 vol.2

August.13 – August.19, 2021

Saturday Morning

91DDd54Q7lL._SS500_
Title.
Mais Do Que Eu Sei Falar
Artist.
Pluma
転調する曲が好きで、テンポが変わるアノ瞬間のドキドキ感というのがたまらないですね。マルコス・ヴァーリの「ナォン・ポーヂ・セール」という曲が長らく自分内転調曲ベスト10では上位に君臨していたのですが、昨年その座を奪い取った楽曲がありました。そのマルコスからも影響を受けたというサンパウロの若手4人組プルーマの「マイス・ド・キ・エウ・セイ・ファラール」です。1曲の中にジャズ、MPB( ブラジルのポピュラー音楽)、サイケロックという要素が盛り込まれ、ブラジル音楽特有のサウダーヂという郷愁感が楽曲を包み込んでいます。まだシングルとEPをリリースしたばかりですが、今後の活動を一番期待しているグループです。
EP『Mais Do Que Eu Sei Falar』収録。

Sunday Night

ab67616d0000b2730d5fdc4e46e4ceb4bac9f6e8
Title.
Praia
Artist.
Sara Serpa
鎌倉や逗子、葉山の海岸で過ごす夜のひとときが好きです。裸足で歩くのにちょうどいい温度になった砂浜を歩いて適当にゴロンと横になり、月あかりに照らされた海と遠くに見える夜景を眺め、海からの夜風にあたっているだけで都会では味わえない贅沢な気分になります。コロナ禍になってから2回目の夏。好きだったことも今は我慢していますが、夜のビーチで聴きたい音楽は今年も変わらずリプレイ。ポルトガル出身でリスボンとNYを行き来しながら活動しているジャズ歌手サラ・セルパの「プライア」。静かな曲ながら表情豊かに全編スキャットを聴かせてくれます。プライアとはポルトガル語で浜辺という意味。来年はゴロンしたいですね。
アルバム『Sara Serpa』に収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


August 06, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/堀内隆志 vol.1

August.06 – August.12, 2021

Saturday Morning

1200x1200bf-60
Title.
Lovely Day
Artist.
Stéphane San Juan & Sambacool
デヴィッド・バーンとスパイク・リーがタッグを組んだ映画『アメリカン・ユートピア』は、コロナ禍の窮屈な状況にあって音楽やポップアートの素晴らしさを再確認でき、観ている自分たちも勇気をもらえた傑作でした。バンドメンバーの一人でNY在住フランス人のステファン・サンファンはリオデジャネイロに住んでいたこともあり、彼の音楽性にはブラジル音楽のエッセンスがかなり色濃く反映されています。そんな彼が率いるサンバクールは1960年代中頃にブラジルで全盛期を誇っていたサンバとジャズを融合させたサンバジャズのスタイル。ソウルの有名曲「ラブリー・デイ」を、生き生きと気持ちの良いグルーヴ感でカヴァーしています。「さぁやるぞ」という気分にさせてくれる夏の土曜の朝に聴きたくなります。
アルバム『Stéphane San Juan & Sambacool 』収録。

Sunday Night

600x600bf-60
Title.
Tempo Pra Amar

Artist.
Mahmundi
予想以上に日焼けをしてしまって赤く熱を持った身体にローションを塗りながら、ちょっと後悔してしまう夏の日曜の夜アルアル。火照った心もクールダウンしたいときに聴きたくなるのがブラジルのリオデジャネイロを拠点に活動をしている歌手マームンヂのハスキーで気だるい歌声と沁みるメロディーが見事にハマっている「テンポ・プラ・アマール」。曲名を日本語訳すると愛すべき時間。そんな少しの後悔も短い夏が終わってしまえば愛おしくなるものです。あんなに待ち遠しかったのに、いざ来てしまうと「暑い暑い、早く涼しくならないか」と言われてしまって少し気の毒な季節ではありますが、終わってしまうと寂しくなるのも夏特有ですね。今年は程々に夏を楽しんでいます。
アルバム『Para Dias Ruins』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」マスター、ロースター 堀内隆志

鎌倉の「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」のマスター兼ロースター。カフェ業の傍ら、ブラジル音楽関連のコンピレーションの選曲や監修、ラジオ番組でトーク。趣味はコーヒーミル集めとプロレス観戦。著書に『コーヒーと雑貨と音楽と』(NHK出版)、『コーヒーを楽しむ。』(主婦と生活社)等。選曲したアルバムは50枚以上あり、ランブリングレコーズよりリリースされている『鎌倉のカフェから』シリーズはロングセラーを続けている。またFMヨコハマ日曜朝の『SHONAN, by the Sea』でCOFFEE&MUSICというコーナーを2016年より担当。コーヒー淹れて、焙煎して、選曲して、喋っているマスター。

Latest Issue暮らしの中の、大人のスタンダード。2021.09.18 — 880円