食いしん坊 32人がそっと取り寄せている、全国の名品。

エッセイスト・大平一枝さんのお取り寄せ。:食いしん坊32人がそっと取り寄せている、全国の名品。25January 30, 2023

2020年12月20日発売の本誌特集は『真似をしたくなる、お取り寄せ』。北は北海道から、南は沖縄まで。日本各地には、真摯においしいものを作り、全国へ届けてくれる作り手がたくさん。地方からもお取り寄せを楽しんでいる食いしん坊32人に聞いた、とっておきの逸品を毎日1人ずつ紹介していきます。

エッセイスト・大平一枝さんのお取り寄せ。<i>食いしん坊32人がそっと取り寄せている、全国の名品。14</i>毎週、隔週、月1の定期購入。着日は水・土曜のみ。9〜10品目がおまかせで届く。有機野菜セットA¥2,080〜2,380 (送料込み) 。<a href="https://www.horiguchifarm.com">www.horiguchifarm.com</a>
毎週、隔週、月1の定期購入。着日は水・土曜のみ。9〜10品目がおまかせで届く。有機野菜セットA¥2,080〜2,380(送料込み)。www.horiguchifarm.com

茨城県『ほりぐち農園』の野菜

筑波山の麓で、ご夫婦で土にまみれながら手をかけて野菜を育てる『ほりぐち農園』との出合いは取材がきっかけ。「キュウリって、小松菜って、こういう味だよな」という思い込みをいい意味で覆され、以来15年間お取り寄せしています。季節ごとに届く旬の野菜はみずみずしく、濃い味で、余計な調理なんていりません。野菜の質はもちろん、丁寧な梱包の仕方、同封のお便りから伝わるご夫婦の人柄にも魅了されています。

PROFILE

大平一枝
Kazue Ohdaira

おおだいら・かずえ/大量生産・大量消費の社会からこぼれ落ちるもの・こと・価値観をテーマに執筆を行う。近著に『それでも食べて生きてゆく 東京の台所』(毎日新聞出版)。

大平一枝

photo : Kazue Ohdaira illustration : Asami Hattori text:Yuriko Kobayashi

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円