小林エリカの文房具トラベラー

カレンダー小林エリカの文房具トラベラーvol.25February 15, 2022

小林エリカ 文房具トラベラー

 かつて私がまだ幼かった頃、我が家のトイレには毎年、誰が買っていたのか必ず『御教訓カレンダー』(←教訓パロディーがテンコ盛りになっている品です)が掲げられていて、三日坊主めくり形式でカレンダーを捲っては笑い転げるのが楽しみだった。
 ところで、実家ってなんでトイレにカレンダーが貼ってあるのでしょう(時折更にそこに世界地図や国旗が加わる)!? それ台所とかリビングで良いのでは、と疑問が湧かなくもないのですが、トイレの時間さえ無駄にしない向学心の表れなのか!?
 しかし友人の家や、居酒屋を訪れ、そのトイレにカレンダーを見つけた時の奇妙な安心感、それが私は結構嫌いじゃない。貼られているカレンダーは大概、世界遺産とか、可愛い猫ちゃんだったりして(居酒屋だと時折更にそこにピースボート世界一周ポスターが加わる)それもまた和む。
 というわけで、ゆく年くる年、新年に向けてカレンダーの準備は欠かせない。実家を出て以降、私は未だトイレにカレンダーを設置したことはないのだが、いつその境地へ足を踏み出すべきか。

左/デンマーク〈HAY〉のカレンダーは1日ずつ切り取り式。中/アーティスト平山昌尚(HIMAA)さんのカレンダー。2222年までとっておきましょう。右/HALF-LIFEカレンダー作りました。放射性ラジウムの半減期1601年をカウントダウンできます。1601枚のナンバリング入り。〈アーツ前橋〉の展示で配布中。
左/デンマーク〈HAY〉のカレンダーは1日ずつ切り取り式。中/アーティスト平山昌尚(HIMAA)さんのカレンダー。2222年までとっておきましょう。右/HALF-LIFEカレンダー作りました。放射性ラジウムの半減期1601年をカウントダウンできます。1601枚のナンバリング入り。〈アーツ前橋〉の展示で配布中(2015年時)。

edit : Kisae Nomura
※この記事は、No.26 2016年 2月号「&STATIONERY」に掲載されたものです。


作家・マンガ家 小林 エリカ

シャーロック・ホームズ翻訳家の父と練馬区ヴィクトリア町育ちの四姉妹を描いた『最後の挨拶 His Last Bow』(講談社)発売中。2021年夏、はじめての絵本『わたしは しなない おんなのこ』(岩崎書店)が発売。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円