松山 誠 – 「花のクロノジスト」 | & Premium (アンド プレミアム)

「花のクロノジスト」 松山 誠


May 08, 2022 辛いとき、大変なときこそ 心を穏やかにしてくれる花を。「花を贈る」ということ。Send Flowers

2022年4月20日発売の『&Premium』の特集は「花を飾る、緑と暮らす」。「花を贈る」ことは、自分の気持ちをスムーズに相手に伝えやすくなり、ともすれば言葉以上に雄弁に、その場の雰囲気を一変するような演出をしてくれます。そこで、花の文化に詳しい松山誠さんに、世界中の花を贈るカルチャーについて教えていただきました。

辛いとき、大変なときこそ 心を穏やかにしてくれる花を。松山誠「花を贈る」ということ。Send Flowers

 戦争や震災、人々が困難に直面しているときだからこそ、花を贈ろうとする考えがある。
「例えば、第二次世界大戦が起きたとき、当時駐日アメリカ大使だったジョセフ・C・グルーとその妻は、日本軍による真珠湾攻撃により、大使館に閉じ込められてしまいましたが、多くの日本人の友人から毎日のように食料だけでなく花束が届けられ、心が救われたということを著書に残しています。最近では、ウクライナからポーランドに避難してきた人たちにチューリップの花束を贈るボランティアがいます。一方、関東大震災やサンフランシスコ地震の後も、実は花の需要がものすごく増え、たくさん売れました。東日本大震災のときには、多くの花関係者が避難所に花を贈るということもありました。花は今ある生活を豊かにするだけでなく、苦しいことを忘れさせたり、心を穏やかにしてくれたりするものでもあります。毎日はいらないかもしれないけれど、人生には必要なもの。辛いときこそ花を贈ったり、贈られたりすることで、人々を支えることができ、また自分自身が困難な状況に陥ったときもきっと救ってもらえるはずです」(松山さん)

 
 
 

松山 誠 Makoto Matsuyama

国立科学博物館後援会に勤務後、花の世界へ。生産者、仲卸、花店などで勤務。現在はフリーランスのフローリストで花と園芸の歴史研究、編集、執筆に携わる。花業界の生きた歴史を調査する「花のクロノジスト」として活動中。

 
掲載号はこちら

illustration : Yoshifumi Takeda text : Chizuru Atsuta


May 07, 2022 ユニークな花贈りカルチャー、 ベルギー発の"ロンリーブーケ"。「花を贈る」ということ。Send Flowers

2022年4月20日発売の『&Premium』の特集は「花を飾る、緑と暮らす」。「花を贈る」ことは、自分の気持ちをスムーズに相手に伝えやすくなり、ともすれば言葉以上に雄弁に、その場の雰囲気を一変するような演出もしてくれます。そこで、花の文化に詳しい松山誠さんに、世界中の花を贈るカルチャーについて教えていただきました。

ユニークな花贈りカルチャー、 ベルギー発の"ロンリーブーケ"。「花を贈る」ということ。Send Flowers 松山誠

 花贈り文化が進んでいるヨーロッパでは、日本人の感覚からすると発想になかったり、感謝や愛情を伝えるだけでないユニークなものがある。“ロンリーブーケ”もその一つだ。
「2013年頃にベルギーに住むアメリカ人女性が始めた“ロンリーブーケ”はその名の通り、寂しい花束なので“私を連れていってください”と書いた紙をつけて、公園のベンチや道端に置いておき、見つけた人に持ち帰ってもらうというもの。花を贈ることで見ず知らずの誰かに笑顔と幸せをもたらしたいという思いから始まったようです。誰でもいいのでブーケに気づいた人に贈るというのも面白くて、一見、得体の知れない花束ではあるけど、ちゃんと店の電話番号なども明記してあり、受け取った人が見つけた場所を報告したり、お礼を伝えたりすることができます。最初はフェイスブックから活動が始まり、徐々にヨーロッパやアメリカに広がり、各国のフラワーショップも参加するようになりました。これまでにないユニークな発想で花を贈ることで、新しいコミュニケーションが生まれ、物語が生まれていく。広がりがあってとてもいい活動だと思います」(松山さん)

 
 
 

松山 誠 Makoto Matsuyama

国立科学博物館後援会に勤務後、花の世界へ。生産者、仲卸、花店などで勤務。現在はフリーランスのフローリストで花と園芸の歴史研究、編集、執筆に携わる。花業界の生きた歴史を調査する「花のクロノジスト」として活動中。

 

illustration : Yoshifumi Takeda text : Chizuru Atsuta

掲載号はこちら

May 06, 2022 世界中に広がった、花を贈る日と愛する人に気持ちを伝える花言葉。「花を贈る」ということ。Send Flowers

2022年4月20日発売の『&Premium』の特集は「花を飾る、緑と暮らす」。「花を贈る」ことは、自分の気持ちをスムーズに相手に伝えやすくなり、ともすれば言葉以上に雄弁に、その場の雰囲気を一変するような演出をしてくれます。そこで、花の文化に詳しい松山誠さんに、世界中の花を贈るカルチャーについて教えていただきました。

世界中に広がった花を贈る日と 愛する人に気持ちを伝える花言葉。 松山 誠 「花を贈る」ということ。

 母の日をはじめ、感謝や愛情を表現するために世界で花を贈る日はさまざまにある。
「花で思いを伝えようと“Say It With Flowers”というスローガンがアメリカで作られたのは1917年のこと。母の日のキャンペーンでした。以来、花を贈る日は徐々に増えていき、例えば3月8日の国際女性デーには、女性にミモザを贈り、フランス発祥の5月1日のスズランの日には、大切な人に幸福が訪れるといわれるスズランを贈る。他にもイースターは白いユリ、父の日は黄色い花、敬老の日はリンドウを贈ろうという記念日があります。ミモザもスズランももともとはその季節によく咲く花、いわばその土地の風景をつくってきたもの。贈る日を設けることで、贈る習慣が定着していった側面もあります。一方で、花贈りの際に添えられる花言葉の意味は諸説あり、はっきりしたことがわかっていません。花言葉自体はイスラム文化圏で生まれ、17世紀にフランスで本が作られてから花言葉に合わせて花を贈るようになったようです。恋人同士で同じ花言葉に関する本を所有して花を贈り合うスタイルは、明治時代、日本でもそのまま普及しました」(松山さん)

 
 
 

松山 誠 Makoto Matsuyama

国立科学博物館後援会に勤務後、花の世界へ。生産者、仲卸、花店などで勤務。現在はフリーランスのフローリストで花と園芸の歴史研究、編集、執筆に携わる。花業界の生きた歴史を調査する「花のクロノジスト」として活動中。

 
掲載号はこちら

illustration : Yoshifumi Takeda text : Chizuru Atsuta


「花のクロノジスト」 松山 誠

国立科学博物館後援会に勤務後、花の世界へ。生産者、仲卸、花店などで勤務。現在はフリーランスのフローリストで花と園芸の歴史研究、編集、執筆に携わる。花業界の生きた歴史を調査する「花のクロノジスト」として活動中。

Latest Issue家で使う、飾る、美しいもの。2022.05.20 — 880円