小林エリカの文房具トラベラー

テープ小林エリカの文房具トラベラーvol.28March 08, 2022

小林エリカ 文房具トラベラー
テープ 小林エリカの文房具トラベラー

 海外旅行の折、土産に何を持ってゆくべきか、それが問題だ。無難なのは食べ物系だが、海苔とか佃煮とか梅干しとかハードコアなものは人を選ぶ。消えものでない物を選ぶとなると難しい。大仰すぎずちょっとしたもので、かさばらず、軽いもの。
 我が父親はなぜか必ず電卓を幾つも買って土産に用意していた。私としては不思議でならなかったが、ある時、友人のお父さんもやっぱり「海外への土産は絶対電卓!」
と仰っていたので、電化製品メイドインジャパン全盛を生きた世代に共通するものなのやもしれぬ。
 翻って我らがジェネレーションの海外土産は如何なるものか。随分昔、困り果てた末、香港の友人に尋ねたところ「日本のメンディングテープ♡」という答えが返ってきた。ちょうどカラーバリエーション豊かなテープが登場し始めたばかりの頃であった。唯一の(喜ばしい)難は、メンディングテープが人気すぎて今や海外でも結構簡単に手に入るようになってしまったこと。
 私の海外土産探しの旅は果てしなく続く。求む、よい土産レコメンド!

上/毎回手書きしていたので、遂に印刷のgraphic社でオリジナルのFRAGILEテープ作製。商品化希望。中/岡山県カモ井加工紙株式会社のmtメンディングテープシリーズはやっぱり革命だよね! 下/作品や額装など保存用には中性紙と無酸性糊のテープが欠かせません。
上/毎回手書きしていたので、遂に印刷のgraphic社でオリジナルのFRAGILEテープ作製。商品化希望。中/岡山県カモ井加工紙株式会社のmtメンディングテープシリーズはやっぱり革命だよね! 下/作品や額装など保存用には中性紙と無酸性糊のテープが欠かせません。

edit : Kisae Nomura
※この記事は、No.29 2016年5月号「&STATIONERY」に掲載されたものです。


作家・マンガ家 小林 エリカ

シャーロック・ホームズ翻訳家の父と練馬区ヴィクトリア町育ちの四姉妹を描いた『最後の挨拶 His Last Bow』(講談社)発売中。2021年夏、はじめての絵本『わたしは しなない おんなのこ』(岩崎書店)が発売。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円