Music

August 12, 2022 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/ピーター・バラカン vol.2

August.12 – August.18, 2022

Saturday Morning

600x600bf-60
Title.
Big Chief
Artist.
Dr. John
ぼくの人生に深い影響を及ぼすことになったニュー・オーリンズの音楽を意識するきっかけとなったのはこの曲が収められたアルバム「ガンボ」でした。ちょうど50年前の1972年、放送が始まって間もない新しいラジオ番組で、このイントロの転がってゆくように弾むオルガンの音を聞いた途端に虜となったこのサウンドはもうぼくのDNAの一部となっています。特別な世界への扉を開いてくれたドクター・ジョン、また彼の曲を積極的に電波に乗せたDJのチャーリー・ギレット、二人ともあの世に行ってしまいましたが、今も恩人のように思っています。
アルバム『Gumbo』収録。

Sunday Night

a3742712475_16
Title.
Way Back Home
Artist.
Count Ossie & The Mystic Revelation Of Rastafari
ぼくにとって夏の定番曲です。特にこの東京のじめじめした真夏の夜にぴったりの雰囲気で、海の側で開催されるイヴェントで毎回かけています。クルセイダーズの有名な曲をカヴァーしているのがジャマイカのラスタ集団、カウント・オシーという打楽器奏者がリーダーでしたが、サウンドの要は非常にアフリカ的な響きの深味のある太鼓です。ゆったりとしたビートに乗って軽やかに歌い上げるテナー・サックスのメロディは実に気持ちよく、聞くたびに恍惚を味わいます。またタイトルも帰省する時期によく合ったもので、一種のカリブ風盆踊りのような曲だと思っています。
アルバム『Grounation』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


ブロードキャスター ピーター・バラカン

1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「Going Back - 音楽と世界」(らふくしまFM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。著書に『ピーター・バラカン式英語発音ルール』(駒草出版)、『Taking Stock どうしても手放せない21世紀の愛聴盤』(駒草出版)、『ロックの英詞を読む〜世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ラジオのこちら側』(岩波新書、電子書籍だけ)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫、電子書籍だけ)などがある。2014年から小規模の都市型音楽フェスティヴァル「Live Magic」のキュレイターを務める。

peterbarakan.net

Latest Issue大人になったら選びたいもの、こと。2022.09.20 — 880円