Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

March 10, 2017 今月の選曲家 仲真史

March.10 – March.16, 2017

Saturday Morning

NNA095-digital
Title.
Give Him The Gun (Featuring JG Thirlwell)
Artist.
Tredici Bacci
ニューヨークのアンダーグラウンド・アヴァン・ファンク・ロック・バンドGuerilla TossのメンバーSimon Sheldon Hanes率いる14ピース楽団Tredici Bacciのフル・アルバムより。モリコーネや60’s~70’sイタリアン・ムーヴィ〜マカロニ・ウェスタン直系のセクシー・ムード音楽でありながら1980年代のインダストリアル・ノイズ・ミュージックのJohn ZornやLydia LunchそしてJim Foetus等がアプローチしたようなビッグ・バンド〜キャバレー・ミュージックのようなダークネスを感じると思えば、そのJim Foetusが現在のJG Thirlwell名義にてヴォーカルで参加しているではないですか。これこそ時代を超えたネオ・シティのファンタジア・パーティ・ミュージック。
アルバム『Amore Per Tutti』収録。

Sunday Night

Still Corners
Title.
Bad Country
Artist.
Still Corners
個人的2016年のベスト30枚に入れたかった気もする、元々は米名門Sub Popと契約していたデュオのアルバム『Dead Blue』から。噂の『ツイン・ピークス』の新シリーズの音楽にも参加しているらしいCHROMATICS(ヴォーカルの娘は女優として出演もしているらしい)を少しだけシンセ・ポップ寄りにしながらもジャケットからもわかるどこか暗い、いや完璧に暗い女的触れてはいけないロマンスがここにあるセンチメンタル・ポップ。こちらは映画『ドライブ 2』があれば確実に挿入歌として使われると思います。
アルバム『Dead Blue』収録。

〈BIG LOVE〉主宰仲真史

原宿のレコード・ショップ兼レーベル、BIG LOVEの代表。1990年代初頭から常に欧米のインディペンデント&アンダーグラウンドのロックやエレクトロニックを中心とした新しい音楽を紹介し続けている。レーベルではブレイク前のThe xx、アリエル・ピンクやアイスエイジをリリースし、またショップ・ロゴを手掛けるのはカニエ・ウェストの例のマーチャンダイズを手掛けたL.A.のカリ・ソーンヒル・デウィットであり、彼の日本の初個展を行なったのもBIG LOVEである。