& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサー Kan Sano


June 28, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/Kan Sano vol.5

June.28 – July.04, 2019

Saturday Morning

Title.
One day
Artist.
Uyama Hiroto
ウヤマヒロトさんは僕と同じくマルチ奏者で、ヒップホップのトラックメイクが根底にありながら、生楽器主体の音楽を作り続けていてとても共感しています。なによりメロディーが素晴らしい。流れるようなメロディーとハーモニー。シンプリシティーに究極の美を見出せるのは才能ですね。日本が世界に誇れるアーティスト。
アルバム『Freedom of The Son』収録。

Sunday Night

a4171117543_10
Title.
West Shinjuku
Artist.
Budamunk
昔、西新宿のライブハウスで毎週演奏していたことがあるのですが、この曲を聴くと当時の気持ちを思い出します。湿っぽいのに冷たいムードはまさに深夜の西新宿。ブダモンクさんのこういう温度低めのインストは車運転中のBGMに重宝しています。
アルバム『Baker’s Dozen』収録。

June 21, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/Kan Sano vol.4

June.21 – June.27, 2019

Saturday Morning

Title.
So Far Away
Artist.
Carole King
名曲すぎて脱力する。この素朴なアレンジが素晴らしい。何度か模倣を試みたことがありますが、この時代の音じゃないとダメなんですよね。このピアノの音。レンジは広くないけど豊かな温かい音。最高です。ピアノのみで弾き語るシンガーソングライターが、昔から好きなのですがその代表格ですね。
アルバム『Tapestry』収録。

Sunday Night

Title.
Street Walkin’ Woman
Artist.
Marlena Shaw
冒頭のバーの中で繰り広げられる会話から演奏になだれ込む臨場感!10代の頃、ライブハウスで聴いてぶっ飛びました。ジャジーでファンキーな夜を演出してもらうならコレです。翌朝のことを考えるのはやめとこう。
アルバム『Who Is This Bitch Anyway』収録。

June 14, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/Kan Sano vol.3

June.14 – June.20, 2019

Saturday Morning

Title.
Sunshine
Artist.
Nancy Wilson
昼間に車を運転しながら聴くと、大きな空がイメージできて心地よいです。快晴の青空というより曇り空を浮かべます。サビのシンプルな8ビートが、中毒性高めで、イントロが始まった途端、このサビを待ってしまう自分がいる。
アルバム『Life, Love And Harmony』収録。

Sunday Night

Title.
The Chosen
Artist.
Meshell Ndegeocello feat. Cassandra Wilson
ゆったりしたサンドラ・ウィルソンの歌声が、静かな夜に合う。留学時代によく聴いていました。ミシェル・ンデゲオチェロの音楽は、心の奥に響いてくる感じ。歌詞とかよく分かってないのに……(笑)。これを聴いたら、あとは寝るしかないですね。
アルバム『The Spirit Music Jamia: Dance of the Infidel』収録。

June 07, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/Kan Sano vol.2

June.08 – June.13, 2019

Saturday Morning

Title.
Lovely Day
Artist.
Bill Withers
素晴らしい一日の始まりを予感させてくれる曲。朝起きてこの曲を聴くと、清々しい気持ちになれます。何気ない平穏な日常に幸せを見出す。そんな歌だと自分は解釈しています。
アルバム『Menagerie』収録。

Sunday Night

Title.
Night Dreamer
Artist.
Wayne Shorter
部屋の窓から新しい風が静かにカーテンを揺らし入ってくるような演奏。高校のとき初めて聴いて以来、いまだに好きな曲です。何かを始めようとする決意表明のようなメロディ。
アルバム『Night Dreamer』収録。

May 31, 2019 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/Kan Sano vol.1

June.01 – June.07, 2019

Saturday Morning

Title.
Come Rain or Come Shine
Artist.
Bill Evans Trio
休日のはじまりに聴くビル・エヴァンス。エヴァンスって、夜は間違いなく合うんだけど、風通しの良さが朝にも結構合う。部屋でのんびり過ごしながら聴きたい。雨でも晴れでも愛し合おう。
アルバム『Portrait In Jazz』収録。

Sunday Night

SICJ-135
Title.
Tonight’s The Night
Artist.
Herbie Hancock
徹夜で遊んだ帰りにこれを聴くと沁みます。
このメロウなテンポ感! 心地よい気だるさ。
ハービーと女性シンガーの相性の良さが際立っていますね。
アルバム『Magic Windows』収録。

キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサー Kan Sano

バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。リリースした4枚のソロアルバムや、メンバーとして参加している松浦俊夫 presents HEXは国内のみならずアジア、ヨーロッパでもリリースされ話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、朝霧JAM、Monterey Jazz Festival、フランス World Wide Festivalなど国内外の大型フェスに出演。新世代のトラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏ライブも展開。ジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルが話題となっている。2019年5月、ニューアルバム『Ghost Notes』をリリース。