Music

土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/Kan Sano vol.3June 14, 2019

June.14 – June.20, 2019

Saturday Morning

Title.
Sunshine
Artist.
Nancy Wilson
昼間に車を運転しながら聴くと、大きな空がイメージできて心地よいです。快晴の青空というより曇り空を浮かべます。サビのシンプルな8ビートが、中毒性高めで、イントロが始まった途端、このサビを待ってしまう自分がいる。
アルバム『Life, Love And Harmony』収録。

Sunday Night

Title.
The Chosen
Artist.
Meshell Ndegeocello feat. Cassandra Wilson
ゆったりしたカサンドラ・ウィルソンの歌声が、静かな夜に合う。留学時代によく聴いていました。ミシェル・ンデゲオチェロの音楽は、心の奥に響いてくる感じ。歌詞とかよく分かってないのに……(笑)。これを聴いたら、あとは寝るしかないですね。
アルバム『The Spirit Music Jamia: Dance of the Infidel』収録。
&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。

もっと読む


キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサー Kan Sano

バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。リリースした4枚のソロアルバムや、メンバーとして参加している松浦俊夫 presents HEXは国内のみならずアジア、ヨーロッパでもリリースされ話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、朝霧JAM、Monterey Jazz Festival、フランス World Wide Festivalなど国内外の大型フェスに出演。新世代のトラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏ライブも展開。ジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルが話題となっている。2019年5月、ニューアルバム『Ghost Notes』をリリース。


Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円