今月の選曲家 仲真史 | Article | & Premium (アンド プレミアム)

Music

March 24, 2017 今月の選曲家 仲真史

March.24 – March.30, 2017

Saturday Morning

91nNb5-kwzL._SL1500_
Title.
Vessels
Artist.
The Moonlandingz
2008年頃からそれまでと一転し、新しいものはすべてアメリカから生まれるというロック・シーンにおいて、初めてといってもいいほどの屈辱をこの10年間味わっていたイギリスですが、昨年から新しいバンドがたくさん、しかもアメリカのそれらが持っていないエッジーだらけのバンドが登場し、この2017年にはアメリカに代わって面白いものは全てイギリスから生まれるだろうと思われます。それもこれも2000年前半からサウス・ロンドンの地下にて活動し若者達の支持を集めていたFat White Familyが存在したから……という話は、日本にもいつものように5年後くらいに伝わるはずですが、そのヴォーカリストLias Saudiと恐らくアラフィフのロンドン・バンドThe Eccentronic Research Councilのメンバーが結成したThe Moonlandingzが旬です。彼らのダウナー・ロックでいまのロンドンの若者達はダンス&ダイブと大暴れしているという事実は、これまでのロック・シーンで本当に見た事がないと思う新しい光景です。なんとアルバムにはあのオノ・ヨーコとその息子ショーン・レノンも参加していて、というか彼らはThe Moonlandingzに夢中でだいぶ投資してそうです……。
アルバム『Interplanetary Class Classics』収録。

Sunday Night

71j7aJLswVL._SS500
Title.
Good Dreams
Artist.
Blueprint Blue
というわけで昨年も大変良質なアメリカン・バンド、特に70年代に影響を受けたThe Lemon TwigsやWhitneyなど大人の音楽好きも唸らせるようなオーヴァー・グラウンドで活躍できる新しいロック・バンドがUSAから登場しましたが、2017年に入りそれさえももはや古いと感じさせる若いロック・バンドがイギリスから登場してきています。そのひとつである彼らは3年くらい前に一枚EPを出していてそれはもっと地味なフォーク・サウンドなイメージだったのですが、彼らも時代を感じたのでしょう。ダサいけどどこか醸すブリティッシュ・インディの香りがそれまでのものを特別とし、気分的にはイギリスというだけでWhitneyとかを凌駕していると見た女性ドラマーの素朴さでまた泣ける、という良いプロデューサーとかがついたら化けそうな注目株です。
アルバム『Good Dreams』収録。

『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら

〈BIG LOVE〉主宰 仲 真史

原宿のレコード・ショップ兼レーベル、BIG LOVEの代表。1990年代初頭から常に欧米のインディペンデント&アンダーグラウンドのロックやエレクトロニックを中心とした新しい音楽を紹介し続けている。レーベルではブレイク前のThe xx、アリエル・ピンクやアイスエイジをリリースし、またショップ・ロゴを手掛けるのはカニエ・ウェストの例のマーチャンダイズを手掛けたL.A.のカリ・ソーンヒル・デウィットであり、彼の日本の初個展を行なったのもBIG LOVEである。
Latest Issue暮らしの中の、大人のスタンダード。2021.09.18 — 880円