Eyesあの人が見つけたモノ、コト、ヒト

May 29, 2017 乾燥の激しい北京での潤い対策 原口純子

2017.05.29

乾燥の激しい北京での潤い対策

北京では春から初夏にかけ雨はほとんど降らず、空気はとても乾いている。洗濯物もすぐ乾く。便利だけれど、きっと私の体からも水分が失われているはず……。かくして潤い対策に今、愛用中なのは、「秋梨膏」。梨に、生姜や「貝母」などのハーブを加え煮詰めたシロップ。起源は唐代といわれる。いろいろなメーカーから発売されているけれど、私は著名デザイナーの馬可(マ・ク)が開いた食品ショップ「無用真味」で購入した。中国の農村の手作り食品を都会の消費者に伝え伝統を守る目的のショップだ。手作りのシロップは潤い+癒しの味。

 
haraguchi-01
瓶のデザインもレトロで素敵。「秋梨膏」ほか、食品ショップでは馬可が選んだ雑穀や調味料などが売られる。馬可の衣服のブランド「無用」のサイトは www.wuyong.org

ライター・エディター原口純子

はらぐち・じゅんこ/北京歴20年を超過。ライター/エディター。日本語の作品に『歳時記 中国雑貨』(木楽舎)など。今春は、中国語の雑誌「知日」で桜特集を制作。好評につき増刷に♪