5 人の料理家が選ぶ、愛用の台所道具55

いろんな国の染付の器。長尾智子さんの愛用する台所道具⑧January 11, 2024

長尾智子さんの愛用する台所道具⑧ いろんな国の染付の器
いろんな国の染付の器
右/明治期あたりの浅鉢。左奥/オランダ・マーストリヒト窯のボウル。左前/京都・東寺の骨董市で購入した瓔珞文(ようらくもん)の蕎麦猪口。出自は違えど「グリーンが映える器。シンプルな器のなかに1 つあるくらいがちょうどいい」。

長尾智子さんが大切にしている台所道具の選び方、使い方は、以下の記事をご覧ください。

長尾智子料理家

著書に『料理の時間』(朝日新聞出版)、『ティーとアペロ』(柴田書店)など。オンラインストア『SOUPs around the table』では、オリジナル商品のほか、季節ごとの日常にフィットする道具や器を紹介している。

photo : Kohei Yamamoto text : Michiko Otani edit : Wakako Miyake

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 127すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。2024.05.20 — 930円