From Editors 『アンドプレミアム』本誌の特集を担当した編集者から。

編集後記「朝を楽しむための28のこと。」:トーストとコーヒー、ただいま自由研究中。April 29, 2023

編集後記「朝を楽しむための28のこと」:トーストとコーヒー、ただいま自由研究中。
ここ最近のお気に入りコーヒーは、地元でもある京都・長岡京『unir』のシングルオリジンや韓国・釜山『MAGNATE』のブレンドなど。バターはよつ葉かカルピスバター派でしたが、これからの研究課題に。

トーストとコーヒー、ただいま自由研究中。

 平日の朝ごはんといえば、トーストとコーヒーにヨーグルト。これまでは、トーストがうまい具合にカリッとしないし、いつも水蒸気で裏側がしっとりするなあと思いながら、生きてきました。

が、今回の特集の取材で、ほんの少しのコツで、劇的にカリッともちっとの食感に焼きあがることがわかり(詳しくは本誌をご覧ください)、以来、いろんな食パンを食べ比べる日々。個人的には山型の食パンをキツネ色になるまでじっくり焼いたサクサクしたトーストが好みなので、誌面でも紹介している『パン屋塩見』はお気に入りの一つ。そしてさらに最近、素敵な食パンと出合ってしまいました。それは、門前仲町にある『たむらパン』の食パン。カリッとしているのに、中はふんわり。焼き方のコツをマスターすると、それぞれのパンの味の違いがより際立つようになったので、食べ比べも楽しいものに。

ちなみにコーヒー豆も数種用意していて、毎日、豆を挽いて淹れるのも、昔からの日課。ちょっと甘さがあるトーストには酸味のあるブラックコーヒー、しっとり系トーストにはカフェラテで、など、自分なりに組み合わせを研究中。朝ごはんがおいしければ、1日を晴れやかにスタートできるもの。ほかにも、お味噌汁、ホットサンド、納豆、グラノーラなど、研究課題となりうる朝ごはんをたくさん紹介しているので、みなさまも朝の自由研究をぜひ。

(編集部/川端寿子)

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 127すぐ作りたくなる、手料理のアイデア。2024.05.20 — 930円