From Editors 『アンドプレミアム』本誌の特集を担当した編集者から。

編集後記「部屋を、整える。」: (我が) 部屋は、整わない (仔犬のせいで) 。January 20, 2024

pre123-fe1-01
ここ最近のちび怪獣による被害を報告いたします。左上から時計回りに、リビング入り口の壁紙を巾木ごとやられました。買ったばかりのiPhoneのマグネット式充電コードをやられました。今年いただいた年賀状をやられました……。そして満足気に眠るちび怪獣本犬です。涙。

(我が)部屋は、整わない(仔犬のせいで)。

2024年最初の『&Premium』は、恒例となった「整える」特集。今回も、狭い、古い、物が多い、収納が少ない等々、居住スペースの“ネガ”な部分を、努力やアイデアや工夫で、実に心地いい空間に整えている人々がたくさん登場してくれました。毎度のことながら、そういう部屋を見るにつけ、我が小部屋もなんとかせねばと悪戦苦闘する日々。掃除はできるだけ欠かさず、ときにはお気に入りのラグや小物を買い求め配置し、整えようと努力を重ねてまいりました。が、ここへ来て、生活に大きな変化が! 先代の老犬を看取った後に縁あってやって来た、無邪気な仔犬。生後2か月で迎え入れ、最初のうちこそヨチヨチ、ふにゃふにゃして、かわいいばっかりの仔犬も、最近ではすっかりちび怪獣に成長し、ちょっと長めの留守番をさせた日には、帰宅後に絶叫(あるいは絶句)の毎日。小さなお子や、犬猫がいたりするのにも関わらず、感じよく整った心地のいい住まいをキープしている、『&Premium』に登場してくれるみなさま、ほんとミラクルです。我が小部屋が整う日はまだ遠いようですが、気持ちだけは前向きに、本年も『&Premium』をどうぞよろしくお願いいたします。

(本誌編集部/岩下祐子)

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円