Magazine

&Premium No. 123 COZY ROOMS / 部屋を、整える。January 19, 2024

COZY ROOMS / 部屋を、整える。

今月の特集
「部屋を、整える。」

居住空間を「整える」とは、感性を研ぎ澄ませ、どんなふうに暮らしていきたいかを考えるところからスタートするのではないでしょうか。狭い、古い、物が多いといった住まいの状況を、むしろ積極的に楽しみ、魅力に置き換えるために工夫をしたり、好きな家具や日用品を居心地よく配置するために試行錯誤する。そんなふうに自分らしい暮らしをデザインし、心地よく整えている人々を訪ねた実例集です。

COZY ROOMS / 部屋を、整える。

狭くても、居心地をよくすることを諦めない。

23㎡のワンルームに大物楽器を配した部屋から、建築面積は9坪ながらロフトを入れた三層構造の家など、自分らしい心地よさを追求した10組の住まい。

広めのヴィンテージマンションから移り住んだ34㎡の部屋で、今後の暮らしが明快になったというライフスタイルコーディネーター山藤陽子さん。
広めのヴィンテージマンションから移り住んだ34㎡の部屋で、今後の暮らしが明快になったというライフスタイルコーディネーター山藤陽子さん。
チェロチェリストのNANAOさんの部屋には、チェロとアップライトピアノが。模様替えを楽しみ、パリのアパルトマンのような23㎡の空間を磨き上げる。
チェロチェリストのNANAOさんの部屋には、チェロとアップライトピアノが。模様替えを楽しみ、パリのアパルトマンのような23㎡の空間を磨き上げる。
元は1LDKだったのをL字形のワンルームにリノベーションした、建築士の横山哲芳さんの30㎡の部屋は、天然漆喰の柔らかな光に包まれる。
元は1LDKだったのをL字形のワンルームにリノベーションした、建築士の横山哲芳さんの30㎡の部屋は、天然漆喰の柔らかな光に包まれる。

古さを上手に利用して、気持ちいい住まいに整える。

築35年超のマンションをリフルノベーションしたり、築50〜60年超の古民家や名建築の家屋に手を入れて、暮らしやすく気持ちよく整えている10組の家。

PRディレクター清水 彩さんの住まいは、生活しながら暮らしの手触りが蓄積していくような、古さを魅力に変える総木造の築37年の2階建て家屋。
PRディレクター清水 彩さんの住まいは、生活しながら暮らしの手触りが蓄積していくような、古さを魅力に変える総木造の築37年の2階建て家屋。
家の南側が「縁側」のようなサンルームになった、陶芸作家アヤ・クヴァジエさんの築40年の部屋。和のよさ、洋のよさ、どちらも取り入れた明るさが魅力。
家の南側が「縁側」のようなサンルームになった、陶芸作家アヤ・クヴァジエさんの築40年の部屋。和のよさ、洋のよさ、どちらも取り入れた明るさが魅力。
“100年住宅”“美しく古びる空間”を目指した家づくりをされている、建築家の林 寛治さん、キルト作家の林アメリーさん夫婦の築53年の家。
“100年住宅”“美しく古びる空間”を目指した家づくりをされている、建築家の林 寛治さん、キルト作家の林アメリーさん夫婦の築53年の家。

物を出しておきたくない、とにかく「しまう家」のアイデアとは?

建築家の青柳夫妻は揃ってものを出しておきたくないタイプ。高低差4m以上、建築面積24㎡の特殊な土地に立つ「しまう家」の、アイデアと工夫を拝見。

収納の中に収納があり、オーブンを操作するのは階段という、さまざまな工夫が凝らされたキッチン。表に出ているのは厳選メンバーのみという徹底ぶり。
収納の中に収納があり、オーブンを操作するのは階段という、さまざまな工夫が凝らされたキッチン。表に出ているのは厳選メンバーのみという徹底ぶり。
冷蔵庫は壁の向こう、レンジフードは壁の外、スイッチパネルさえ収納棚の中に。徹底的にしまい込んだ、オープンなようでオープンにしていないキッチン。
冷蔵庫は壁の向こう、レンジフードは壁の外、スイッチパネルさえ収納棚の中に。徹底的にしまい込んだ、オープンなようでオープンにしていないキッチン。

特集「部屋を、整える。」。今月も盛りだくさんの内容でお届けします。

定期購読のご案内

『アンド プレミアム』が毎月、割引価格でお手元に届きます。

定期購読 (1年)

通常購入の場合 年間 ¥11,160

1年間の定期購読料金 ¥7,700

¥3,460お得!
送料も無料!

※通常価格¥930×12冊の合計金額。
特別定価の号も、定期購読ならお値段据え置き。

定期購読 (1年) のお申込みはこちら

定期購読 (2年)

通常購入の場合 2年間 ¥22,320

2年間の定期購読料金 ¥14,600

¥7,720お得!
送料も無料!

※通常価格¥930×24冊の合計金額。
特別定価の号も、定期購読ならお値段据え置き。

定期購読 (2年) のお申込みはこちら

Backnumber バックナンバー

  • Kyoto Solo Trip / やっぱり、ひとりでも京都。
  • COZY ROOMS / 部屋を、整える。
  • ANKO & KINAKO / あんこと、きなこ。
  • PRACTICAL KITCHENS / 暮らしの真ん中に、心地よい台所。
  • 100 THINGS FOR BETTER LIFE / 毎日を気持ちよく過ごす、100のこと。
  • TO BE ELEGANT / エレガンス、であること。
  • MY HOME, MY LIFE / 心地よい住まいを、考えてみた。
  • THE BETTER LIFE BOOK / 暮らしの本。
  • TO A BEAUTIFUL TOWN / 旅をしたくなる、美しい暮らしのある町。
  • WAY OF LIFE / あの人は、どう生きてきたのか。
  • BETTER MORNING / 朝を楽しむための28のこと。
  • IN GOOD TASTE / センスのいい人が、していること。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円