From Editors 『アンドプレミアム』本誌の特集を担当した編集者から。

編集後記「朝を楽しむための28のこと。」:グッドミュージック、グッドモーニング。April 21, 2023

編集後記「朝を楽しむための28のこと」:グッドミュージック、グッドモーニング。
起き抜けの定番はLaura Nyro “Smile”。朝に聴きたい一枚を求めて、ブックオフでディグる日々です。

グッドミュージック、グッドモーニング。

 平日の朝、目が覚めてから家を出るまでに、レコードを3枚聴くことにしています(もちろん早起きができて、さらに余裕がある日の話です) 。

 1枚目は寝ぼけた頭を起こすように、ただぼうっとしながら聴き、2枚目は身支度や家事の間に、3枚目は朝食を食べ、仕事のメールチェックをしながら。早起きをしたとて、出かけるまでにかけられるのは3枚程度なわけです。

 早朝、周囲が静まるなかでターンテーブルに針を落とすと、鳥の鳴き声や風の音とともに、沁みるようにサウンドが耳に入ってきます。2枚目、3枚目はながら聴きですが、「A面が終わるまでに掃除を終えよう」というふうに、自然と暮らしにリズムが生まれるようになりました。朝ですから、自ずと選曲はイージーリスニング的に。おおらかな管楽器、オーガニックなギター、語るような歌声……起き抜けにやさしい音を浴びる生活は、最高に気持ちがいいです。

 今回の特集では、朝に楽しみたい音楽のトピックをいくつか紹介しています。豪華選曲陣による週末の朝に聴きたい一曲、世界の“快適音楽”が流れるラジオ番組、朝からDJプレイとモーニングを楽しめる鎌倉のカフェ……、グッドミュージックのある朝をぜひ。

(編集部/松﨑彬人)

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 126窓辺に、花と緑を。2024.04.19 — 930円