Magazine

&Premium No. 125 TIMELESS STANDARDS / スタンダードと、センス。March 19, 2024

&Premium No. 125 TIMELESS STANDARDS / スタンダードと、センス。

今月の特集
「スタンダードと、センス。」

いつの時代も、定番を上手に取り入れることは、素敵な大人の証しです。使い心地、つくりのよさ、洗練されたデザイン……Better Lifeを叶えるために、日用品や装いに、長く愛せるものを選びたいというのは、誰もが願うこと。必要なのは、いまの自分の気持ちにぴたりと寄り添う、自分だけの定番を探し出す確かな目。じつはスタンダードこそが、手に取る側の意志やセンスが問われるアイテムともいえそうです。今号は「自分らしいスタンダード」について考えます。

&Premium No. 125 TIMELESS STANDARDS / スタンダードと、センス。

暮らしや装いのスタンダードと、センスの源を探る。

インテリアからファッションまで、暮らしのなかで大切にしている毎日のスタンダードを教えてもらいに3人の自邸を訪ね、自分らしくいられる定番の着こなしのルールを10人に教えてもらい、3人の作り手のセンスの源について聞きました。

インテリアスタイリスト黒田美津子さんの北軽井沢の山小屋を訪ね、上等さが際立ちつつもどこか愛嬌のある、彼女が選ぶスタンダードを拝見。
インテリアスタイリスト黒田美津子さんの北軽井沢の山小屋を訪ね、上等さが際立ちつつもどこか愛嬌のある、彼女が選ぶスタンダードを拝見。
料理人の野村友里さんの定番は、着ていて楽しく、纏うことでエネルギーを補うような「赤色」の装い。東野翠れんさんの定番は、おおらかなワンピース。
料理人の野村友里さんの定番は、着ていて楽しく、纏うことでエネルギーを補うような「赤色」の装い。東野翠れんさんの定番は、おおらかなワンピース。
柳宗理イズムを受け継ぐヨシタ手工業デザイン室の吉田守孝さんは、必然の理由があって形状が作られる、つい手に取ってしまう道具づくりを目指す。
柳宗理イズムを受け継ぐヨシタ手工業デザイン室の吉田守孝さんは、必然の理由があって形状が作られる、つい手に取ってしまう道具づくりを目指す。

更新されつづける、井伊百合子の考えるスタンダード。

実用性を持ちながら、使い手のアレンジひとつで異なる表情や魅力を見せてくれる、生活の機微と深く結びついたスタンダードなアイテムを、井伊さん自身の言葉でひもときます。

自分なりにこだわって、ひとつ手をかけるだけで、より大切な定番になった〈アナトミカ〉のインディゴデニム「マリリン2」。
自分なりにこだわって、ひとつ手をかけるだけで、より大切な定番になった〈アナトミカ〉のインディゴデニム「マリリン2」。
スタンダードなものに新しい風を入れ今の気分と調和する〈バーバリー〉のトレンチコートと、素材や技法にこだわった〈リノット〉のポロシャツ。
スタンダードなものに新しい風を入れ今の気分と調和する〈バーバリー〉のトレンチコートと、素材や技法にこだわった〈リノット〉のポロシャツ。
有機的でしなやかな造形が美しい〈ホアキン・べラオ〉の流線型の手鏡と、静かな存在感がある『タミゼ テーブル』のパナマ帽子。
有機的でしなやかな造形が美しい〈ホアキン・べラオ〉の流線型の手鏡と、静かな存在感がある『タミゼ テーブル』のパナマ帽子。

もの選びのプロ3人が使っている、日用品のスタンダード。

個性の異なる3人の目利きが選んだ、グラスやボックスティッシュケース、ゴミ箱をはじめとする日用品のスタンダードは、予想以上にユニークで、かつ説得力のあるラインナップ。

パフューマーでライフスタイルコーディネーターの山藤陽子さんが選んだ、朝、一杯の水を飲むためのグラスは、〈木村硝子店〉の「ソバ 14oz」。
パフューマーでライフスタイルコーディネーターの山藤陽子さんが選んだ、朝、一杯の水を飲むためのグラスは、〈木村硝子店〉の「ソバ 14oz」。
雑貨コーディネーターのオモムロニ。さんが選んだ〈イーケーオー〉のハイテクゴミ箱や、スタイリスト遠藤慎也さんが選んだ〈アルネ・ヤコブセン〉の時計、など。
雑貨コーディネーターのオモムロニ。さんが選んだ〈イーケーオー〉のハイテクゴミ箱や、スタイリスト遠藤慎也さんが選んだ〈アルネ・ヤコブセン〉の時計、など。
さまざまな形状のユニークでスマートな傘置きと、座ったり上ったりものを置いたり、何かと便利に使えるスツール、など。
さまざまな形状のユニークでスマートな傘置きと、座ったり上ったりものを置いたり、何かと便利に使えるスツール、など。

他にも、編集者の岡本仁さんによるエッセイ「スタンダード、どう選んでいますか。」や、「あの人が愛した、定番アイテム。」など、盛りだくさんの内容で「スタンダードと、センス。」をお届けします。

定期購読のご案内

『アンド プレミアム』が毎月、割引価格でお手元に届きます。

定期購読 (1年)

通常購入の場合 年間 ¥11,160

1年間の定期購読料金 ¥7,700

¥3,460お得!
送料も無料!

※通常価格¥930×12冊の合計金額。
特別定価の号も、定期購読ならお値段据え置き。

定期購読 (1年) のお申込みはこちら

定期購読 (2年)

通常購入の場合 2年間 ¥22,320

2年間の定期購読料金 ¥14,600

¥7,720お得!
送料も無料!

※通常価格¥930×24冊の合計金額。
特別定価の号も、定期購読ならお値段据え置き。

定期購読 (2年) のお申込みはこちら

※2024年4月19日以降、定期購読料金を改定します。1 年間¥7,900、2 年間¥15,000。

Backnumber バックナンバー

  • &Premium No. 125 TIMELESS STANDARDS / スタンダードと、センス。
  • Kyoto Solo Trip / やっぱり、ひとりでも京都。
  • COZY ROOMS / 部屋を、整える。
  • ANKO & KINAKO / あんこと、きなこ。
  • PRACTICAL KITCHENS / 暮らしの真ん中に、心地よい台所。
  • 100 THINGS FOR BETTER LIFE / 毎日を気持ちよく過ごす、100のこと。
  • TO BE ELEGANT / エレガンス、であること。
  • MY HOME, MY LIFE / 心地よい住まいを、考えてみた。
  • THE BETTER LIFE BOOK / 暮らしの本。
  • TO A BEAUTIFUL TOWN / 旅をしたくなる、美しい暮らしのある町。
  • WAY OF LIFE / あの人は、どう生きてきたのか。
  • BETTER MORNING / 朝を楽しむための28のこと。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 125スタンダードと、センス。2024.03.19 — 930円