土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/ゴンチチ vol.2 | Article | & Premium (アンド プレミアム)

Music

May 14, 2021 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/ゴンチチ vol.2

May.14 – May.20, 2021

Saturday Morning

1200x1200bf-60
Title.
Summer Wind
Artist.
Frank Sinatra
土曜の朝は、窓を開けて爽やかな外気を感じたいものです。ウイークデイに溜まった部屋の空気を一掃したい、外の風を感じたい。という訳で、季節的にはまだ少し早いかもしれませんが、クルーナーの匠フランク・シナトラの歌で「Summer Wind」。シナトラは、どちらかというとムーディーな夜のイメージの曲が多いですが、この曲は開け放った窓の向こうのイメージ。もっともこれは、夏に出会い夢のような時を過ごし、秋風と共にその恋を失うといった失恋ソングですが、内容はともあれ、中盤以降グイグイと押してくるシナトラの歌とネルソン・リドルの低音部が際立つホーンアレンジで、元気に一日のスタートが切れそうです。(ゴンザレス三上)
アルバム『Nothing But The Best』収録。

Sunday Night

1200x1200bf-60-2
Title.
Together
Artist.
Matthew Halsall
日曜の夜は何だか複雑です。ゆったりはしているのですが、明日からの仕事のことも少し頭の片隅に。良い休日を過ごした余韻を感じながら、少しメランコリーな気分にもなります。そんな内省的な気分に優しく寄り添ってくれるような音楽を音楽棚から探してきました。イギリスの若きジャズトランペッター、マシュー・ハルソールのグループの演奏で「Together」。とても緩やかなテンポの曲でゆっくりと心の奥に入ってきます。取り分け、ジャズには珍しい楽器ハープが緩やかに奏でられるのが印象的です。レイチェル・グラッドウィンという女性アーティストが演奏していて、マシュー・ハルソールの音楽には欠かせない存在になっているようです。(ゴンザレス三上)
アルバム『Colour Yes (Special Edition)』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


ミュージシャン ゴンチチ

ゴンザレス三上とチチ松村によるインストゥルメンタル・アコースティック・ギターデュオ。1978年結成、1983年デビュー。代表曲「放課後の音楽室」をはじめとした彼らの美しいメロディーは、TVやラジオのBGM、CM、映画音楽などに多く使われ、日々の我々の身の廻りで聴くことが出来ます。1992年には竹中直人監督・主演の映画「無能の人」のサウンドプロデュースを手掛け、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。「Very Special Ordinary Music」(とても特別な日々の音楽)と評されるその音楽性は、年齢・性別を問わず幅広い人々に愛好され、国内だけでなく海外でも高い評価を受けています。 NHK-FM「世界の快適音楽セレクション」(毎週土曜 9:00-10:55/再放送:毎翌週月曜 16:00-17:55) GONTITI オフィシャルサイト GONTITI WEBSITE LINK Twitter YouTube ゴンチチハウスチャンネル
Latest Issueやっぱり、台所は大切です。2021.05.20 — 880円