& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

ジャズ・シンガー akiko


July 27, 2018 今月の選曲家 akiko

June.27 – August.03, 2018

Saturday Morning

Title.
Aquarela Do Brasil
Artist.
Joao Gilberto, Caetano Veloso, Gilberto Gil, Maria Bethania
最後は超ベタだけれど、「ブラジルの水彩画」を。巷でよく流れているこの曲と原曲とのイメージにも、英語の歌詞とオリジナルのポルトガル語の歌詞の間にも、ギャップがありすぎると感じているのは私だけだろうか。それはある意味、初めて訪れた時に感じたリオとバイーアの空気の違いにも似ているかもしれない。観光地の宣伝ソングみたい、との酷評も少なくないが、この偉大なるブラジルの3大巨頭が歌う「ブラジル」には、歴史背景に裏打ちされた自国への愛がたくさん詰まっている。ブラジル色のブラジル。それは油絵ではない。水彩画なのだ。
アルバム『Brasil』 収録。

Sunday Night

Title.
Clair De Lune
Artist.
Alexis Weissenberg
太陽が陽で、月は陰。文字通り月には「冷ます」力があるということを、古代から人類は知っていた。5000年の歴史を持つインドの哲学アーユルヴェーダでは、夏の燃えすぎた「火」を冷ますのには月を見るのが効果的と考えられているし、日本には夏〜秋にかけてお月見の習慣も多い。同時に月は女性性とも結びつき、穏やかで優しく全てを包み込む包容力の象徴でもある。ある夏の夜、美しい月の光の下でドビュッシーを聴きながら思った。ドビュッシーがそこに見ていたのはただの月ではない、宇宙全体だったのだ、と。
アルバム『Clair De Lune』収録。

July 20, 2018 今月の選曲家 akiko

June.20 – July.26, 2018

Saturday Morning

Title.
Love Me Forever
Artist.
Carlton & The Shoes
ロックステディで一番好きな曲は、と聞かれたら、迷わずこの曲を挙げるだろう。ジャマイカで生まれた偉大なコーラス・グループ、Carlton & The Shoesの名曲「Love Me Forever」は1960年代に〈Studio One〉からシングルとして発売され大ヒット。その後1970年代に〈Coxsone〉から出たアルバムも名曲揃いで、遅く目覚めた夏の午後はずっとエンドレスで聴いていたいほど。甘い、とかメロウな、とか、極上の、とか、そんな形容詞はどれも白けてしまうし、そんなふうに表現したくないけれど、演奏もハーモニーも乾いた音の感触も、この「絶妙さ」がたまらない。
アルバム『Love Me Forever』収録。

Sunday Night

Title.
Novia Mia
Artist.
Jose Antonio Mendez
今年の3月、初めてキューバを訪れた。ハバナでも、音楽祭が行われていたサンティアゴ・デ・クーバの街でも、至る所でトレスギターや数々のパーカッションと共に情熱的な歌声が鳴り響いていた。ふと休憩に入ったホテルのラウンジで、ピアノのみで演奏されていた曲にふと耳を奪われた。聴き覚えがあるその曲は、ホセ・アントニオ・メンデスの歌声で昔よく聴いていた曲。夜風が少し涼しくなり始めた頃、鈴虫の音色をバックに。所謂キューバのシンガーのイメージとは少し違う、穏やかでスモーキーな歌声。日曜の夜に聴く美しいキューバのボレロは、こんな声で聴くと身にしみる。
アルバム『Canta Solo Para Enamorados』収録。

July 13, 2018 今月の選曲家 akiko

June.13 – July.19, 2018

Saturday Morning

Title.
Movement1
Artist.
Carl Craig & Moritz von Oswald
子供の頃に住んでいたマンションの下には喫茶店があった。私の父は休日の朝はいつも、この喫茶店でモーニングを楽しんでいた。 時々は子供の私も連れて行ってくれて、トーストとゆで卵と香り高い珈琲、そしてクラシック音楽を一緒に味わった。クラシックが休日の朝をこれほど贅沢で優雅な時間にしてくれることに気づいた頃、この奇妙なアルバムに出会った。個人的に世界で最も尊敬するクリエイターの一人、モーリッツ・フォン・オズワルドがカール・クレイグと共にラベルの「ボレロ」をその名の通り“Recompose”したアルバムは、是非いい音響で聴いてみて欲しい。暑さのせいも相まって最終的にはかなりディープな世界に持っていかれるので要注意。
アルバム『Recomposed By Carl Craig&Moritz Von Oswald』 収録。

Sunday Night

Title.
Inspector Norse
Artist.
Todd Terje
2009年、トッド・テリエをノルウェーで観た。その時私は< ジャズランドレコード>のブッゲ・ヴェッセルトフトと一緒にアルバムのレコーディングをしていたのだが、ブッゲとの音楽がとても静粛で内的なものだったので余計、その溢れんばかりのキラキラ感に圧倒され、感動して思わず泣いてしまった。ニュー・ディスコとかディスコ・ダブとか表現される彼のサウンドは、リアルにディスコ・クラシックを通ってきた私にとってはもはやクラブでなくて部屋でまったり聴きたいくらいだが、「明日は月曜だし仕事か……と思ったら、明日は祝日じゃん!」とテンションを上げたい日曜の夜のために。 アルバム『It’s Album Time』 収録。

July 06, 2018 今月の選曲家 akiko

June.06 – July.12, 2018

Saturday Morning

Title.
Lazy, Crazy Days of Summer
Artist.
Blossom Dearie
いつもよりずっとずっと早く来てしまった今年の夏。心も体も、まだ夏を迎える準備ができてない人も多いはず。うだるような蒸し暑さで目が覚めてしまった土曜日の朝は、ブロッサム・ディアリーのキュートでコケテッシュな声で活力を取り戻して。Root Beerの販促用に作られたアルバムに収録されているこの曲は、「けだるく狂ったような夏の日々を、ソーダとプレッツェルとビールの日々にしましょう。バスケットにサンドウィッチとソーセージを詰め込んで、ビーチに繰り出すのよ」と歌っている。冷えたビールを片手にどうぞ。
アルバム『Rootin’Songs』収録。

Sunday Night

R-8211448-1457217929-5600.png
Title.
Out of Nowhere
Artist.
Erroll Garner
ビング・クロスビーが歌い、彼の最初のヒットとなったこの曲。パラマウントの映画にも使われ、アート・テイタム、チャーリー・パーカー、スタン・ゲッツとジャズ・ミュージシャン達にも広く愛されてきたが、このエロル・ガーナーのピアノほどロマンチックな演奏を私は知らない。3分ほどしかない演奏の中には全く持って無駄なフレーズがなく、たまらなくセクシーなのである。独特のレイドバック感が遊び疲れた週末の疲れをとろけさせ、心地よい真夏の夜の夢へと誘ってくれる。
アルバム『Plays for Dancing』収録。

ジャズ・シンガー akiko

2001年、名門ジャズレーベル「ヴァーヴ」初の日本人女性シンガーとしてユニバーサルミュージックよりデビュー。既存のジャズの枠に捕われない幅広い音楽活動で人気を博し、現在までに23枚のアルバムを発表。パリ、ロンドン、ニューヨーク、リオデジャネイロ、オスロ、ニューオリンズなど海外でのレコーディングも多く、またヨーロッパでのツアーやジャズフェスティバルなど、国内外で活躍。一方、アパレル・ブランドとのコラボレーションで帽子やワンピースなどのアイテムを展開するなどファション方面でも活躍。また、定期的に声を使ったボイス・ワークショップや、子供のためのジャズワークショップを開催している。更に英国アーユルヴェーダカレッジ日本付属校認定アーユルヴェーダライフスタイリスト、日本ナチュラルヒーリングセンター認定アーユルヴェーダ・ホームケアドクター及びライフコンサルタントの資格を取得し、2013年からはアーユルヴェーダのワークショップやリトリートツアーなども開催している。デビュー15周年となる2016年には5枚組50曲入りのベストアルバム『Elemental Harmony』をリリース。2018年にはジャズ・スタンダードをテーマにしたエッセイ『ジャズを詠む』を出版。
akiko-jazz.com