Book

本屋が届けるベターライフブックス。『山と獣と肉と皮』繁延あづさ 著 (亜紀書房) 選・文 / らくだ舎 / December 15, 2022

This Month Theme台所で過ごす時間を大切にしたくなる本。

山と獣と肉と皮

「狩猟に同行し、目で見て、触れて、嗅いで、受け取った情報を手がかりに料理をする機会を得たことである種の満足感を得た」と、本書のなかで繁延さんは書いている。日々たくさんの食材と出合い、調理している私たちは、その食材の出自をどれくらい五感で受け取れているだろうか? 肉だけではない。魚も、野菜ですらも、一つ一つに出自がある。3人の子を持つひとりの母親であり、日々料理を作る当事者として紡がれる繁延さんの言葉は、食材の出自に思いをはせることは、作り手にも食べ手にとっても食べる満足感をもたらす大切な過程だ、と教えてくれる。


BOOKSHOP らくだ舎

和歌山県熊野地方・旧色川村に移住し週3日地域に開かれた喫茶室を運営。小さな書店と図書室も併設しており、折に触れて読み返したいと思える書籍を中心に新刊古書問わず書籍の取り扱いをしている。ゆっくりと心に届いてくる、確かな手触りのあるメッセージを発信している。 住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町口色川742-2 色川よろず屋内 営業時間:木金土10:00-17:30 定休日:日月火

rakudasha.com

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 125スタンダードと、センス。2024.03.19 — 930円