手みやげのネタ帖

『ふるや古賀音庵』の 古賀音だんご黒胡麻和三盆 【手みやげのネタ帖】March 08, 2023

本誌連載「&food」担当、ライターP(ぴい)さんが毎月こっそり教えてくれる、おいしい手みやげメモ。

手渡すひと言「今日中に食べてね」

『ふるや古賀音庵』の 古賀音だんご黒胡麻和三盆 手みやげのネタ帖

蓋を開けるときに要注意。そっと開けても油断すると胡麻が散らばる。箱全体に黒胡麻と和三盆が目一杯ふわっふわにかかっているので、お団子の姿が見えないのが楽しいところ。串の端を“発掘”して、上や周囲の胡麻を落とさないようそっと持ち上げ、こぼさぬようにパクッ。つきたてのもっちもちのお団子と、和三盆の上品な甘みと胡麻の香ばしさが相まって、思わずニンマリしてしまう。これ、1日しかもたないため、手みやげにしにくいかもだが、その日のうちにお届けできるならぜひ。
「古賀音だんご黒胡麻和三盆」(5本)1,080円。
※基本5本入りの展開ですが、一部店舗では3本入りの販売もあり。

 

ふるや古賀音庵 幡ヶ谷本店

東京都渋谷区幡ヶ谷3-2-4☎03-3378-3003
HP
*エキュート品川店、そごう横浜店などでも入手可能。

『ふるや古賀音庵』

写真・文/P(ぴい)


ライター 渡辺 紀子

皆からの呼び名は、P(ぴい)。「食べるものなら、おいしくてもおいしくなくても愛おしい」を口上に、『&Premium』創刊時から食の連載「&food」を担当。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円