旬を取り寄せて、贈る。 手みやげ12か月。

ライターP (ぴい) さんが選ぶ6月のお取り寄せ。「熟成牛肉のカレー」と「蜂蜜」と「バタークリームケーキ」June 18, 2023

本誌連載「&food」でもおなじみ、フードライターのP(ぴい)さんこと渡辺紀子さんが、四季折々の気分に寄り添う、お取り寄せできるおすすめ手みやげをセレクト。大切な誰かへのプレゼントにはもちろんのこと、自分へのご褒美にも嬉しい、季節のおいしいものがずらり。その月のおすすめを、毎月18日に紹介していきます。贈り物の年間計画は、これでばっちり。

中勢以 澤谷養蜂園 サヴール ライターP (ぴい) さんが選ぶ6月のお取り寄せ。「熟成牛肉のカレー」と「蜂蜜」と「バタークリームケーキ」<i>旬を取り寄せて、贈る。手みやげ12か月。

雨が続いてウツウツしたら おいしいもので元気になる。
選と文/ P (ぴい)

 ザ・カスケーズの「悲しき雨音」とともに、梅雨がやってくる。朝から雨模様ですっきりしないお昼には、パンチの効いた『中勢以』の熟成牛肉のカレーを食べよう。中勢以が田園調布に誕生したときは感動した。静謐な空間に熟成肉がアート作品のように並び、美術館のようだった。注文すると竹皮で包んでくれるのだが、人に差し上げるにしても、いかにもよきものという感じで、さすがと思ったものだ。そのお肉を使ったカレーである。とびきりのおいしさだ。雨の日にコトコト煮込みたくなる塊肉もお取り寄せ可能。

 毎朝、ヨーグルトに蜂蜜を入れていただくのだが、実は蜂蜜にも旬があって、この時季、新蜜が採れるのが青森『澤谷養蜂園』の菜の花の蜂蜜。いくつかタイプがあるのだが、我が家はこの白濁タイプが好み。爽やかで、すーっと消えていく。青森の横浜町の道の駅『菜の花プラザ』で見つけて以来、毎年、欠かさず新蜜をお願いしている。

 田園調布『サヴール』のガトー・ア・ラ・クレームも旬あり。秋のマロンやメープルもあるが、6月、発売されるのを待ってお願いするのがジュアンだ。パッションフルーツの香り豊かな、淡〜いピンクのバタークリーム。ほんのり感じる酸味が次の一口を誘う。キリッと四角いフォルムも、「いいものいただいた」満足感につながる。

『中勢以』の熟成牛肉のカレー

東京・田園調布に本店を構える熟成肉専門店。ステーキや焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶなど料理に合わせてカットされた熟成肉はもちろん、ローストビーフや生ハムなどの加工品もお取り寄せ可能。熟成牛のカレーは、様々な部位の旨味が溶け出したルウと、ホロホロになるまで煮込まれた熟成肉が堪能できる逸品だ。熟成牛カレー(中辛)箱入り1 人分 210g ¥1,000。有料で詰め合わせ包装ができるほか、家庭用の箱なし¥750も。▷注文はオンラインショップから。https://www.naka-sei.com/
『中勢以』の熟成牛肉のカレー

東京・田園調布に本店を構える熟成肉専門店。ステーキや焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶなど料理に合わせてカットされた熟成肉はもちろん、ローストビーフや生ハムなどの加工品もお取り寄せ可能。熟成牛のカレーは、様々な部位の旨味が溶け出したルウと、ホロホロになるまで煮込まれた熟成肉が堪能できる逸品だ。熟成牛カレー(中辛)箱入り1 人分 210g ¥1,000。有料で詰め合わせ包装ができるほか、家庭用の箱なし¥750も。▷注文はオンラインショップから。https://www.naka-sei.com/

『中勢以』の熟成牛肉のカレー

東京・田園調布に本店を構える熟成肉専門店。ステーキや焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶなど料理に合わせてカットされた熟成肉はもちろん、ローストビーフや生ハムなどの加工品もお取り寄せ可能。熟成牛のカレーは、様々な部位の旨味が溶け出したルウと、ホロホロになるまで煮込まれた熟成肉が堪能できる逸品だ。熟成牛カレー(中辛)箱入り1 人分 210g ¥1,000。有料で詰め合わせ包装ができるほか、家庭用の箱なし¥750も。▷注文はオンラインショップから。https://www.naka-sei.com/
『中勢以』の熟成牛肉のカレー

東京・田園調布に本店を構える熟成肉専門店。ステーキや焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶなど料理に合わせてカットされた熟成肉はもちろん、ローストビーフや生ハムなどの加工品もお取り寄せ可能。熟成牛のカレーは、様々な部位の旨味が溶け出したルウと、ホロホロになるまで煮込まれた熟成肉が堪能できる逸品だ。熟成牛カレー(中辛)箱入り1 人分 210g ¥1,000。有料で詰め合わせ包装ができるほか、家庭用の箱なし¥750も。▷注文はオンラインショップから。https://www.naka-sei.com/

『澤谷養蜂園』の菜の花の蜂蜜

青森県の北部、横浜町で国産自家採取、完熟、非加熱の蜂蜜を販売している養蜂園。横浜町は日本有数の菜の花の産地でもあり、その菜の花の蜂蜜は同養蜂園の看板商品の一つ。菜の花の蜂蜜はほかの花よりも結晶化が早いので、採取したその日のうちに瓶詰めに。真っ白なのは、非加熱で栄養も風味もそのままの証拠だ。酵素が生きているゆえ、冷蔵便で届く。自宅での保存も冷蔵で。菜の花生はちみつ 140g ¥1,080。▷注文はオンラインショップから。https://sawaya-yoho.jp
『澤谷養蜂園』の菜の花の蜂蜜

青森県の北部、横浜町で国産自家採取、完熟、非加熱の蜂蜜を販売している養蜂園。横浜町は日本有数の菜の花の産地でもあり、その菜の花の蜂蜜は同養蜂園の看板商品の一つ。菜の花の蜂蜜はほかの花よりも結晶化が早いので、採取したその日のうちに瓶詰めに。真っ白なのは、非加熱で栄養も風味もそのままの証拠だ。酵素が生きているゆえ、冷蔵便で届く。自宅での保存も冷蔵で。菜の花生はちみつ 140g ¥1,080。▷注文はオンラインショップから。https://sawaya-yoho.jp

『澤谷養蜂園』の菜の花の蜂蜜

青森県の北部、横浜町で国産自家採取、完熟、非加熱の蜂蜜を販売している養蜂園。横浜町は日本有数の菜の花の産地でもあり、その菜の花の蜂蜜は同養蜂園の看板商品の一つ。菜の花の蜂蜜はほかの花よりも結晶化が早いので、採取したその日のうちに瓶詰めに。真っ白なのは、非加熱で栄養も風味もそのままの証拠だ。酵素が生きているゆえ、冷蔵便で届く。自宅での保存も冷蔵で。菜の花生はちみつ 140g ¥1,080。▷注文はオンラインショップから。https://sawaya-yoho.jp
『澤谷養蜂園』の菜の花の蜂蜜

青森県の北部、横浜町で国産自家採取、完熟、非加熱の蜂蜜を販売している養蜂園。横浜町は日本有数の菜の花の産地でもあり、その菜の花の蜂蜜は同養蜂園の看板商品の一つ。菜の花の蜂蜜はほかの花よりも結晶化が早いので、採取したその日のうちに瓶詰めに。真っ白なのは、非加熱で栄養も風味もそのままの証拠だ。酵素が生きているゆえ、冷蔵便で届く。自宅での保存も冷蔵で。菜の花生はちみつ 140g ¥1,080。▷注文はオンラインショップから。https://sawaya-yoho.jp

『サヴール』の季節のバタークリームケーキ

ファッションブランド〈ヤエカ〉が手がける田園調布の洋菓子店。看板商品の端正な「ガトー・ア・ラ・クレーム」は定番の「プレーン」、ほのかに塩の効いた「バニラ」、「モカ」の3 種。そのほかに、季節限定のフレーバーが登場することもある。「ジュアン」は6 月を意味し、初夏にお目見えするパッションフルーツのフレーバー。冷凍便で届き、賞味期限は10日前後。ガトー・ア・ラ・クレーム ジュアン 1 ホール¥3,456。▷注文はオンラインショップから。https://saveurbonjour.com
『サヴール』の季節のバタークリームケーキ

ファッションブランド〈ヤエカ〉が手がける田園調布の洋菓子店。看板商品の端正な「ガトー・ア・ラ・クレーム」は定番の「プレーン」、ほのかに塩の効いた「バニラ」、「モカ」の3 種。そのほかに、季節限定のフレーバーが登場することもある。「ジュアン」は6 月を意味し、初夏にお目見えするパッションフルーツのフレーバー。冷凍便で届き、賞味期限は10日前後。ガトー・ア・ラ・クレーム ジュアン 1 ホール¥3,456。▷注文はオンラインショップから。https://saveurbonjour.com

『サヴール』の季節のバタークリームケーキ

ファッションブランド〈ヤエカ〉が手がける田園調布の洋菓子店。看板商品の端正な「ガトー・ア・ラ・クレーム」は定番の「プレーン」、ほのかに塩の効いた「バニラ」、「モカ」の3 種。そのほかに、季節限定のフレーバーが登場することもある。「ジュアン」は6 月を意味し、初夏にお目見えするパッションフルーツのフレーバー。冷凍便で届き、賞味期限は10日前後。ガトー・ア・ラ・クレーム ジュアン 1 ホール¥3,456。▷注文はオンラインショップから。https://saveurbonjour.com
『サヴール』の季節のバタークリームケーキ

ファッションブランド〈ヤエカ〉が手がける田園調布の洋菓子店。看板商品の端正な「ガトー・ア・ラ・クレーム」は定番の「プレーン」、ほのかに塩の効いた「バニラ」、「モカ」の3 種。そのほかに、季節限定のフレーバーが登場することもある。「ジュアン」は6 月を意味し、初夏にお目見えするパッションフルーツのフレーバー。冷凍便で届き、賞味期限は10日前後。ガトー・ア・ラ・クレーム ジュアン 1 ホール¥3,456。▷注文はオンラインショップから。https://saveurbonjour.com

Illustlation : Mame Ikeda text(data) : Yukiko Daigo
*2022年12月20日発売の本誌特集『真似をしたくなる、お取り寄せ』に掲載されたものです。一部の商品は2022年に発売した情報を紹介しており、2023年は内容変更の可能性もあります。


ライター 渡辺 紀子

皆からの呼び名は、P(ぴい)。「食べるものなら、おいしくてもおいしくなくても愛おしい」を口上に、『&Premium』創刊時から食の連載「&food」を担当。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円