長田佳子の季節のハーブを愉しむお菓子。セージとミントのショートブレッド — Herbal Sweets 03 | Column | & Premium (アンド プレミアム)

& Premium (アンド プレミアム)

Column

Herbal Sweets 03 / June 20, 2020 長田佳子の季節のハーブを愉しむお菓子。セージとミントのショートブレッド

自然からのいただきものであるハーブの力を取り入れて、心と体に優しく寄り添う「レメディ」のようなお菓子を作る〈foodremedies〉として活動する菓子研究家の長田佳子さん。砂糖にはない甘さやほのかに感じる苦味、鼻をくすぐるいい香り——。ハーブはそのときの心と体の状態によって、五感で感じ取るものが繊細に変化する奥深さを秘めた暮らしに役立つ植物です。そんな季節のハーブを使った長田さんオリジナルのお菓子のレシピを紹介するこの連載。第3回は「セージとミントのショートブレッド」をお届けします。

 

This Month's Herbal Sweets

「セージとミントのショートブレッド」

セージとミントのショートブレッド
 

ちょっとした朝ごはんやおつまみになる、ショートブレッド。

蒸し暑さを感じながら目覚める朝。食欲はあっても、時にご飯やパンは喉を通らない日もあるものです。そんな日は“朝ごはん”として「セージとミントのショートブレッド」をいただいてみましょう。

バターと砂糖、小麦粉を練り上げて作るスコットランド地方の伝統菓子として長年愛されてきたこのお菓子。 “short”という言葉が「砕けやすい」という意味を表すように、サクサクとした軽やかな食べ心地が特徴です。

本場のものはバターの風味が濃厚なものが多いですが、もう少し軽やかにいただけるよう、バターの量や砂糖の甘さは控えめに。それによって、小麦粉の味と塩味、爽やかな清涼感のあるミントやパリパリとした食感が楽しいセージの風味がふくよかに広がります。

ドリンクは味わいに広がりを持たせてくれるミルクがおすすめです。夜なら、ビールと一緒にいただいてみても。ほのかに塩味が効いているので、ちょっとした“つまみ感覚”でいただく楽しさも秘めているお菓子です。ちなみに焼き上がりから1日程度時間を置くと、味が馴染んでさらに個性が強まります。そんな味の変化を堪能したら、さらに焼き菓子の奥深さを発見できるかもしれません。

ハーブ
左/セージ

南ヨーロッパが原産で古くから“健康の象徴”として信じられ、万能薬のように扱われてきた紫色の花を咲かすシソ科のハーブ。抗菌作用、防腐作用、消化促進作用があると言い伝えられています。また、ハーブティーにして飲むと、血液循環の改善や更年期症状のホットフラッシュの改善も期待できます。清涼感のある強い芳香が特徴であるセージは、ドライにして壁から吊るしてポプリにすることで空気の浄化にも。食用として、セージをハチミツに漬けて爽やかな香りづけを楽しんでみるのもおすすめです。

右/ペパーミント

ギリシア・ローマ時代からさまざまな種類が存在していることが知られているミントは、600種類以上あるシソ科の多年草ハーブです。なかでもスペアミントとペパーミントは代表的な品種。ペパーミントはスーッとした強い清涼感が特徴。対して、スペアミントは清涼感が比較的穏やかです。胃を温めて、消化のトラブルを予防する効果があるといわれています。爽やかな香りはリフレッシュ効果も高く、気持ちを切り替えたいときに適しています。ミントティーにするときは、ハチミツや砂糖を加えるとより飲みやすくなります。
 

レシピ 2人分

・無塩バター70g
・塩ひとつまみ
・ブラウンシュガー(カソナード)20g
・薄力粉80g
・全粒粉30g
・卵黄1/2個
・ペパーミント2枝分 ※葉のみをちぎっておく
・セージ適量 

 

How to cook

_DSC4102
1.バターを適当なサイコロ型にカットする。
1のバター、塩、ブラウンシュガー、薄力粉、全粒粉、卵黄、ミント の葉をミキサーへ入れて何度かまわす。
1のバター、塩、ブラウンシュガー、薄力粉、全粒粉、卵黄、ミント の葉をミキサーへ入れて何度かまわす。
3.	生地がまとまってきたらミキサーから取り出し、2等分しまとめる。
3.生地がまとまってきたらミキサーから取り出し、2等分しまとめる。
オーブンペーパーにくるみ、麺棒で12cmくらいの円形にのばす。
オーブンペーパーにくるみ、麺棒で12cmくらいの円形にのばす。
5.	ナイフで切り込みを入れ、フォークで空気穴を開ける。
5.ナイフで切り込みを入れ、フォークで空気穴を開ける。
表面にセージを置き、軽く押さえて170℃のオーブンで25分を目安に焼く。焼き上がりは切り込みを入れた部分がくっついているので、再度なぞるようにナイフを入れ、(生地が柔らかいので)鉄板のまま完全に冷ます。
表面にセージを置き、軽く押さえて170℃のオーブンで25分を目安に焼く。焼き上がりは切り込みを入れた部分がくっついているので、再度なぞるようにナイフを入れ、(生地が柔らかいので)鉄板のまま完全に冷ます。
セージとミントのショートブレッド

photo: Hiroko Matsubara edit & text : Seika Yajima
ハーブ:まるふく農園 キッチンクロス提供:FLUFFY AND TENDERLY 器:中本純也

菓子研究家 長田佳子

<プロフィール>

菓子監修 長田佳子〈foodremedies〉
菓子研究家。レストラン、パティスリーなどでの修業を経て、YAECAフード部門「PLAIN BAKERY」でメニュー開発、お菓子の製造を担う。2015年に独立。〈foodremedies〉という屋号でハーブやスパイスなどを使ったまるでアロマが広がるような、体に素直に響くお菓子を研究している。著書に『foodremediesのお菓子』(地球丸)、『全粒粉が香る軽やかなお菓子』(文化出版局)などがある。