小林エリカの文房具トラベラー vol.19「スタンプ」 – &STATIONERY | 小林エリカの文房具トラベラー | & Premium (アンド プレミアム)

小林エリカの文房具トラベラー

&STATIONERY / December 14, 2021 小林エリカの文房具トラベラー vol.19「スタンプ」

小林エリカ 文房具トラベラー
小林エリカ 文房具 トラベラー イラスト スタンプ

 私の自慢のスタンプコレクションは我ながら実に素晴らしい。フォントだって大きさだって多種多様で、数字は勿論のこと、アルファベットに、カタカナ、ひらがな、わずかばかりだけれど漢字だってある。
 かつて活版印刷の文字を拾ったり組んだりする職人さんが存在していたと聞くが、その現場を想像してみるだけで、私は俄然萌える。この手で色んな形の文字を組み合わせ、言葉を作り、刻印するなんて、なんてカッコいい仕事だろう!
 この21世紀、私はそれを自分の小さな机でちまちま再現してみては、うっとりとする。私は未だプリントゴッコだって愛用しているのだ(金銀の特色が家で刷れるのよ!)。オンデマンド印刷の精密な完璧さと、スタンプの掠れの可愛さや偶然的な面白さ、そのふたつを追い求める気持ちは、決して相反しない(と私は思う)。
 子どもの頃、ひそかに本の匂いをかぐのが好きだった。今でも本を手にすると一番に匂いをかいでしまう。印刷物ラブ。ありがとうグーテンベルク。愛すべき私のスタンプたちは世界で最小の印刷工場だ。

左/オリジナルスタンプは案外簡単に作れるのでオススメ。右/香港の活版印刷活字を販売しているお店で私の名前を見つけてもらいました。中/連結式アルファベットスタンプは東京のフリーマーケットで発掘。古い文房具屋も狙い目。
左/オリジナルスタンプは案外簡単に作れるのでオススメ。右/香港の活版印刷活字を販売しているお店で私の名前を見つけてもらいました。中/連結式アルファベットスタンプは東京のフリーマーケットで発掘。古い文房具屋も狙い目。

edit : Kisae Nomura
※この記事は、No.20 2015年 8月号「&STATIONERY」に掲載されたものです。


作家・マンガ家 小林 エリカ

シャーロック・ホームズ翻訳家の父と練馬区ヴィクトリア町育ちの四姉妹を描いた『最後の挨拶 His Last Bow』(講談社)発売中。2021年夏、はじめての絵本『わたしは しなない おんなのこ』(岩崎書店)が発売。
Latest Issue家で使う、飾る、美しいもの。2022.05.20 — 880円