小林エリカの文房具トラベラー

I ♥Lettering Template小林エリカの文房具トラベラー vol.01 「I ♥ レタリング・テンプレート」&STATIONERY / July 01, 2021

小林エリカ 文房具トラベラー

数ある文房具の種類の中でも、レタリング・テンプレートほど愛しいものはない。アルファベット、数字、ひらがな、大小様々に並ぶ文字たち。好きが嵩じて〈kvina〉でかつてオリジナルのテンプレートを製作したこともあるほど。旅先では未だ見ぬ幻のテンプレートを探し出すのが我が最大の楽しみである。大概埃をかぶって店の隅に置かれているか、100円ショップ的な店や露店で投げ売りされているのであるが、それを掘り出し、文字をなぞる行為の嬉しさよ。

パリの文房具屋で入手、丸文字も可愛い。
パリの文房具屋で入手、丸文字も可愛い。
アメリカ・NYの1ドルショップで入手。
アメリカ・NYの1ドルショップで入手。

edit : Kisae Nomura
※この記事は、『&Premium』No.2 2013年12月号「&STATIONERY」に掲載されたものです。


作家・マンガ家 小林 エリカ

シャーロック・ホームズ翻訳家の父と練馬区ヴィクトリア町育ちの四姉妹を描いた『最後の挨拶 His Last Bow』(講談社)発売中。2021年夏、はじめての絵本『わたしは しなない おんなのこ』(岩崎書店)が発売。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円