あの人が大切にしている、暮らしの本。

アートディレクター・黒田益朗さんが大切にしている、住まいの本。『柳宗民の雑草ノオト』August 04, 2023

黒田益朗_柳宗民の雑草ノオト_引き抜いた株の花穂は、仔猫のお土産にでも持って帰ることにしよう。 「エノコログサ」より

ふだんの生活シーンでよく見かける植物を知る。

道端で見かけるけれど、よく知らない雑草について解説してくれている本です。植物を育てるのが好きで、飼い猫が喜びそうだと考えて自宅のベランダで庭づくりをするようになりました。地植えの庭とは違ってうちは鉢植えなので、生えてくる雑草の種類も限られています。それにもかかわらず、冷静に見てみると正確な名前はわからない。それでこの本をパラパラします。幼少期に好きだった雑草が載っていて、知らなかった草のこともわかるように。みんなが猫じゃらしと呼んでいるあの草はエノコログサといって、飼い猫が小さい頃は抜いて持ち帰るとよく遊んでいました。そういう生活の中で出合う植物がたくさん載っているのがいいんです。眺めていると楽しく、いつもそばに置いてめくっています。

kuroda-books

『柳宗民の雑草ノオト』 著 柳 宗民 絵 三品隆司 (ちくま学芸文庫)

Masuo Kuroda

黒田益朗 Masuo Kuroda
アートディレクター。〈kuroda design〉主宰。書籍やブランドカタログ、店舗サインなどのデザインを手がける。植物への造詣が深く、自宅のベランダを庭にしたところ、趣味に収まらず庭づくりの仕事も行うように。

illustration : Shapre text : Akane Watanuki edit : Wakako Miyake

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円