Music

March 25, 2022 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/堀込高樹 (KIRINJI) vol.4

March.25 – March.31, 2022

Saturday Morning

600x600bf-60
Title.
Copacabana
Artist.
Barry Manilow
目覚めからアゲていきたい朝もある。朝っていうか、もう昼です。そんな時にはコパカバーナ! 寝坊助も跳ね起きて踊り始めるでしょう。EDMとかはさすがにちょっと無理ですが、このくらいのテンション、音圧だったら気持ちよく寝覚めの体と心をほぐしてくれるのではないでしょうか。
バリー・マニロウのことはよく知りません。ラスベガスでショーをやっていそう。セリーヌ・ディオンの男性版といいましょうか、そう言うイメージ。伸びやかな歌声が心地よい。他の曲を聴いてもらえるとわかりますがメロディメイカーとしても一流です。
アルバム『Even Now』収録。

Sunday Night

600x600bf-60-2
Title.
さよならの向う側
Artist.
山口百恵
泣いて憂さを晴らしてスッキリした気持ちで就寝したい。そんな日曜の夜もあるかと思います。こういう時に陰鬱だったり感傷的すぎる曲は相応しくない。気持ちのいい涙を流したいのではありませんか?
引退公演での山口百恵が金のマイクを置いてステージを去ってゆく姿に自分を重ねながら、何か大層なことをしたわけではないけれど「さようなら、みんな(キッパリ!)」という気分に浸ってみる。そしてモモエちゃんに合わせてこの歌を口ずさんでみると、あら不思議、ジワジワと涙が出てきて気がつけば号泣間違いなし!
アルバム『GOLDEN☆BEST 山口百恵 コンプリート・シングルコレクション』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


KIRINJI 堀込高樹

1996年堀込高樹、泰行の実兄弟で「キリンジ」を結成。1997年のインディーズデビューを経て、翌年メジャー・デビュー。2013年堀込泰行がキリンジを脱退。同年に新メンバー5人を迎えバンド編成「KIRINJI」として再始動。2021年からは堀込高樹のソロ・プロジェクト「KIRINJI」として活動中。自身の作品の他、様々なアーティストへの楽曲提供やドラマ、映画のBGM、テーマソング制作等、幅広い分野で活躍している。音楽への深い造詣に裏打ちされたジャンルにとらわれない曲作り、アップデートし続けるサウンドプロダクション、ユニークな視点から繰り出される詞世界は、音楽ファンのみならず多くのミュージシャンや著名人からも支持を得続けている。最新アルバムは2021年12月発売の『crepuscular』。

kirinji-official.com

Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円