Eyesあの人が見つけたモノ、コト、ヒト

March 22, 2018 服を着ることと歳を重ねること 濱中鮎子

2018.03.22

服を着ることと歳を重ねること

ここ数ヶ月、展示会の準備に慌ただしく追われていた。そんな中、尊敬する女性からコメントをもらった。「歳を重ねての発見があって、心もお洋服を着ているということ。スタイルとしていろいろ着てみたい若い頃と違って、素材も形も、無意識に心に合うものを選んでいる。歳を重ねると、心の厚着はできない。服から透けて見えちゃうから」と。要は、大人になると、気持ちやムードに寄り添う、隅々までフィットする勝負服が必要になるということ。力まず、そんな大人の女性たちを包み込むコスモポリタンなムードをまとったブランドになりたい!ミニマルな大人の思考に導かれながら、次の冬へ思いを進めた。

 
hamanaka-05
〈Uhr(ウーア)〉の秋冬の展示会場の様子。

ファッションディレクター濱中鮎子

濱中鮎子/Uhr ディレクター セレクトショップでのPR、ブランドディレクターなどを経て、2018年春夏より、自身のブランド「Uhr(ウーア)」をスタートさせる。 http://uhr.co.jp