料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。

May 19, 2022 06.毎日使える鋳物鍋。料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。

2022年5月11日発売の特別編集MOOK「&Kitchen/台所の工夫と、道具選び」。台所と道具にまつわるコンテンツをまとめた1冊から、一生付き合える調理道具について、料理家・冷水希三子さんに検証して選んでもらいました。

大は小を兼ねません。 ストウブ staub 鋳物鍋 料理家 冷水希三子 理論 揃えるべき 道具

無理なく取り出せる重さと大きさは?

均一な熱伝導と高い保温性・蓄熱性を持つ鋳物ホウロウ鍋は、食材から出た水分を蒸気に変え、鍋の中で対流させるという特徴があります。余計な水を足さずに作る煮込みやスープは食材本来の旨味が凝縮されていて、とてもおいしい。ご飯を炊いても、オーブン料理に使ってもふっくらと仕上がる優秀な鍋です。ひとつ欠点があるとしたら重さ。欲張って大きなサイズを買うと取り出したり洗ったりするのが億劫になることも。毎日出し入れしても苦にならないサイズ選びが大切です。私の場合、重さの目安は3㎏まで。カレーなら3〜4人分、炊飯は2合まで。そのままオーブンにも入れられる直径18㎝くらいのサイズが理想です。

検証1 大は小を兼ねません。

食材の量に対して鍋の容積が大きすぎると、水蒸気が効率よく対流せず、おいしく仕上がりません。小松菜1束を蒸し煮にする場合は、18〜20㎝くらいの大きさが適当です。
 

小ぶりサイズなら食卓にも。 ストウブ staub 鋳物鍋 料理家 冷水希三子 理論 揃えるべき 道具

検証2 小ぶりサイズなら食卓にも。

20㎝以下のサイズなら食卓にそのまま出してもスペースを取りません。煮込み料理や炊き込みご飯など、熱々を鍋ごと出せるのは保温性の高い鋳物鍋ならではの楽しみです。

 
 

〈ストウブ〉のラウンド鍋

重みのある蓋が蒸気を閉じ込め、素材の味を引き立たせる。内側は耐久性が高く、焦げつきにくい加工。ピコ・ココット ラウンド ブラック 18㎝ ¥26,400(ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン 70120−75−7155)

 
 
 

料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。
RELIABLE KITCHEN TOOLS

料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。
冷水さん愛用の〈貝印〉の計量スプーン。使い勝手のよさと美しい佇まいを兼ね備えた名品。

毎日使っている調理道具。デザインに惹かれて買ったものや、親から譲り受けたもの、さまざまな経緯で手元にあると思います。でも、ふとした瞬間に「ちょっと使いづらいな」と思うことはありませんか。それは気のせいではなく、きちんと理由があるんです。その”理由”にじっくり向き合い、”考えて”みる。料理家の冷水希三子さんと、一生付き合える道具を検証、選んでみました。

 
 
料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。
記事一覧はこちら

photo : Kazumasa Harada styling : Kimiko Hiyamizu edit & text : Yuriko Kobayashi


ひやみず きみこ 冷水 希三子

料理家。季節の食材を使ったやさしい味の料理が評判を呼び、雑誌や広告で活躍中。器選びや盛り付けに至るまで、その料理の美しさでも注目を集める。著書に『ONE PLATE OF SEASONS─四季の皿』(アノニマ・スタジオ)、『スープとパン』 『さっと煮サラダ』(ともにグラフィック社)など。
Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円