01.小回りの利く包丁。料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。 | 料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。 | & Premium (アンド プレミアム)

料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。

May 14, 2022 01.小回りの利く包丁。料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。

2022年5月11日発売の特別編集MOOK「&Kitchen/台所の工夫と、道具選び」。台所と道具にまつわるコンテンツをまとめた1冊から、一生付き合える調理道具について、料理家・冷水希三子さんに検証して選んでもらいました。

細かい作業ができる。〈グローバル イスト〉の小型包丁 料理家 冷水希三子 理論 揃えるべき 道具

包丁と”意思疎通”できていますか?

包丁選びの基準は「切れ味」と思いがちですが、いくらよく切れても、サイズが大きすぎると手にフィットせず、自分がしたい動作を正確に包丁に伝えることができません。大切なのは握ったときに手に馴染み、思った通りに動かせることです。三徳包丁はどんな食材でも切りやすく、デイリーな調理に困らない万能包丁といわれますが、それはあくまでも一般論。実際、手が小さめの私にとって三徳包丁は少し大きくて、食材を切るにも、洗浄するにも持て余してしまいます。私にとってちょうどいいのは、三徳包丁とペティナイフの中間くらい、刃渡りが15㎝ほどのもの。小ぶりでも、プロ用のモデルを選べば切れ味抜群です。

検証1 細かい作業ができる。

トマトのへた取りや野菜の皮むきなど、細かい作業をするときは手の動きが的確に伝わり、キビキビ動かせることが大切。適度な刃渡りだと怖さもありません。
 

毎日清潔さを保てる。 〈グローバル イスト〉の小型包丁 料理家 冷水希三子 理論 揃えるべき 道具

検証2 毎日清潔さを保てる。

刃とハンドルが異なる素材で接続されている場合は、その部分に雑菌が繁殖しがち。オールステンレスで継ぎ目がないものなら洗いやすく、衛生面でも安心。

自分でメンテナンスできる。〈グローバル イスト〉の小型包丁 料理家 冷水希三子 理論 揃えるべき 道具

検証3 自分でメンテナンスできる。

どんな包丁でも使っているうちに切れ味は悪くなります。専用のシャープナーがあったり、研ぎ直しのサービスがあるものを選べば、長く愛用できるはずです。
 

 
 

〈グローバル イスト〉の小型包丁

日本の食文化に合わせて作られた国内限定モデル。スリムな刀身とクセがない柄の組み合わせで、女性の手に馴染みやすい。専用シャープナーもあり。IST−02 小型15㎝ ¥8,800(吉田金属工業 ☎03−6277−8230)

 
 
 

料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。
RELIABLE KITCHEN TOOLS

料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。
冷水さん愛用の〈貝印〉の計量スプーン。使い勝手のよさと美しい佇まいを兼ね備えた名品。

毎日使っている調理道具。デザインに惹かれて買ったものや、親から譲り受けたもの、さまざまな経緯で手元にあると思います。でも、ふとした瞬間に「ちょっと使いづらいな」と思うことはありませんか。それは気のせいではなく、きちんと理由があるんです。その”理由”にじっくり向き合い、”考えて”みる。料理家の冷水希三子さんと、一生付き合える道具を検証、選んでみました。

 
 
料理家・冷水希三子が検証。理論で選ぶ、揃えるべき道具たち。
記事一覧はこちら

photo : Kazumasa Harada styling : Kimiko Hiyamizu edit & text : Yuriko Kobayashi


ひやみず きみこ 冷水 希三子

料理家。季節の食材を使ったやさしい味の料理が評判を呼び、雑誌や広告で活躍中。器選びや盛り付けに至るまで、その料理の美しさでも注目を集める。著書に『ONE PLATE OF SEASONS─四季の皿』(アノニマ・スタジオ)、『スープとパン』 『さっと煮サラダ』(ともにグラフィック社)など。
Latest Issue家で使う、飾る、美しいもの。2022.05.20 — 880円