小林エリカの文房具トラベラー

小林エリカの文房具トラベラー vol.16「封筒」&STATIONERY / November 23, 2021

小林エリカ 文房具トラベラー
小林エリカ 文房具 トラベラー イラスト 封筒

 封筒を開けるという行為は、プレゼントのリボンをほどくのとおなじくらい、そう、恋人の洋服を脱がすときみたいに、ドキドキしてしかるべき瞬間だと思う。中に入っているのはどんな手紙かしら、ラブレターかしら。いや、たとえそれが請求書であろうとも、私ががっかりしないのは、封筒そのものが好きだから。切手やそこに押されたスタンプが可愛いだけで、もうそれがそのままメッセージ(と勝手に解釈)。
 特に私が好きなのは二重封筒の内側。そこにある色や印刷されている文様。ごく普通の白い封筒の中に隠され潜む三角地帯、ブルーやパープルのチェックやストライプ。時たまそこがゴールドだったり赤だったり。ルブタンの靴底が赤くて可愛い、学ランの裏側は龍刺繍、みたいな感覚だろうか。
 確実に同様の萌えポイントを持つ人は世界にも存在するようで、イギリスの詩人でアーティストのサイモン・カッツが主宰するプレスCoracleの本に、封筒の中の紙の文様ばかりを集めた『Airmail Envelope Interiors(2002)』という本があるのですが、それには悶えましたね。

小林エリカ 文房具 トラベラー イラスト 封筒
左/crane.社の紙と封筒に外れなし(鉄板)。右上/ドイツ・ヴュルツブルクのスーパーマーケットで売られていた封筒。印刷が擦れているカジュアルさがまたいいね。右下/チェコのカリスマ文房具店〈papelote〉で手に入れた封筒。実は広げると一枚の写真ポスターに。
左/crane.社の紙と封筒に外れなし(鉄板)。右上/ドイツ・ヴュルツブルクのスーパーマーケットで売られていた封筒。印刷が擦れているカジュアルさがまたいいね。右下/チェコのカリスマ文房具店〈papelote〉で手に入れた封筒。実は広げると一枚の写真ポスターに。

edit : Kisae Nomura
※この記事は、No.17 2015年 5月号「&STATIONERY」に掲載されたものです。


作家・マンガ家 小林 エリカ

シャーロック・ホームズ翻訳家の父と練馬区ヴィクトリア町育ちの四姉妹を描いた『最後の挨拶 His Last Bow』(講談社)発売中。2021年夏、はじめての絵本『わたしは しなない おんなのこ』(岩崎書店)が発売。

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円