あの人が大切にしている、暮らしの本。

〈toolbox〉ディレクター、石田勇介さんが大切にしている、住まいの本。『夢見つつ深く植えよ』August 16, 2023

石田勇介_夢見つつ深く植えよ_そして家は私がひとりきりのときだけ、要求もし、支えにもなるという特別のやり方で、たしかに私といっしょにいてくれる。「孤独こそわが領土」より

窓の外の情景や心の動きも家づくりに関わる。

一人暮らしの家と庭についてのエッセイ集で、自分が持っているものや受け継いだものは家に影響を及ぼすということも書かれています。大好きな本だから、手元に置いてときどき開いたところを読む、という感じで目に留まったのが、家との関係性が象徴されている言葉。僕がやっている空間デザインというのは、素材や形という表面的なものを作っていく作業ですが、そうではない家との向き合い方が読み取れました。映像ディレクターをしていたこともあり、自分の目から見える画角で家や空間をデザインしていますが、この本でも著者の視線、家と窓から見える情景まで含めた空間、そのときの心の動きも表現されている。それにはとても共感できますし、家づくりとはこういうことなんだと思いました。

Ishida-books

『夢見つつ深く植えよ』 著 メイ・サートン 訳 武田尚子 (みすず書房)

Yusuke Ishida

石田勇介 Yusuke Ishida
〈toolbox〉ディレクター。インテリアやプロダクトデザインに惹かれ、自宅のリノベーションをきっかけに映像ディレクターから現職に。個人の活動として石造りの古い蔵を改装した『mantelpiece』をオープン予定。

illustration : Shapre text : Akane Watanuki edit : Wakako Miyake

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 124やっぱり、ひとりでも京都。2024.02.20 — 930円