Music 心地よい音楽を。

シンガーソングライター・堀込泰行さんが選ぶ土曜の朝と日曜の夜の音楽。vol.4November 24, 2023

November.24 – November.30, 2023

Saturday Morning

Title.
Ridin’ In My Car
Artist.
NRBQ
この曲を聴くたびに「誰かを乗せてドライヴに出る」夢を見る。僕は免許を持っていないので誰かの車に「乗る」ことはあっても、「乗せる」ことは出来ないのだ。この曲を通して歌われているのは「好きな子を車の助手席に乗せてデートに出かけたい」という、典型的なアメリカ人男子の心情。歌の中では結局それは叶っていないのだが、所謂「やるせなさ」を嘆いている感じはしない。というよりも何か「共有できるやるせなさ」を歌っている、そんな気がする。なのでこの曲には普遍的なノスタルジーがあって、それゆえに僕は聴くたびに「誰かを乗せてドライヴに出る」夢を見てしまうんだろうと思う。
アルバム『All Hopped Up』収録。

Sunday Night

Title.
Deirdre
Artist.
The Beach Boys
この曲も聴くたびに心が温まる。どうも僕は日曜日の夜には「憂鬱な月曜日」を迎え撃つために、癒しの音楽で心の休息を欲するようだ。ブルース・ジョンストンとブライアン・ウィルソンの共作によるこの『Deirdre』はメロディも歌詞の世界も優しさで満ちている。ざっくり言うと「出て行ってしまった彼女が戻ってきて、また一緒に暮らせて嬉しい」ということを歌っているのだけど、彼女が出て行ってしまった具体的な理由には言及せず、故に「その辺は聴いた人の想像にまかせる」といった感じの大らかさが感じられる。なので、聴いている方も自分が感じたままのハッピーエンドを想像できるのだ。ただ、そういった歌詞の話うんぬんを抜きにして「純粋に美しい音楽」と言う意味で、この曲は、いつだって聴くものの心を癒してくれる。
アルバム『Sunflower』収録。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ

音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付き。

もっと読む


シンガソングライター 堀込泰行

1997年、兄弟バンド「キリンジ」のVo/Gtとしてデビュー。2013年4月12日 同バンドを脱退し、以後ソロアーティストとして活動を開始。14年11月19日 シングル「ブランニュー・ソング」でソロデビュー。現在までにコラボレーションEP『GOOD VIBRATIONS』を2作、フルアルバムを3作、2023年8月16日には、最新EP『星屑たち』をリリース。代表曲はソロ作「Sunday in the park+STUTS」「WHAT A BEAUTIFUL NIGHT」やキリンジ時代の「エイリアンズ」「スウィートソウル」、馬の骨の「燃え殻」など。希代のメロディメーカーとして業界内外からの信頼も厚く ポップなロックンロールから深みのあるバラードまで、 その甘い歌声は聴くものを魅了し続けている。

yasuyukihorigome.com

Pick Up おすすめの記事

Latest Issue 最新号

Latest Issuepremium No. 128日本の美しい町を旅する。2024.06.20 — 930円