& Premium (アンド プレミアム)

Music土曜の朝と日曜の夜の音楽。

シンガーソングライター 一十三十一


August 25, 2017 今月の選曲家 一十三十一

August.25 – September.01, 2017

Saturday Morning

R-7146213-1435128200-3219.jpeg
Title.
Lisa Sawyer
Artist.
Leon Bridges
“Coming Home”アルバムのっけからまったく愛に溢れている。レトロなR&Bでほっこり包まれモーニング間違いなしだし、これがニューカマーによる最新アルバムってのにも驚きだし、6曲目のこのスイートなスローバラードが自分の母親についての歌ってのにもグっとキちゃう。60年代にすっかりタイムスリップしちゃうので、ちょっとした寝坊なんてもう世界中が許してくれるんじゃないかって気分にうっかりさせてくれちゃうので要注意。! 甘いけど決して甘ったるくない、その声は爽やかに軽やかに問いかける様に歌う。シンプルでさりげない愛に救われる土曜の朝。
アルバム『Coming Home』 収録。

Sunday Night

fed8a66d4ddc0dc912d7a29448897cca.953x953x1
Title.
Le Soleil Est Pres De Moi
Artist.
Air
フランス人による憂鬱な美しさの表現って、強烈に人の心の深いところまでぐさりと刺さって、じんわり響いて、傷を癒して、大いなる活力をくれるような、自己啓発みたいなとこあるなと思う。一見一聴して暗かったり地味だったりするけど、実は深層心理にしっかり届いてるみたいな。忘れられないみたいな。Airのこのメランコリックな透明感と一緒に、日曜日の夜の果ての果てまでどこまでも落ちていく感じが気持ちいい。静かに囁くような歌声も幻みたいで悩ましい。でもこれちなみに、太陽を歌っているのだけれど。
アルバム『Premiers Symptomes』収録。

August 18, 2017 今月の選曲家 一十三十一

August.18 – August.24, 2017

Saturday Morning

Title.
Our First Time
Artist.
Bruno Mars
ロマンチックだった金曜の夜を回想系モーニングね。ああ、時はこうして何てことない土曜日の朝だってのに、頭の中はまだ金曜の夜のまま、ぐるぐるごにゃごにゃしてたいみたいな。これどうしてくれるんだみたいな。「Our First Time」ってもうタイトルからして桃色吐息だけど、もちろん裏切らないのが、イエス! ブルーノマーズ。さらにこちらとろけるラヴァーズとゆう、もぬけの殻には持って来いのメロウネス。火照ったカラダを甘い声が撫でてゆく程にロマンチックで困る。エンドレスリピートして、思う存分困り果てたいってゆう土曜の朝には最適。
アルバム『Doo-Wops & Hooligans』収録。

Sunday Night

Title.
Whispering / Cherchez la Femme / Se Si Bon
Artist.
Dr. Buzzard’s Original Savannah Band
惜しみなく溢れ出るエモーションに身を委ねてざぶんざぶんしちゃう官能的なひととき。Dr. Buzzard’s Original Savannah Bandとゆうこの奇跡を、1週間のクライマックスに聴けたら贅沢でなんだかぴったりかも。行かないでこのままもう少しだけ夢を見させて! みたいな、たまらないくらいの高まりがもはや切なくてこれまた泣ける。でもあれちょっと待って、日曜日ってそもそもそんなにまで行かないでなのか私? とゆうのはさておき、3年生の我が息子の日曜日の夜って、きっとこのコリーデイの歌声の様に甘美なんだと思う。どの曲も熱に浮かされっぷりがすごいけど、今日はなんとなく「Se Si Bon」!
アルバム『Whispering / Cherchez la Femme / Se Si Bon』収録。

August 11, 2017 今月の選曲家 一十三十一

August.11 – August.17, 2017

Saturday Morning

pecf1079
Title.
Lost Seasons
Artist.
Dorian
「無人島に持って行けるなら何?」とかって質問に私きっと入れるであろうDorianの『midori』。いつ聴いたって最高に美しいのだが、いつだったか、とあるフェスの楽屋にて、確か割と早い時間に慌ただしくメイクしてる中、近くのステージからDorianのLiveが聴こえてきて、その瞬間から殺伐とした楽屋がフワッと至上の楽園と化し、途端に素敵な気分でメイクさせていただいた贅沢な思い出あり。! 目まぐるしく過ぎ行く時の流れを一瞬で解き放つ魔法の様な音楽。アルバム冒頭の「Lost Seasons」をかける土曜の朝。白湯を作りながらゆっくりヨガして新鮮なフルーツを齧る。なんなら朝からお灸もしちゃう。完・璧。
アルバム『Midori』収録。

Sunday Night

514rJRDPRbL
Title.
Our day will come
Artist.
Ruby &The Romantics
多くのカバーが存在する超名曲だけど、1963年のRuby &The Romanticsによるオリジナルの多幸感たらない。「私たちの時代が来るわ」ってタイトルからしてもう明日の希望に満ち溢れんばかりで、まさに日曜の夜には打って付け。シンプルでロマンチックなメロディーに、子供の頃の家族との古き良き思い出なんかも乗せて、凄まじい説得力で心の扉を開ける。深い浄化を経て、やってくる新しい月曜日を迎える準備が自然に整う、ってゆうか要するに泣ける。泣けるのだ。全部許せるし、全部譲りたくなる。全部手放して、もう怖いものは何もないの状態へ……。束の間だけど。!
アルバム『Our Day Will Come』収録。

August 04, 2017 今月の選曲家 一十三十一

August.04 – August.10, 2017

Saturday Morning

MI0001852215
Title.
Come Softly To Me
Artist.
The Fleetwoods
「パンケーキはメープルかベーコン&エッグか、ドーナツならシナモンかな。あとは、アップルパイでもチョコパイでも甘くないハム&コーンのパイ? またはワッフル? 或いはオムレツはプレーンでもチーズでも。さーお好きなものを! あれ。待って。たまごが。ごめん、たまごがないや!」とゆうオチも無きにしも非ずだけど、息子の小学校が休日である土曜の朝ほど、ゆったりと時が流れることはない。1959年フリートウッズのデビュー作、邦題「やさしくしてね」の文字通り、終始ほっこりムード漂うああ古き良きアメリカ。このマントラのような魔術的なスキャット。もうこの上なく平和にクッキングできちゃう。
アルバム『The Very Best Of The Fleetwoods』収録。

Sunday Night

dkmntl027-fatimayamaha
Title.
What’s A Girl to Do
Artist.
Fatima Yamaha
混んでいない名もなきビーチとか、たまたま遭遇した神社とか。温泉や湖などの波動系で終日チャージして、行き当たりばったりのどんなにワイルドな日曜日を過ごしたとしても、待っているのは帰りの凄まじい渋滞…? それは嫌…!そんな私たちは渋滞回避の為、知らない謎エリアを車で探検したりする。ひんやりとしたテクノが車窓に流れる夜を何もかも意味深に、謎めいて艶めいて見せる。淡々と進行するシンプルなエレクトロに乗って、途中『Lost In Translation』からのサンプリングしたセリフも、ヒリヒリと美しい。静かな日曜の夜にとけるアンニュイがちょうどよく何か取り戻す感じ。
アルバム『What’s A Girl to Do』収録。

シンガーソングライター 一十三十一

2002年デビュー。“媚薬系”とも評されるエアリーでコケティッシュなヴォーカルでアーバンなポップスを展開。 2012年リリースのアルバム『CITY DIVE』が時代の潮流をリードし話題に。またリードヴォーカルをつとめるネオ・ドゥーワップバンド『JINATANA & EMERALDS』の1stアルバムも音楽誌の2014年度アルバムランク1位に選ばれるなど高評価を得る。その他CM音楽やナレーション、小沢健二氏のコーラスなど様々なフィールドで活躍中。 今夏、ニューアルバム『ECSTACY』をリリース。
http://www.hitomitoi.com