Music

May 27, 2022 土曜の朝と日曜の夜の音楽。 今月の選曲家/阿部海太郎 vol.4

May.27 – June.02, 2022

Saturday Morning

R-4222389-1359036016-2182
Title.
Messe Basse : Kyrie
Artist.
Gabriel Fauré/Michel Corboz
ある日、製本家のアトリエを訪ねると、古いルネサンス時代の合唱曲が流れていました。道具への尊敬が感じられる空間と、またご家族が宗教者ということもあって、そのアトリエは今まで見たことのない美しさがありました。ところで、アメリカに住む知人のサウンドデザイナーは、毎朝、バロック音楽をレコードで聴いています。また、ある宇宙研究者の朝はハードロックとのことでした。僕はいったいどんな朝の習慣があるだろうと、この1カ月の選曲がとても楽しかったです。最後の朝は、フォーレの小ミサ曲よりキリエを選びました。フォーレはレクイエムが大変有名ですが、この小ミサ曲にフォーレのエッセンスを感じます。休符の中に想像上の空間が広がっているようで、水面に映る向こう側の景色へ入り込む気がします。
アルバム『Requiem / Elégie / Messe Basse』収録。

Sunday Night

600x600bf-60
Title.
Drunk Trumpet
Artist.
Kid Koala
最近、大掛かりな作曲の締切り目前のため生活がめちゃくちゃなのですが、まさに今の頭の中がこれ! という大好きな曲です。けれど考えてみると、忙しい今に限らず、日曜日の夜はこの状態が多いなあと我に返りました。家族や友人と美味しいご飯を食べたり、お酒を飲んだり、部屋で映画を見たり、ごく当たり前の楽しい時間をまた過ごせる日々を夢見ながら仕事に励んでいます。こんなふうに夢中になっているその作曲の仕事は今秋公開される長編アニメーション映画『雨を告げる漂流団地』の音楽です。映画そのものはもちろん、素晴らしい指揮者とミュージシャンによる音楽も楽しんでいただけたら幸いです。
アルバム『Carpal Tunnel Syndrome』収録。




『&Premium』特別編集
『&Music/土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ 』 好評発売中。

&Music / 土曜の朝と日曜の夜の音楽 Ⅱ
音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場し、土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする人気連載をまとめた「&Music」シリーズの第2弾。 小西康陽、青葉市子、七尾旅人、長田佳子、テイ・トウワ、中嶋朋子……、 23人の選曲家が選んだ、週末を心地よく過ごすための音楽、全200曲。 本書のためだけにまとめた、収録作品のディスクガイド付きです。 詳しくはこちら


作曲家 阿部海太郎

クラシック音楽など伝統的な器楽の様式に着目しながら楽器の今日的な表現を追求し、楽曲のみならず、コンサートの企画やアルバム制作など、すぐれた美的感覚と知性から生まれる音楽表現に多方面より評価が集まる。舞台、テレビ番組、映画、様々なクリエイターとの作品制作など幅広い分野で作曲活動を行う。音楽を手掛けた作品に、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出『100万回生きたねこ』、『百鬼オペラ 羅生門』、森山開次演出・振付『星の王子さま ーサン=テグジュペリからの手紙ー』、NHK『日曜美術館』テーマ曲、ドラマ『京都人の密かな愉しみ』など。最新アルバムは『Le plus beau livre du monde 世界で一番美しい本』。 Photo : Takashi Homma

umitaroabe.com

Latest Issue心を揺さぶる、アートの力。2022.06.20 — 880円